成功報酬ではなく、返金保証でもなく、成果の保証

「成果にコミットする」

という事にこだわりたいと思います。



「成果が上がらなければお代は頂きません」

というのが成功報酬や返金保証になると思いますが、

これはどうも逃げているように感じます。

仕事から逃げている。約束から逃げている。



「成果が上がらないなら仕事は請けません」

というのがイチバン強いような気がします。 

要するに、請ける以上は成果を保証する。


最近、私は新たな契約をしてくださった方には以下のように申し上げています。

「ひとたびお請けするからには必ず成果をご提供いたします。どうか信じてください。」

この言葉で、幾ばかりかお客様は安心できると思います。 成果があがるまでの不安な3ヶ月を耐えることができる。



成功報酬や返金保証は、請ける側のリスクが大きいです。 負け戦になればこちらの持ち出しが増えてしまう。



お客様が求めているのは 「リスクのヘッジ」 ではない。 

「費用対効果」でもない。

求めているのは 「成果のある確かな未来」 だ、と最近考えるようになりました。



なので、

「成果があがった時だけ請求します。仕事したんですが成果があがりませんでした」

「結果が出せなかったので返金します」

というのはお客様からすればいい迷惑なんじゃないか、と。

ダメならそもそも仕事を請けなさんな、時間の無駄だった。 という事になる。




吹上経理と取引口座を開くこと自体にロイヤリティを持たせなくてはいけない。

そのためには私たちが常勝チームになることが重要で、

ひとたびお請けするのであれば必ず成果をあげる、という執着心が必要です。



勝たなければ得るものは何も無い。
[PR]
by hukiagekeiri | 2014-11-09 17:22 | 仕事 | Comments(0)

吹上経理支援を創業した人のブログです


by hukiagekeiri
プロフィールを見る
画像一覧