関わるすべての人にお礼の手紙をしたためる

関わるすべての人にお礼の手紙をしたためる。

これは徹底するようにしています。


吹上経理が鉄の法則としている

「誰をバスに乗せるかを妥協しない」

「戦えるメンバーのみで編成する」

「局地戦の勝者の悩みを解決する」


こうした、ともすると排他的、選民思想的なスタンスは非常に反感を買うと思います。

ただ、これは BtoB の厳しい現実だと思います。 

あくまでも市場競争下でのお話です。 福祉や地域社会のお話とは違います。あしからず。



ただ、「ご縁は分け隔てなく」 ということも大事なことで、

なので私は関わるすべての人にお礼の手紙をしたためます。



当日の朝に仕事をドタキャンするようなパートタイマーに対しても、

1ヶ月の最後には必ず一筆したためる。

そこで見返りを求めていはいけない。

逃げるように仕事を辞めていく者に対しても、丁寧にお礼の手紙をしたためる。

そこに私情を持ち込んではいけない。



今の私があるのはこのおかげだと本気で思っていますし、

それを止めたら、たちどころに周囲の素晴らしい方々は離れていくと思います。



ただ、吹上経理は慈善団体ではないので

したたかに市場で勝ち抜くことを諦めてはいけないし、粗利を確保することに躊躇してはいけない。

それをご理解いただくための手紙でもあります。
[PR]
by hukiagekeiri | 2014-11-08 20:56 | 仕事 | Comments(0)

吹上経理支援を創業した人のブログです


by hukiagekeiri
プロフィールを見る
画像一覧