洗替仕訳をラクにする 「洗い替えラクスル」 が完成 

決算の期首や期末、

また月次の洗い替え仕訳を楽にする


「洗い替えラクスル」 →案内ページはこちら

が ロジック部分について完成。


国内向け、その中でも会計事務所向けの製品です。

名古屋市内で集中的に告知するのと、ネット上で販売する考えです。

たぶん売れる。


あとはパッケージを詰めていく。

アライグマのイラストを用意しなくては。



以下、税理士先生向けに詳しいご説明を事前に。

前期の 決算修正仕訳の〆後計上 を 当期末の決算ですべて洗い替えする。

または 当期の期首ですべて洗い替えする。


ということがあるかと思います。


また、毎月の月次決算について

月中の取引は現金主義で、月末の売掛残・未払残のみ洗替処理する。


ということがあるかと思います。


これについては、仕訳のひな型を用意したり、前回の仕訳を元に入力する

という手法が効率的な処理かと思います。


で、私はもっと簡単な方法を考えてみました。

洗い替え仕訳の対象の仕訳につき、貸借逆の仕訳を生成するマクロを組みました。

これにつき、金額も課税区分も摘要欄もスッポリ洗い替えができます。

更には自由に摘要欄に追加の文字も入れることができます。 

「洗替仕訳」 と全仕訳に追記することができます。


ご自分でCSVをエクセルでやりくりするのもいいのですが、ボタン一つでサクッとできるとしたら

どんなに気持ちいいことでしょう。

明らかに金額や科目、課税区分のミスは減りますし、

補助コードや摘要欄にイライラすることも減ります。

(時間については、仕訳数や慣れや勘所の都合から それほど削減効果はない と保守的に見ています)


ということで、リリースし次第ご案内させていただきます。

現在は弥生会計版です。
[PR]
by hukiagekeiri | 2010-09-29 10:37 | 仕事 | Comments(0)

吹上経理支援を創業した人のブログです


by hukiagekeiri
プロフィールを見る
画像一覧