税理士法人の人材確保を考える

20名超規模税理士法人における人材確保と組織マネジメントにおいて、

いかに課題を解決するか。

これが2017年の吹上経理が取り組むべきBtoBサービスです。


100万人超都市にある20名超規模税理士法人で、新規開拓に悩みを持つ数は全体の2割以下。

彼らは往々にして市場での勝ちパターンを持っている。 だから20名超規模になれたし、それを維持できている。


新規開拓で悩んでいる時点で既に組織は衰退を始めているんだろう‥

それに私は気付いていなかった。 愚かだった。


むしろ優秀な人材の争奪戦をいかに勝ち抜くか、優秀な人材の流出をいかに防ぐか、

これが多くの20名超規模税理士法人が持つ深刻な課題だと感じています。 

この問題を解決するために、個人事務所では勝てない市場を作ることも1つの方法だ、との思いを強くしています。


この15年の会計事務所業界の変遷は、そうした勝者の論理が働いているのではないか、と穿った見方もしているところです。



吹上経理は新規開拓支援の予算を頂いた上で、

既存の顧客から人材と組織マネジメントの課題解決にコミットしていく必要を感じます。


現在でも、日々のお付き合いを通じて人材流出防止に関わるご支援は行なっています。

これを更にブラッシュアップしていく考えです。


これに加えて目指しているのは、税理士法人様の新サービスの開発に有用な情報をお示ししていくこと。

2016年においては 「小企業M&A仲介」 をサービスラインに昇華してこのスキームを

税理士法人様へ情報提供していくことにチャレンジしています。



20名超規模税理士法人様がお持ちの難しいお悩みを解決する。

これを絶えず実現し続けなければ吹上経理は潰れます。
  
  
  
[PR]
by hukiagekeiri | 2016-08-07 00:22 | 仕事 | Comments(0)

吹上経理支援を創業した人のブログです


by hukiagekeiri