粗利を稼いでゴリゴリ進む

10月は業務の密度が濃く、あまり俯瞰する機会が取れないので、

3連休を活用してちょっとつらつら書いてみようと思います。



吹上経理の2014年現在の主力サービスである 「会計事務所様の新規開拓支援」 において、

核心的に 「何を売っているのか」 といえばそれは

「契約期間内における良い客筋との新規顧問契約の獲得の保証」

という答えになります。



「作業」を売っているわけでもなく、「営業プロセス」を売っているわけでもなく、

詰まるところ 「確かな明るい明日」 を売っている、ということになります。

BtoB では特に、そのレベルまで高めないと売上は立たないと考えるようになりました。



「粗利を売る」 という考えです。

これが実現できれば、右肩上がりに獲得する予算が増えていくし、取引先の事業規模も2桁増える。



9月11日にも書きましたが、

「難しい仕事を狙う」 ということが肝心で、

吹上経理においては 「介護」 「相続」 の領域での新規開拓を実現すれば

顧客の粗利も更に増えるため、うちが獲得する予算も粗利も増え、加えてお付き合いする客筋も良くなる。



結果がすべて。勝たなくては得るものは何もない。


これは綱渡りのようで不安で苦しいのですが、

少なくとも BtoB では 勝ち続けなければ生き残れないんだと思います。
[PR]
by hukiagekeiri | 2014-10-12 16:30 | 仕事 | Comments(0)

吹上経理支援を創業した人のブログです


by hukiagekeiri