2015年を総括

2015年が終わります。

今年は新規開拓の2015年。


主力サービスである会計事務所様の新規開拓支援は、成果が出て当たり前、という水準でお仕事ができています。

競争力の高いお客様のおかげです。



2015年は小企業M&Aの着手と、全国の20名超規模税理士法人創業者へのアプローチに注力しました。


営業譲渡の仲介は実績もお客様の声も確保できたので、小さな案件なら全国で戦える自信がついてきています。

M&Aの仲介営業は、ギラギラした経営者様との接触が増えますし、上場企業の年収1000万プレイヤーが競争相手となりますので、

そこで伍して戦えるだけの人格と価値を身につけなければなりません。


私には足りないことだらけだ。 あとは足すだけ。



2013年からの、20名超規模税理士法人の創業者、という顧客ターゲティングは2015年の吹上経理では常識になりました。

というのも、彼らの多くが50名超規模を見据えている、ということを知って

私は50名超規模税理士法人の代表先生をターゲティングすべきだという思いを強くしたからです。



50名超規模税理士法人グループの創業者との取引口座開設は2013年に実績があるので、

これも200万人都市に横展開しているところです。

2016年中には国内の札幌から福岡のいずれかにて新たな取引口座を開けると思います。



吹上経理は「BtoB企業としての税理士法人」を顧客にすべきだ。



サービスの青写真として介護事業のM&Aから資産税案件の囲い込み、というスキームは2013年からずっとここで書き続けてきましたが、

あまりこればかりは狙わずに、まずはM&A仲介のプレイヤーとして実績を積んでいく考えです。



今年、営業としての巻き紙を開始したことは私の社会人人生でも大きな岐路となると踏んでいます。

私は2009年から「関わるすべての人にお礼の手紙をしたためる」ということで人生が好転しました。

それを凌ぐ人生の転機だ、と既に予感をしているところです。



某大手証券会社のリテール営業から今後も大いに学ばせていただきたいと考えています。



商売を始めた前日の夜からいつだって、胸に手を当てて返ってきた答えを信じて11年やってきました。

第二創業以来、イメージしたサービスや商品はほとんど形にしてきました。


引き続き、2016年は小企業M&Aと50名超規模税理士法人をキーワードに全国で戦いたいと思います。




大きな仕事と取り組め。小さな仕事は己を小さくする。

難しい仕事を狙え。そしてこれを成し遂げるところに進歩がある。

取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的を完遂するまでは。

結果がすべて。勝たなければ得るものは何もない。




いつもながら1年の総括はギラギラしますが、

年に1度のことですのでどうかご容赦ください。


それではみなさんよいお年を。
[PR]
by hukiagekeiri | 2015-12-31 16:42 | 仕事 | Comments(0)

吹上経理支援を創業した人のブログです


by hukiagekeiri