成果を保証する

新規開拓支援において、

昨夏に取引口座を開いた幾つかのお客様に対しても

キッチリ成果をご提供できそうです。



立て続けに商談を確保できました。



私自身、ご支援するお客様に妥協をしないので、

ひとたび契約を交わせば確実に成果をあげる自信があります。


「確かな明日を約束し、保証する」


これは随分と価値のあるものだよな、と感じています。


作業を売るのではなく、サービスを売るのではなく、価値を売るわけでもない。

それは成熟した日本の市場ではどこにでも売っているんだと思います。 代替品にまみれている。

そうではなく、確かな明日を売る。



BtoB で高い粗利を実現するには、これが必要不可欠のような気がしています。



例えば、成果の保証はお客様の事業計画の根拠となります。 

計画が、絵に描いた餅ではなく、第三者も巻き込んで明記した約束になる。

これは会計事務所経営者としては頼りになるのではないかと思います。




成果報酬や成功報酬は、一見すると厳しい取り決めのように思われます。

ただ、これには逃げ道・抜け道があります。 タダなら結果を出さなくて良いわけですから。



電通鬼十則にある

「難しい仕事を狙え、そしてそれを成し遂げるところに進歩がある。」

「大きな仕事と取り組め。小さな仕事は己を小さくする」

「取り組んだら放すな。殺されても放すな。目的を完遂するまでは」


これらの格言が共通して求めているのは 「確かな成果」 だと気づきました。



今のままでは全く満足していないので、圧倒的な成果をあげるべく

新規開拓スキームを更に高度にしていきたいと思います。
[PR]
by hukiagekeiri | 2015-01-14 00:35 | 仕事 | Comments(0)

吹上経理支援を創業した人のブログです


by hukiagekeiri
プロフィールを見る
画像一覧