戦えるメンバーのみで編成する

私自身がギラギラしていないと事業は続かないので、

「戦えるかどうか」

という点を重視してメンバー編成をしようと思っています。



失業率の低下した2014年前半、

おそらく、付加価値を生み出せる労働力は労働市場に出回っていないと思います。



この状況で、仕事ができる人を企業が手放すとは到底考えられません。



バスはいつだって定員不足。

成長企業の常と思います。



次世代の労働集約サービスの実現を諦めない。


本当に優秀な人をどこから探し出すのか。

今の私のフェーズだとフリーランサーしかないな、と思います。



粗利の高い事業領域を選択していないと、

不景気のみならず好景気の人不足にも耐えられなくなるってことが分かった。
[PR]
by hukiagekeiri | 2014-02-06 19:16 | 仕事 | Comments(0)

吹上経理支援を創業した人のブログです


by hukiagekeiri