2015年10月を総括

10月が終わる。 

今月は 「半歩前進の10月」

とある20名超規模税理士法人の代表先生との新たな商談が実現できました。

初めてのアプローチから2年半越しのご挨拶で感慨深い。

ここでちゃんと戦えるようにしたい。



ここ最近は、M&Aの商品としてのパンチ力をまざまざと痛感しています。

スカウトと組み合わせると全国・全業種を横断して戦えるんじゃないかと感じるほどです。

営業力に自信のあるプレイヤーは次第にM&A仲介やヘッドハントに向かっていく、という話を聞いたことがありますが、

その気持ちだけは分かる気がします。(気持ちだけです)

ただ、スカウトの領域はR社出身の凄腕営業マンが競合となるそうで相当厳しい勝負です。 私が彼らを見上げる姿はまさに月とスッポン。



現在は20名超規模税理士法人様との取引口座開設を目指して

岡山市、広島市、福岡市、横浜市、豊島区へとアプローチを進めています。

東海三県に加えてこれらの地域では新たな人材系のBtoBサービスも着手をしたいと考えています。



地域の横展開とは別で、名古屋圏では小企業M&Aでの業種の横展開を行なう考えです。

2015年、的を絞り込んだ局地戦が窮屈に感じてきました。

今月頂いた営業譲渡案件の「お客様の声」が私の心を奮い立たせてくれています。アドレナリン全開。

中小企業M&Aの領域は年収1000万超の上場企業のプレイヤー達が競合です。 彼らと伍して戦えるかどうか試してみたいです。



まずは年内をめどに名古屋圏で統計値を取り、

2016年の年初から地域の横展開を行なっていきたい考えです。

小企業M&Aは100万人都市にこだわらず、新幹線・地方空港からのアクセスの良好な30万人都市も照準を合わせてアプローチを行なう考えです。



2016年に向けて、M&Aの領域は運輸業に可能性を感じています。

損保の契約や、労務士による手続業務も巻き込んで大きな商流を生み出せるため、形にできると面白い。



苦しんで苦しんで苦しんで、更にもう一歩踏み込まなければ成果は得られません。

少なくともクズ人間の私の場合はそうだ。

11月もギラギラいこうと思います。



大きな仕事と取り組め、小さな仕事は己を小さくする。

自信を持て、自信がないから君の仕事には、迫力も粘りも、そして厚味すらがない。

取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的を完遂するまでは。

[PR]
by hukiagekeiri | 2015-10-31 02:15 | 仕事 | Comments(0)

吹上経理支援を創業した人のブログです


by hukiagekeiri
プロフィールを見る
画像一覧