都内を避けてきた愚かさ

従来の主力サービスである会計事務所の新規開拓支援では、名古屋で圧勝し、大阪市中心部で生き延びてこれたので

「西日本の100万人都市における20名超規模税理士法人の創業者」 というターゲティングで

2015年6月より、岡山から鹿児島まで横展開を行いアプローチを行ないました。



次は関東以北に照準を当てています。

これまで都内を避けてきたのには理由があったのですが、詳細は割愛します。


仙台、札幌と北上する前に都内で戦える競争力を身につけれればと考えています。


大阪市の中心部でどうにかこうにか通用するならば、都内でやっていけるかもしれない。

そういう感覚です。

横浜では実際に通用しているので悲観はしていません。



あいちベンチャーハウスで同期だった起業家からは 「名古屋もメガシティだから地域を広げずに業種の横展開が妥当ですよ」

という指摘を頂きましたが、

大阪市と名古屋市を足してもなおそれより2.7倍も大きな都内の市場を無視するのは愚かなのではないか、

と考え始めました。 (※ウチが通用するのであれば、ですが)

そのためには、名古屋で圧勝している「吹上経理の十八番」で勝負する、というのが妥当だと思います。



名古屋では圧倒的なナンバーワンでなくてはいけないと思います。

ローカル名古屋での評価なんでクソみたいなもので何の価値もない。 それよりも、

大阪市で生き延びるためにもこれが最低限必要なことで、名古屋で一番取れないレベルなら廃業したほうがいい。



難しい仕事を狙え、そしてそれを成し遂げるところに進歩がある。
[PR]
by hukiagekeiri | 2015-08-14 16:27 | 仕事 | Comments(0)

吹上経理支援を創業した人のブログです


by hukiagekeiri