例え負け戦でも

形勢の苦しい領域で、殿軍のつもりで私が自ら現場に埋没しているところがあるのですが、

なんと形勢大逆転で成果が上がってきました。


自分でも驚きです。


負け戦を単なる負け戦にしない。

もがいて、もがいて、最後は勝ち逃げができるように戦う。



退却・撤退をしながら成果をあげていくのは辛いし、求心力も落ちていきます。

効率は悪い。

そんな状況でもキッチリ勝ち続けられるとしたら、味方からすればどんなに頼もしいことでしょう。



そのためには局地戦を圧倒できるような力を持つこと。

ウチで言うと、

直接営業における 「Attention と Interest の積み上げ」

には相当の自信を持っています。

立ち返るべき勝ちパターンがあるから、総崩れになることはありません。



2月は残り2日です。

最後の最後には 「連戦連勝だった」 と振り返られるように、このまま一気呵成に畳み掛ける覚悟です。



結果がすべて。

勝たなければ得るものは何もない。

ギラギラいくぞ。
[PR]
by hukiagekeiri | 2014-02-26 21:55 | 仕事 | Comments(0)

吹上経理支援を創業した人のブログです


by hukiagekeiri
プロフィールを見る
画像一覧