焦るを辞める

いつだって、事業がうまくいきだすと焦って仕方がありませんでした。

私の悪いクセです。

欲が深いんだと思います。



創業期、低価格帯の会計事務代行サービスは関与先を増やしたくて仕方なかったし、

会計事務所様の新規開拓支援がハマり出したときも地域の横展開に焦ったし、

小規模事業者の営業譲渡の仕事を実現したときも次のステップに焦りました。



小企業のM&Aと介護・相続への横展開は今でも週に一度はジリジリ焦っています。



以前は上場を狙えるような事業の広げ方を青写真としていたので余計に焦ったんだと思います。

今はまったくそういう考えがなくって、むしろ粗利率を高め切る、ということを重視しています。

また、今の体制、事業規模で粗利を〇〇〇〇まで引き上げたいと思っています。



先日書いたように、年内の増員は止めにしたほうがいい。

周囲の皆さんの貴重なアドバイスは 「増員」 の一点張りなので、それはそれで真実なんでしょう。

今回は予算を取ってから増員、という流れにしたいと思います。


焦るのは私の悪いクセで、心の弱さなんだと思います。 

成果が目の前にぶら下がっているのに時間だけが過ぎる、そういうことに耐える胆力が備わっていない。



しかし焦って仕方ありません。

年内このままムズムズ耐え切ることができるんだろうか?
[PR]
by hukiagekeiri | 2014-11-17 23:34 | 仕事 | Comments(0)

吹上経理支援を創業した人のブログです


by hukiagekeiri