商売の姿勢を変える

「誠実、正確、厳格」

これは創業時に定めた吹上経理の基本姿勢です。


経理や会計を扱う立場として必要不可欠なものだったのでこれを前面に押し出していました。

特に 「厳格」 という点は強調していて、他のどこにも属さない独立系の経理代行を行なうにあたってはこれが生命線でした。



ただ、創業から10年経ち、経理代行から距離を置いた今は上記の3つの言葉がしっくりこなくなっています。

「誠実に正確に厳格にお仕事しますから御代を下さい」

といっても、顧客からは見向きもされない。



代わって、最近自分の中で大きくなってきた言葉が

「顧客の確かな明日を保証する」

というものです。




私は今、ほぼすべてのお客様に対して

「どうか私を信じてください」

とお伝えしていますし、そう宣言できない場合にはお仕事をしないようにしています。

顧客との契約内容も 「未来の成果を保証」 するものが中心です。



今、吹上経理が売っているのは 「お客様の確かな明日」 だ。

社名の変更までは考えていません。

ただ、商売を通じてのメッセージは実態に即したものに変更していこうと思います。



明日をお約束できる顧客のみとお付き合いし、難しい仕事を仕留めて止めを刺す。

これを突き詰めていくことが中小企業の BtoB で生き残る道だと考えています。


BtoB において、顧客は [粗利] と [未来] に対価を払うものだ。 そう考えるようになっています。
[PR]
by hukiagekeiri | 2015-03-18 18:00 | 仕事 | Comments(0)

吹上経理支援を創業した人のブログです


by hukiagekeiri