2014年総括

2014年もあとわずかです。

2014年は私にとってどんな1年だったのだろう、と考えてみました。



小規模事業者の営業譲渡について、対象業種の横展開を行なって成果を得ることができました。

私のキャリアで特筆できる実績となったと自負しています。



この領域では少なくとも名古屋地区で伍して戦えると思います。

勝てる、とは角が立つので言いません。



引き続き東海地区・大阪・関東において小企業のM&Aの成約に向けてアプローチを続ける考えです。

勝ちパターンは手元にある。



次のステップとして、数年来の青写真である介護のM&Aと相続の新規開拓のスキームを組み上げたいと考えています。




客筋の妥協により痛い目にあった1年でもありました。

詳しくは、角が立つので書きません。



市場で通用しないプレイヤーを BtoB の顧客にしてはいけない、という厳しい教訓を2度ほど思い知らされました。

商売の勘定と人としての感情は別にすべき。

私の心の弱さが商売に直接影響してしまった。




ここ最近の顧客の皆さんを思い浮かべると、それぞれの局地戦で戦い抜いている方ばかりで、

客筋については、(おこがましいんですが)妥協しないことで非常に良い方向に向かっていると感じます。



ボランティアでもなく公共サービスでもなく、ソーシャルベンチャーでもない BtoB は、

競争力を失えば直ちに退場を迫られる厳しい社会だと思います。

明日は我が身だと危機感を持って業務にあたりたいと思います。



お客様に限らず、最近は競争力の高い税理士事務所の代表先生からご連絡を頂くことが増えて、

こうした方々を更に上昇させること、

「局地戦の勝者を圧勝させる」。

それが吹上経理の役割だと考えています。

そして、まさにこれこそが既存のお客様に対する一番のロイヤリティとなると思います。


つくづく露骨で失礼なお話なんですが、事業の根幹に関わる重要なことなので敢えて明記しました。



事業を支えるパートナーが欲しい、としばしば感じた1年でした。


とある税理士法人グループを抜けた学歴抜群の優秀な30歳がいたので

「吹上経理の看板ごと任せるから継いじゃってよ」

とほぼ本気で誘いましたが

「日高さん辞める気なんて全然ないですよね?」

とあっさり断わられました。


これからも優秀な人はくじけずに誘っていこうと思います。



と、つらつら書きましたが。

2014年は、ある程度は目の前のお客様を幸せにできたという自負があります。

このまま引き続き

「関わるすべての人を幸せにする」

これを目指して2015年を実りあるものにしていきたいと思います。



それでは皆さん、よいお年を。
[PR]
by hukiagekeiri | 2014-12-31 11:59 | 仕事 | Comments(0)

吹上経理支援を創業した人のブログです


by hukiagekeiri