1人でもやり抜く

このブログを読んでいると、うちは 「どんだけスタッフ使い捨ててるんだ」 と思われるかもしれないんですが、

ここ7か月くらいは離職者は出ていません。


営業職で離職が少ないというのは 「甘やかしている」 「生産性が低い」 と同義ですが

人的資本に乏しい小規模零細事業者ではこれが効率が良いと思います。

そもそも見込が乏しいなら採用しない、ということを徹底すべきで、

いったん入社したからには徹底的に付き合うという考えです。


今は吹上経理のメンバーに入ることはかなり難しいと思います。 こんなちっぽけな事業所なのに。



という前提で。


仕事は最後は1人でもやり抜くという執念が必要。

脱落者続出でもけっこうだという気概がなければいけないと思います。

事業の主である私自身がギラギラできなければ明日はない。



とある税理士法人グループの社員さまが 

「僕がクビになったら吹上経理で雇ってくださいよ~」

と言っていたので、

「月5万円で非常勤役員で来てください」

と言っておきました。 昨年。


こうした、優秀な人を非常勤でお迎えする、というのは面白いかもしれない、と思っています。



戦えるメンバーのみで編成する。

これはきっとこれから吹上経理が徹底し続けることだと思います。

採用の入り口を絞りに絞りたい。



‥と

いろいろ話が脱線しましたが、

6月の第二週もギラギラするという決意とともに6月最初のブログエントリとさせていただきます。
[PR]
by hukiagekeiri | 2014-06-06 20:16 | 仕事 | Comments(0)

吹上経理支援を創業した人のブログです


by hukiagekeiri