自社の新規開拓をおさらいする

データ販売は Pull型 の新規開拓が機能しています。

5年以上前に組み上げた仕掛けが自走化してずっと機能しているので、

なるほど 「仕掛け」 というのは大事だな、と思います。




Push型の新規開拓については (BtoB)

「難しい仕事をやり抜く」

ということを大事にしています。

かんたんにできる仕事を請け負っても、結局価格競争に巻き込まれますし、取引口座の維持も

ままなりませんから、

「他の人が出来ない仕事をやり遂げる」 ということにチャレンジし、これを成功させることしか

生き残る道はないと考えています。



それは客筋においても良い影響があって、

難しい仕事、すなわち難しい問題に直面している中小企業というのは、

それだけ難しい壁に遭遇するほどに「周囲から求められている」わけです。

競争力がなかったり、市場性がない企業には難しい仕事はやってきません。

周りから相手にもされないのが普通です。



収益性が高いからこそ難しい仕事も降りかかるわけだし、

それを解決するからなおさら収益や事業規模が増えるということなんだと思います。



こうした 「難題にチャレンジしている企業」 は年々事業規模が大きくなるので

使う予算も比例して増えていきます。

増えた予算は、私たちに競争力がなければほかの競合にかすめ取られるのがオチですが、

難しい仕事をやり遂げるのであれば、お客様の予算枠の拡大はそのまま自社の予算獲得につながります。

他の競合では仕事を請けることすらままならないのだから。




代替性の高いサービスを取り扱う会計事務所業界出身の私は、

同じく価格競争に晒される記帳代行で起業しました。

負け犬根性が染みついていて、費用対効果と値引きでの新規開拓しかできていなかったのです。


それはもう懲り懲りなので、

高い粗利を実現する BtoB サービスを目指すことを諦めたくないと考えています。



そのためには、「結果がすべて」 という強い執念と、

「日高とならたとえ失敗したとしても後悔しない」 と思わせる情熱と誠実さ、

そして何よりも、絶えず勝ち続ける 「常勝チーム」 であることが必要不可欠だと思っています。



しょっちゅう書いていることですが、

勝たなければ何も得るものはない。

お客様やスタッフを幸せにして市場性を維持し続けるためには、自社が勝てるチームじゃなくちゃダメ。



下手をこいてお尻を拭くことがどんなに惨めなことか。

負け戦で殿軍に回ることがいかに苦しいことか。

そういうことを考えると絶対負けたくないと思います。



勝たなければ得るものは何もない。
[PR]
by hukiagekeiri | 2014-04-19 18:16 | 仕事 | Comments(0)

吹上経理支援を創業した人のブログです


by hukiagekeiri
プロフィールを見る
画像一覧