奉書巻紙によるご挨拶を始めて感じたこと

1週間ほど前に新規開拓における自筆の巻紙について触れましたが、

私もその日から巻紙を開始して今日に至ります。


某証券会社の新人にならってはじめたこの習慣ですが、1週間経ったところで感じたことをおさらいしようと思います。

私は6年ほど前から自筆の手紙をしたためているため、その効果については改まってここでは触れません。


さて、巻紙を書き始めた初日は泣きそうになりました。

私が自分でやろうと決めたにもかかわらず、です。筆で思うように進まない字数に情けない思いがします。

22歳の新人の方はきっと泣きながら書いているのでしょう。

巻紙で特筆すべきポイントは、間違えたらおしまい、そこまでの文章がすべて破棄されることです。

これが便箋との大きな違いです。


1.5メートルほどの巻紙をしたためるに掛かる時間は約2時間です。1週間で書き慣れても所要時間は変わりません。

どこかで2メートルの巻紙を書き切るのに15分と紹介されていましたが、

いやいや相手のことを調べながら書けばそんなに早く終わるわけがない。

1.5メートルの巻紙を自ら広げてみた時は、自分のやったことなんですがその長さと執念に驚きました。



ペン字で便箋4枚5枚の手紙をしたためても、正直なところ受け取った人は読む気もしないのではないか。

巻紙をしたためてからはそう思うようになりました。

私のこれまでのペン字の手紙は愚かな自己満足だったと分かりました。

もちろん、巻紙も3通に1通は読まれずにゴミ箱行きだと思ったほうがいいと考えています。

でも、したためる。

なぜか?

その理由はここで書いても理解されてないと思いますので割愛しようと思います。



ペン字と毛筆とのほんのわずかな違い。 便箋と巻紙とのほんのわずかな違い。 

この僅かな差が、受け手の感じ方に大きな違いを生み出すのでしょう。


私が今1週間で書ける巻紙はせいぜい7通です。

とある営業マンは週末だけで40通とのことで、既に私は彼らの域には到底到達できない。適いません。

改めて某証券会社の新人営業マンを尊敬します。

私もまだ初めて1週間。 1年後、3年後まで続けた先に見える景色は変わってくるでしょう。



巻紙をしたためることによって、積極的な営業に自信を持つ事ができました。

営業をする上での負い目が軽減される、ということです。

2時間かけて泣きそうになりながら手紙をしたためた相手に、「一度お会いできませんか」と言う事に

負い目はありません。ここまでやってダメなら仕方ない、と思えます。

もともと吹上経理のサービスの質には自信がありますが、新規開拓における自信も今後に良い影響が出てくると思います。



さて、巻紙はあくまでもきっかけに過ぎない。

加えてターゲットに対する「個別レポート」をお送りしていこうと思います。

個別レポートの重要性は以前書きました



巻紙で満足するな、という教訓は下記の起業家の方がとても興味深い記事を書いておられます。

野村證券1千人に読んで頂いたラストメッセージ『入社以来、自分自身が感じてきたこと、大切にしてきたこと』
[PR]
by hukiagekeiri | 2015-11-28 17:30 | 仕事 | Comments(0)

吹上経理支援を創業した人のブログです


by hukiagekeiri