10月最終週に向けて

10月もいよいよ最終週に入ります。


俯瞰も何もなくって、とにかく目の前の業務に注力している状況です。

ただ、少なくとも結果を出し続けているうちは仕事が増えます。



結果を出すヤツが一番強い。

露骨な表現だけれど、そんな意識が強くなっています。



仕事を効率化してラクにしようとか、簡単な仕事にハードルを下げて受注高を増やそうとか、

そういう考えは全く無くなりました。

以前の経理代行事業のときはそういう意識が強かったんですが、

翻って今では、難しい仕事を狙い続けないと怖い。



たとえば、今のウチの新規開拓スキームを用いれば、

東海3県で年商1000万程度の経理代行サービスを生み出すのに1年掛かりません。

ただ、わざわざそこにいく必要ないしワーキングプアが待ってるだけだよね、という結論です。

「もう20代にやってたじゃん、それ。」 ということ。



保険や退路は要らない。



勝ち癖をつけたいと考えています。

結果を出し続けていると、業務の中で 「踏んではいけない地雷」 がなんとなく見えてくるような気がします。

サッカー選手でいう 「試合感」 みたいなものだと思います。




「大きな仕事と取り組め、小さな仕事はおのれを小さくする。」

「難しい仕事を狙え。そしれこれを成し遂げることころに進歩がある」

「計画を持て、長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。」

「取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは…。」




「自信を持て、自信がないから君の仕事には、迫力も粘りも、そして厚味すらがない。」
[PR]
by hukiagekeiri | 2014-10-26 01:37 | 仕事 | Comments(0)

吹上経理支援を創業した人のブログです


by hukiagekeiri