創業から10年


10年前のちょうど今日になりますが、小さなワンルームマンションで私は商売をはじめました。

その前日の夜から一晩寝ずに考えた末に決めたことだったと記憶しています。





開業の半年くらい前から 『 吹上経理支援 』 という名前は決めていて、

既に勤務時代から価格設定や損益分岐点なども計算していたことから、

今から当時を振り返ってもやはり私は起業すべくして起業していたんだろうと思います。

そこからの経緯は嘘偽りなくすべてこのブログに書いてあります。




さて、26才のクソガキが生意気に始めた商売ですが

10年経った今は 「お世話になった人への恩返し」

このためだけに続けているような気がします。



今目の前にいるお客様や創業期からお付き合いしている方々は本当に素晴らしい方ばかりで、吹上経理の10年の財産はまさにこの方々たちの存在だって思います。

しばしば皆さんにお伝えしていることですが、殺されても放さない覚悟でこの方々へのご恩返しをやり抜く考えです。




幸い、自分にも商売を通じて誰かを幸せにできるという自信がついてきて、

それは30代もようやく半ばを超えた頃からなんですが、

ごくごく最近では、商売人としての自分なりの 「ものさし」 も定まってきたように思います。




『関わるすべての人にお礼の手紙をしたためる』

吹上経理に限らず、たぶんこれからの私の仕事人生で変わらない鉄の法則が自筆のお手紙です。




私の小さな器ではせいぜい30名くらいしかお付き合いができないし、

いつまで商売がもつかも分からないんですけど、

吹上経理を通じて関わるすべての人を幸せにできるようにこれからも妥協をしないことをお約束します。



誰も幸せにできないような商売ならば直ちにこれを畳んで看板を下ろすべきだ、と常々思います。




大きな仕事と取り組め。小さな仕事は己を小さくする。

難しい仕事を狙え。そしてこれを成し遂げるところに進歩がある。

取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的を完遂するまでは。

誰と成功したいかではなく、誰とならたとえ失敗したとしても後悔しないか。

結果がすべて。勝たなければ得るものは何もない。

[PR]
by hukiagekeiri | 2014-12-13 00:04 | 仕事 | Comments(0)

吹上経理支援を創業した人のブログです


by hukiagekeiri
プロフィールを見る
画像一覧