採用媒体に期待しない

採用媒体から求める人材が得られるというのは幻想。 そう思ったほうがいい。


優秀で市場に通用する人材のほとんどは、現在の職場で信頼されており転職する機会をなかなか与えられません。

そもそも、ほとんどが採用媒体に出てこない、ということだ。


小規模事業者は、求める「戦える人材」と接触する機会が実に少ない。

数少ないチャンスといえば、同業者の集まりや、出入り業者や得意先とのお付き合いの中で「これは」という人材と出会うことになります。


上場するような急成長ベンチャーだって、創業者が自ら動くことで良い人材を引き抜いている実情があるわけで、

小規模事業者がそれをやらなくて済む、などといっても説得力に欠けるのではないだろうか。



新規開拓能力は高いのに、人材の枯渇が成長スピードを止めている。そういった事業者は非常に多い。

深刻な悩みだ。



この問題には、採用媒体に頼らず創業者が自ら動くことで解決するのが良いのではないかと考えています。
[PR]
by hukiagekeiri | 2015-08-09 16:11 | 仕事 | Comments(0)

吹上経理支援を創業した人のブログです


by hukiagekeiri