丹精込めて作ったクローズドな限定レポートは期間をズラしてweb集客用に汎用化し配布する

現在の吹上経理が行なえるフルスペックの新規開拓は以下のとおりです。

日本最高レベルの巻紙 → 電話によるご挨拶 → 対象を限定したクローズドな個別レポートの送付 → 飛び込み訪問と置手紙

これをクルクル回しています。



広告(= Attention) を私たちは2017年現在は必要としていなくて、

必要とあらばダイレクトメールやweb広告、フリーによる集客、これらを新規開拓の手法の選択肢に入れていくことになりますが、

現時点ではこれを実行に移す考えは持ち合わせていません。

現在は新規開拓ターゲットが明確かつ限定されており、上記の直接営業で十分な接触が確保できているからです。



私は新規開拓の中で対象を限定した個別レポートを作って配布しているのですが、

これをwebに載せて、広告における Attention(認知)・集客用にコンテンツを転用するということをずっと検討していました。

いよいよ今回、その第一弾を次回1月13日の吹上経理通信で配信しようと思います。



限定レポートの汎用化と集客コンテンツとしての再利用、といえる取り組みです。



従来の吹上経理通信と比べて、コンテンツを書き上げるためのコストが安く済んでいます。

1年前にトッププレイヤーたちにお送りした内容を若干修正して一般に公開する、というコンセプトです。


元となる限定レポートは1年も前の情報ですので、当のトッププレイヤー(100万人超都市にある20名超規模税理士法人の創業者)にとっては

今では何の意味のないコンテンツに成り下がっていますが、まだまだコンテンツ自体の価値は残っているので、

web集客(Attention)のためにこれを再利用する考えです。


すでに限定個別レポートを受け取っている方々にとっては、一般公開するコンテンツを1年前に受け取っている、という

選ばれた感・ロイヤルティを感じていただくことになります。これもうちのポジションを確立する上で大事なやり方だと思います。
  

苦しいですけど、このルーティンを毎月ペースでやり抜くような人は成功すると思います。

私はできていませんけれど、4ヶ月ペースくらいでやっていこうと考えています。
  
  



[PR]
by hukiagekeiri | 2017-01-08 20:38 | 仕事 | Comments(0)

吹上経理支援を創業した人のブログです


by hukiagekeiri