やり抜く覚悟

ここ数ヶ月、ジレンマを感じていたことがあります。


チームビルディングとボトムアップを大事にするあまり、

自分がメンバーに若干迎合してしまい、競争力を貶めてしまっているように感じていました。


事業主である私が 「最後は1人でもやり抜く」 という気概まで失ってしまってはいけない。



これはすごく重要で、

今の日本では労働の価値が作業では得られず、

・PDCAサイクル

・チームビルディング

・周囲の情緒を満たす

この3点ができないと生き残れなくなっていると思います。


「次世代の労働集約サービス」 

これを実現しないと明日はない。


事業のデザインを妥協してまで商売を続ける意味はありませんから、

チームを作り上げられるメンバーのみで編成し、確かな価値を生み出す覚悟を諦めてはいけません。



意識の低い人、バリューを出せない人、

そういう人は営利組織に居てはいけないのかもしれません。

賛否はともかく、少なくとも日本社会の実態はそうなんでしょう。



最後に仕事の成果を決めるのは 「執念」 。

それを忘れていた。

ギラギラいこうと思います。
[PR]
by hukiagekeiri | 2013-12-18 02:04 | 仕事 | Comments(0)

吹上経理支援を創業した人のブログです


by hukiagekeiri
プロフィールを見る
画像一覧