勝ちパターンをすべて注ぎ込む

8年以上のお付き合いの税理士先生からお呼びがかかり、

新規開拓支援のご用命をいただいてしまいました。



会計事務所様の新規開拓支援については、

年間60万以上の予算をご用意いただかないとお請けしないようにしています。



それくらいの予算を割ける、または覚悟のあるお客様でないと結果がついてきませんし、

そもそも 中小企業の BtoB の年間契約としては小さめの部類に入ります。

パートタイムの年間給与よりも小さな金額。



しっかり予算をいただければ、こちらは成果をお約束することもできるし、

何が何でもやり遂げるバックアップもできる。

特に、創業期からのお付き合いの先生であれば、成果が上がるまで蛇のようにしつこくやり抜く覚悟。



ここ最近、創業期からのお付き合いのある会計事務所様からのご用命が続きました。

いよいよ真打登場、という感です。

サービスのローンチから4年目を迎えて、勝ちパターンが増えてきた。

「吹上経理の新規開拓支援を使わないのは損です」 と言えるレベルまでサービスの水準が高まってきている。



多くの人がそうであるように私にも、一生をかけて恩を返していきたい人が2.3名います。



やっぱりこの人たちを勝たせたいし、というか、全員にそれぞれの局地戦で圧勝していただきたい。

その自信はあって、とにかく勝ちパターンをすべて注ぎ込んで

仕事を確実に仕留めて止めを刺す。



取り組んだら放すな、殺されても放すな。 目的を完遂するまでは。



話は変わりますが、地域の横展開を検討中。


東京の次をどうするか、と考え、北関東に対するアプローチを始めましたが、

アプローチ先を間違えた。


「20名超規模の税理士法人」

「創業者」

「営業センスがある」

というターゲティングが重要だと感じます。



これ以外は、そもそも新規開拓の予算がなかったりするし、社風が違っていたりするので、

ギラギラして拡大している20名超規模の税理士法人様といかに取引口座を開くか、というのが

名古屋以外の地域における吹上経理の変わらぬ新規開拓方針、と改めて痛感しました。



「誰と成功したいか、ではなく、誰とならたとえ失敗したとしても後悔しないか」

この命題の答えとなる人が私の周りには幾人もいて、

だからこそ私は負け犬で終わる訳にはいかない。



全ての局地戦で連戦連勝を目指して諦めずにやり抜こうと思います。

時にはいったん退いてでも、ひとたび喰らいつけば勝ち切るまで掴んで離さない。


負け犬は周囲を巻き込んで不幸にするだけ。

勝たなければ得るものは何もない。


つくづく、つくづく痛感していることです。
[PR]
by hukiagekeiri | 2014-08-12 02:04 | 仕事 | Comments(0)

吹上経理支援を創業した人のブログです


by hukiagekeiri
プロフィールを見る
画像一覧