睡眠を削るのではなく、稼ぐ

雑務がかさばり、夜なべになってしまいました。


私は今は睡眠をしっかり摂ることを大事にしています。

20代の頃は、できるだけ寝ないことでパフォーマンスと生産性を上げようと考えていました。

それは 「誰でもできる事務屋」 だったからできました。



今は睡眠不足でできる仕事ではないです。

たとえば 「小規模事業者の事業譲渡・営業譲渡」 の新規開拓において、

場合によって、自分の親と同じ世代の事業者と伍して商談をして、可愛がられなければいけないわけですから、どっと疲れます。

大事な面談で寝不足では、到底信用されない。



電通鬼十則
「頭は常に全回転、八方に気を配って、一部の隙もあってはならぬ。サービスとはそのようなものだ。」




また、新規開拓アプローチは 9:00から17:00 間での時間帯が勝負ですので、

この時間帯でしか高い粗利は実現できません。



この日中の8時間のパフォーマンスを下げてしまって

夜の時間でその8時間を挽回しても、本末転倒なわけです。



睡眠時間を削る、という考えをやめて、

睡眠時間をいかに稼ぐか、を突き詰めていこうと思っています。



NHKのアナウンサーの 井上あさひ という方が素敵な方なんですが、

この方もこまめに睡眠を取るそうです。 

→ アナウンサー仕事の流儀  井上あさひ (掲載終了)

テレビに顔を露出する仕事は特に睡眠時間は重要なのかもしれません。



と、ダラダラ仕事してしまって夜更かしした自分の段取りの悪さに辟易としながらエントリしています。


残業はカッコ悪い。

特に、粗利を生まない残業はクソだな。
[PR]
by hukiagekeiri | 2014-10-24 02:43 | 仕事 | Comments(0)

吹上経理支援を創業した人のブログです


by hukiagekeiri
プロフィールを見る
画像一覧