残り9稼動日

5月はあと9稼働日。


BtoB においては、

課題解決に必死な相手と仕事をすることが大事だと思います。



経理代行事業をしていた時は、顧客の大半が 「経理事務の課題解決」 に興味がないようでした。

面倒くさいから吹上経理に頼む、ということです。

今思うと、そういうお客様を探していたわけで、当然行き着く顛末だったんだと思います。



そうなると 課題の解決に顧客が協力してくれませんから、うちとしてはコスト高になります。

更には、顧客からの要請がないために料金を上げる理由が見当たりませんので、

『コストは上がる、売上は下がる』 という、絶望的な状況しかありませんでした。



新規開拓支援に携わるようになって、どんどんお預かりする予算が増えていくのを目の当たりにして、

やはり 「難しい仕事」 「明日を変える仕事」 を狙っていき、これを仕留めることが肝要だと

考えるに至っています。



安い仕事、誰にでもできる仕事、顧客の粗利を生まない仕事。

これらはどんどん値下げ要請に晒されますし、協力者も見つかりませんし、

替わりのプレイヤーは市場からいくらでも出てきます。

こうした過当競争下では、ババを引く役目に徹するしか生き残る道はありませんし、

それでは一生ワーキングプアから抜け出せません。



と、迂闊にも経理代行サービスの事務仕事に埋没するハメになったため自戒として書いています。

もちろんやるからには徹底的にやり抜く考えですけれど。



会計事務所の新規開拓支援をご提供差し上げているお客様の中にも

あえて、安さを求める顧問先や支払余力の乏しい顧問先を獲りに行くお客様がおられます。

生活費を稼ぐためには喉から手が出るほど新規契約が欲しい、そういう気持ちは分かるんですが、

実は2年後3年後に大変な負担としてお客様ご自身に返ってくるのではないかと私は危惧しています。



難しい仕事をやり抜く力がないのなら、素直に市場から退場した方がいいんではないか。

自戒として強く思っているところです。
[PR]
by hukiagekeiri | 2014-05-19 20:04 | 仕事 | Comments(0)

吹上経理支援を創業した人のブログです


by hukiagekeiri