ピリッとする

ピリッとしないといけない。



新規開拓において苦戦している案件につき、

私が直接介入してどっぷりと埋没したところやっぱり成果が上がってきた。



‥う~ん。 嬉しいような悲しいような。

私が直接やったほうが成果が上がる。

ともすると私が求める業務水準が、そういう難しいレベルまでに昇華できているのかもしれませんが、

いやいやこの程度の業務水準ではまだまだ勝ち抜けません。

新規開拓のオペレーションを社内ビッグデータにまで昇華する必要がある。




戦えるメンバーに限定して編成する。

そういう前提がないとやっぱりチームはおかしくなってしまう。



成熟した日本の労働市場において 「働く」 ということは、

PDCAを回す、周囲の情緒を満たす、チームを作り上げる、

そういったことが要求されているように思います。



上記のことができずに作業をするだけであれば、それはヒトに任せる必要がない。



やっぱりギラギラしていないと価値は生み出せないし、

周囲を圧倒できるような付加価値を目指していかないと生き残ることさえままならない。

意識の低い社風に甘んじてしまい私自身の執念を削がれてしまうようなことがあっては本末転倒だ。



「少しでも仕事に対して奢りや甘えを見せた時には私自身が一喝し、

すぐさま躊躇なく考えを改めるか、もしくは即座に退場せざえるを得ない環境」




脱落者続出の中で息も切れ切れに走り抜くというのが吹上経理らしいのかもしれない。

少なくとも経理代行事業で上昇していたときはそうだったなぁ。



1月は原点に帰ってギラギラいこうと思います。

執念を忘れたら終わりだ。



最低でも、東海三県で圧勝したい。
[PR]
by hukiagekeiri | 2014-01-11 00:03 | 仕事 | Comments(0)

吹上経理支援を創業した人のブログです


by hukiagekeiri