逃げる人をチームに入れない

仕事から逃げる人をチームに一切入れてはいけない。

じゃあ、バスに乗せるかどうかを見定めるときに

「逃げる人かどうか」

の判別をどこですればいいんだろう?



ちょっと思案をしていたので、まとめてみた。



経歴の中に、自分の人生や自分自身の選択から逃げた事があるのならば、

確実にこれからも逃げ続けるのでしょう。 間違いない。 



自分の人生に目標がないとしたら、これから入るチームでも都合が悪くなればすぐ逃げるのでしょう。

自分の人生の目標へ向かうために選んだチームであれば、やすやすと離脱はしません。



人生で記憶に残る成功体験がないとしたら、これからも諦め続けるのでしょう。

目標を達成するまでのプロセスを知らないのだから、逆に、諦めずにやり遂げる理由が見つからない。



上記のようなポイントを確認することで、

バスに乗せられるかどうかの判別が出来そうな気がしてきた。


ただ、そもそも仕事から逃げずに目標に向かって突き進むような人は、

多くは中小企業では起業しているし、

雇用されているとしても所属している職場が手放そうとしないから、採用市場には出てこないんだろう。



そういう人材とどう出会うかって考えたら、

やっぱり採用広告ではないんだよな。


事業で遭遇する課題はカネでは解決できない、という前提で色々思案した方がいいって感じている。
[PR]
by hukiagekeiri | 2014-05-24 17:25 | 仕事 | Comments(0)

吹上経理支援を創業した人のブログです


by hukiagekeiri
プロフィールを見る
画像一覧