かんたんキャッシュフロー計算書作成web版を公開いたしました


10年前の12月、私は29歳でしたが、

「かんたんキャッシュフロー計算書作成 エクセル版」

を販売開始しました。

当時はまだキャッシュフロー計算書が中小企業まで浸透していなかったように記憶しています。

また、キャッシュフロー計算書を自動で作るというファイル(アプリ)もネットではほとんど

見当たらない時期でした。


やはり売れました。

人生初のヒット商品でした。 

私はこの小さな成功体験の横展開をずっと繰り返しているような気がします。


あれから10年経って、ソフトウェアのクラウド化が進みwebアプリもかんたんに作れるように

になって、遅ればせながら私もweb上で動くマクロを作れるようになってきました。




「知価をスケールさせる」


これをテーマにして、webアプリを順次アップしていこうと考えています。

次は、かんたん事業計画書作成、ベトナム版かんたんキャッシュフロー、これら従来のファイルを

web化していき、そして、目指すは小企業向けM&A診断webアプリの制作です。

5年後に吹上経理が目指すサービス、これに寄り添うアプリを作っていこうと思います。

そして、併走してチャレンジするのは英語圏・東南アジア商圏へのアプローチ。

これはアプリ制作における重要なテーマとなっています。



仕事とは、先手先手と働き掛けて行くことで、受け身でやるものではない。
  
  
  

[PR]
# by hukiagekeiri | 2017-08-13 16:33 | 仕事 | Comments(0)

自社の強みを分析するwebアプリを作りました

自社の強みがパっとひらめく人は多いと思います。

その強みをいかに市場に訴えかけていくのか。

この命題も、みなさんは答えが手元にあることがほとんどでしょう。


ただ、自社の強みがどのような経緯で強みになったのか、

自社を取り巻く環境で、なにが強みを強みたらしめたのか。

そういったところに視点をあわせてヒントをくれるアプリは多くはないように思います。




SWOT分析は誰でもできます。

その次に何をすべきか、それはネット上の情報にはあまり見当たりません。

SWOT分析の次のステップに進むときの伴走者としてこのwebアプリをどうぞお試し下さい。
 
  
  

[PR]
# by hukiagekeiri | 2017-08-10 23:19 | 仕事 | Comments(0)

東京出張の往復新幹線でアプリ作成

先週末は東京出張でした。

都内で時間をいかに有効に使うか、稼働時間の密度を高めるか、東京でしかできない仕事をいかに多くこなすか、

ということは大事にしてきていて、ある程度できているように思います。

あとは新幹線の往復の車中の時間をどうするか。

これがなかなか中途半端な時間でスッキリしなかったのですが、

良い方策が見つかりました。


かねてからずっと懸案となっていた、「webアプリの制作が進まない件」ですが、

これを解決すべく、新幹線の車中でアプリをポチポチ作ってみました。

結果、往復の時間内でwebアプリをアップロードするまでに至り、これは良いなと感じた次第です。


その新しいwebアプリは近々このブログでも紹介しますが、引き続き「知価をスケールさせるアプリ」を作って

次の収益源と広告の導線を少しずつ広げていこうと思います。


次は、かねてからこのブログで書いている、M&Aとキャッシュフロー計算のwebアプリを作っていこうと考えています。


仕事とは、先手先手と働き掛けて行くことで、受け身でやるものではない。
  

e0066235_00514126.jpg

  
  

[PR]
# by hukiagekeiri | 2017-08-07 00:57 | 仕事 | Comments(0)

2017年7月を総括

7月が終わります。

今月は「ジレンマの7月」

今月は私用でずいぶんな時間を取られてしまって、

また粗利を産まない雑務がかさばってしまったこともあり、

納得のいかない稼動実績となりました。



ただ、自身の時間管理について「24時間ログ取り」を始めて、

限られた時間の中から付加価値のある時間を捻出することができました。

特に、自身へのインプットの時間を1ヶ月で新たに10時間近く作り出せたこと

は大きいです。


8月も細切れの時間を粗利にすべく、行動を変えていこうと思います。

また、睡眠時間を稼ぐ取り組みを続けます。

また、マインドフルネス、座禅(のようなもの)を7月から日常生活に組み込み始めました。

この効果が8月中には可視化できるのではないかと思います。
  
  
  


[PR]
# by hukiagekeiri | 2017-07-31 22:30 | 仕事 | Comments(0)

24時間ログ取りから1ヶ月を経て 感じたことをつらつら

1ヶ月前に、時間管理についての取り組みを改めました。

→ 稼働時間のみならず、非稼働時間含めた24時間すべてのログを取る 2017.06.25

自身が15年近く行なってきた業務履歴の記録を、

プライベートにまで広げてすべてログをとって集計する、という取り組みです。


スキ間の細かな時間の無駄を減らす、という改善を早速開始しています。

集計してみると、睡眠時間に匹敵するほどのメスを入れるべきボリュームゾーンでした。

ログ取り開始から1週間が経過したところで、

すでにこれが大きな問題であることが分かりました。


この細切れの時間に、今年の1月に記事にも書いた、本にざっと目を通す

ということを入れ込んでみたところ、1ヶ月の合計で、週末1日の起床時間分に相当する時間を

「本に目を通す」時間として捻出することができました。


これに加えて、今はマインドフルネスを日常生活に取り入れようとしている最中です。

細切れの時間の残りを、脳の休息と生産性向上に充てようと思います。


今回のログ取りのおかげで、自分の脳機能(意識の向かう先)の傾向が自覚できました。

良い部分も悪い部分もあるんだな、と分かりました。脳のクセはたぶん直せないので、

まずは手っ取り早く、24時間のうちの無意識の時間をもっと有効に活用していこうと思います。

そして、睡眠や脳の休息の時間を増やす。

睡眠や休息は削るのではなく、稼ぐ。そういう生活スタイルに変えていこうと思います。



頭は常に全回転、八方に気を配って、一分の隙もあってはならぬ、サービスとはその様なものだ。
  
  
  

[PR]
# by hukiagekeiri | 2017-07-26 03:43 | 仕事 | Comments(0)

24時間ログ取りから3週間が経ちました

自身のログを24時間取る。

ということを3週間前に開始しました。

稼動している時間のみならず、

非稼動の時間、睡眠や食事の時間に至るまで1日1440分すべてを記録する、

そういう取り組みを始めたわけです。


3週間で、かなりの量のログが取れました。

自分がどのような時間の使い方をしているか、

すなわち意識をどこに向けているかの傾向が分かってきました。

私の仕事柄、細切れの非稼働時間が多いので、

その細切れになった数分のスキ間を有効に使うことを試しています。

空いた数分に、稼働時間やインプット時間、あるいは仮眠を注ぎ込んでいくことにしました。


自身の時間を、寝るか仕事するか、そのどちらにする。あるいは仕事のためのインプットの時間にする。


そのためには、睡眠(休息)を細切れで入れ込めばいい。

加えて、今年の1月総括ブログに書いた、本を無意識に目を通すということ、

これを隙間時間に入れ込むようにしています。


お会いした人への巻紙の習慣と、24時間ログ取り、

この2つはきっと私の仕事人生のルーティンになると思います。
 
 
計画を持て。長期の計画を持っていれば、 忍耐と工夫と正しい努力と希望が生まれる。 
 
 

[PR]
# by hukiagekeiri | 2017-07-16 14:33 | 仕事 | Comments(0)

東京出張でした 出張中の稼働時間をいかに伸ばすか

e0066235_00001407.jpg

先週末は東京出張でした。

常々、出張中にいかに稼働時間を増やすか、ということを大事にしています。

例えば新幹線の車中で、景色を見てボーっとしている時間がもったいない。


移動している時間にちゃんと座れること。

ここに注力すると、仕事の時間を増やしたり、

目を瞑って休息や仮眠の時間を確保できることになる。


さて、今は東京に気持ちが集中してしまっていますが、

日本国内の100万人都市へそれぞれアプローチする青写真は変わりません。

1歩1歩確実に前進していきたいと考えています。 
 
 
 

[PR]
# by hukiagekeiri | 2017-07-10 00:03 | 仕事 | Comments(0)

2017年6月を総括

6月が終わりました。

今月は「生産性の限界を知る6月」でした。


東京でも、大阪でも、名古屋でも、新規開拓支援における成果が確かにあげられた1ヶ月でした。

その中で、

私用での関西への所用があったため、私自身の生産性はいっぱいイッパイとなり

限界が見えた気がします。


5月も稼動が目一杯でしたが、6月は更に生産性が厳しかった。

東京での取引口座がもう1件増えたときには、増員をせざるを得ないように思います。


うちの新規開拓支援はターゲットリストの質が高く、

競争力の源泉であるこの部分の妥協をしないがゆえに

ターゲットリストの抽出業務が生産性のボトルネックとなっています。


5月に引き続き、6月も自社の新規開拓へと時間と十分なリソースを割けない状況になってしまった。

ただ、既存顧客へ投入しているリソースや時間は減らしたくないので、

もう少し引っ張ってしのごうと思います。


限られたリソースをいかに活かすかに腐心した6月でした。

テレマーケティングにおけるデータベース管理を更に改善をしたため、更に効率化ができたし

高度なオペレーションが可能になりました。

1名につきモニタを3画面活用してオペレーションに携わっている状況ですが、

7月は更に高度なものに昇華していこうと思います。


個人的には、24時間ログを記録する習慣を始めて1週間ほど経ちます。

新規開拓における巻紙の習慣と合わせて、私のライフワークとなると思います。

7月にどのように私自身のアウトプットが改善するか、今から楽しみです。
  
  
  

[PR]
# by hukiagekeiri | 2017-06-30 23:59 | 仕事 | Comments(0)

24時間ログ取りを始めて感じたこと

先日のエントリで書いたように、自身の24時間すべてのログを取る習慣を始めました。

睡眠時間や稼動していない時間も含めた、24時間すべての履歴を取るというものです。


これを始めた感想を書こうと思います。


ログ取りを開始してから48時間経ちますが、現時点で既に

自身の時間の使い方における膿がバンバン出てきました。

改善すべき点ばかりです。



ログ取りの感想を以下に少しご紹介しようと思います。


仕事中もプライベートにおいても、それぞれの行動を終えたときに、

「次の行動を起こさなくてはいけない」という強迫観念が起きています。

また、「履歴を取らなくてはいけない」といことが少々負担に感じます。

この2点はあまり精神衛生上よろしくないのですが、

私は稼働時間中においては12年半これを続けているため

これまでの取り組みをプライベートに広げるだけでよいので、

負担があるといっても、継続できる範囲のプレッシャーです。



意外なこともログから見えてきました。

私の人格の特性として、周りの方からは

「周囲を(比較的)よく見ている」「(比較的)気遣いがある」

との評をいただくことが多いのですが、

そのために使っている時間や思索があるがゆえに、

自身の目配りや気配りが周囲に評価して頂けるところにつながっている。

ということが分かりました。

私自身のパーソナリティには、生活習慣の内にちゃんと根拠とその源泉があるようです。



今週のうちに自身の生活スタイルを変更していこうと思います。


計画を持て、長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。
 
 

[PR]
# by hukiagekeiri | 2017-06-27 21:23 | 仕事 | Comments(0)

稼働時間のみならず、非稼働時間含めた24時間すべてのログを取る

私は24歳くらいのころから、自身の業務履歴をすべてエクセルに記録しています。

創業してからは分刻みに稼働時間の履歴を取っていて、

12年半分データを取り続けたことになります。


20代の頃は稼働時間を伸ばすことばかりに執着していましたが、

30代になった頃からこの考えを改めて、時間当たりの粗利に意識が向くようになりました。


40歳を目前に控えて、ここのところ、8ヶ月ほどは睡眠時間の記録をとっています。

自身が体力・メンタルともに翌日のパフォーマンスを落とさない睡眠時間が分かってきました。


ただ、この15年で圧倒的なアウトプット能力の変化は起こせなかった。


なぜだろう?


この週末にいろいろと思案をしたところ、

「非稼働時間にメスを入れる」ということが重要だと考えるようになりました。

いいパフォーマンスを維持するためには、稼働時間を伸ばすだけでなく、

睡眠時間だけを摂ればいいわけではなく、

稼動していない「非稼働時間」をどう過ごしているかが仕事の成否を分けているように思えてきました。


自身の24時間について、睡眠時間や日常生活も含めてすべてログ化し、

これまで改善してこなかったところにメスを入れていこうと思います。


計画を持て、長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。
  
  


[PR]
# by hukiagekeiri | 2017-06-25 21:29 | 仕事 | Comments(0)

吹上経理支援を創業した人のブログです


by hukiagekeiri
プロフィールを見る
画像一覧