2015年の小規模事業者の人材確保について考える

e0066235_17102439.jpg


いつもいつも書いていることですが、

「誰をバスに乗せるかを妥協しない」

ということが、小規模事業者が成長ドライブをかける要諦となると考えています。



それは、自社の社員もそうですし、サプライヤーや顧客層についても同じことが言えます。

自社の顧客層に社員の顔ぶれは引っ張られます。良くも悪くも。


ですから、新規開拓能力がある小規模事業者は、

粗利の率に加えて客筋の改善を徹底することを最優先とするのがよい、と私見ですが思います。


これと合わせて両輪で、私たちは 「優秀なメンバーを迎え入れる」 という大変難しい課題にチャレンジしなければならない。

そんな 「人材確保」 に関するお話を今回の吹上経理通信ではお送りしようと思います。


吹上経理通信 『2015年。小規模事業者における優秀な人材確保は引き抜きか時短か新卒か』




吹上経理は2016年に向けて、従来の新規開拓支援に加えて「人材確保」の領域でのBtoBサービスを収益化することを目標しています。

難しい仕事を狙え、そしてこれを成し遂げるところに進歩がある。
[PR]
by hukiagekeiri | 2015-09-13 17:16 | 仕事 | Comments(0)

吹上経理支援を創業した人のブログです


by hukiagekeiri