テレマーケティング業務の最適化をコツコツ行ないました

吹上経理におけるBtoBテレマーケティングにおいては、

トークスクリプト(営業トークの台本)にコードを付して、会話の進捗状況や顧客の情報などをコードから導き出せるようにしています。

また、アプローチの結果に応じて、次のアプローチ方法や次回の接触時期を自動で提示するようにしています。


いま、例えば月曜日の午前11時にどのターゲットへどのトークスクリプトでアプローチをしたらいいのか。

それはファイルを開けば自動で掲出されますから、営業スタッフはPCの指示そのままにアプローチをすればいいだけになっています。


ムダを削ぎ落とし、最も成果の上がるアプローチを続けることができています。

また、トークスクリプトは随時ブラッシュアップを続けています。

時間、ターゲット、訴求ポイント、これらを改善し続けている限り、業界内での営業力の優位性は揺らぎません。

そのPDCAのスピードを下げないことが吹上経理に求められていることだと思います。


泥臭い新規開拓において業界のトッププレイヤーになること、そしてその地位を維持し続けること。

テレマにとどまらず、飛び込み営業も絡ませた突破力の高い新規開拓オペレーションを実現したいと考えています。
  
  
  


[PR]
by hukiagekeiri | 2017-06-04 22:14 | 仕事 | Comments(0)

吹上経理支援を創業した人のブログです


by hukiagekeiri
プロフィールを見る
画像一覧