2015年はすでに20名超規模ではなく50名超規模

6月からの新規開拓再開を通じて感じたことがあります。


100万人都市における局地戦の勝者は20名超規模の税理士法人。

加えて、200万人都市においては50名超規模の税理士法人がそれにあたるのではないか、ということです。


今後の吹上経理は50名超規模の税理士法人様と取引口座を開くということも目指していかなくてはいけない。

そのための武器は既に手元にあるのでこれをもっと磨き上げていかなければ明日がない。

詳しくはここでは書けません。



20名超規模の税理士法人が50名超規模の税理士法人と長期的に伍して戦うにはどうすればいいか?

という命題の答えは、2015年において言えば 「直接営業のスキームを確立する」 ということだと考えています。

直接営業は、2015~2016年の会計事務所業界においてはオフェンスではなく、参入障壁の確立というディフェンスの役割があります。

これはやっている人なら分かりますが詳しくは割愛。



さて、 BtoB の新規開拓において2015年時点の会計事務所業界で忘れがちなことを次回の7月13日の吹上経理通信では書こうと思います。
[PR]
by hukiagekeiri | 2015-07-05 16:38 | 仕事 | Comments(0)

吹上経理支援を創業した人のブログです


by hukiagekeiri
プロフィールを見る
画像一覧