提供するロイヤリティ強化により顧客ロイヤリティを向上させる

今夏の契約更新を経て、お客様それぞれにロイヤリティをご提供しています。


販促物のご提供やセミナーの開催支援、また人材確保のお手伝いなど、取り組みは多岐に渡りますが

それぞれお客様が欲するものを満たすことを大事にしています。


私は常々、お客様に対して 「私が御社の出入り業者のナンバーワンになるために何が足りないですか」 とお聞きしています。

お客様からは端的に回答をいただけるので重宝するメッセージです。



お客様からすると答えやすい質問です。

お客様の口からは普段は言いにくい指摘も 「ナンバーワンになるため」 という大義名分があるので少々無理な要望も口にしやすい。

また、往々にして建設的で難易度の高い課題をいただけるため、双方の競争力に資するテーマとなりやすいです。

ここで値引き要請するようなお客様は出てきません。

だってナンバーワンを目指すわけだから。



契約更新の度にどんどん難しい宿題を出されますが、

多くの難しい仕事を仕留めてきた自負がありますし、

これからも仕留め続けていく決意は変わりません。



目の前の30人を幸せにすることに徹する。

最近はこれを大事にしていて、吹上経理がお付き合いするお客様はこれからも変わっていくと思います。

そしてその都度、その時どきのお客様の 「ナンバーワンの出入り業者」 であり続けることが

BtoB で生き残るために必要なことだと考えています。


例えて言えば

今年は課長の出入り業者で一番の成績。 来年は部長の出入り業者のうちもっとも信頼される業者になる。 

5年後には社長の取り巻きを目指す。 という感じです。

同じ会社内でそれをやるわけではないのですが、例えるとこんな感じです。

具体的に書くといやらしい話だな(笑)



吹上経理の敷居をどんどん上げていこうと思います。

吹上経理の取引口座のロイヤリティを強化し続けることで

顧客ロイヤリティを最大化するというのが中期的な目標です。



出入り業者に多くを求めない顧客との関係を続ける必要はありません。

少なくとも BtoB では。

予算が増えなかったり、出入り業者への要望が小さいプレイヤーは次第に競争力を失っていきます。

私たちは、そこに居続けること自体がリスクとなる。



かなり露骨でいやらしい話となりましたが、仕事をする上でこれはとても大事なことのように思います。


「結果がすべて。勝たなければ得るものは何もない」

「難しい仕事を狙え。そしてこれを成し遂げるところに進歩がある」

「仕事とは、先手先手と働きかけて行くことで、受身でやるものではない。」
[PR]
by hukiagekeiri | 2015-09-21 18:28 | 仕事 | Comments(0)

吹上経理支援を創業した人のブログです


by hukiagekeiri
プロフィールを見る
画像一覧