人材確保の手段としてのM&Aについてコラムを書きました

e0066235_00305508.jpg

急成長している中小企業においては、採用が大きな課題であることは周知の事実かとおもいます。


求めている人材の質は高く、採用で妥協はしたくないのだけれど、

そのレベルの人材は自分の会社に見向きをしてくれない。

そんな落胆で途方にくれている社長が多いのではないだろうか。



昨今の採用難ではまともに戦える人材さえ見つからない。

というのが実のところかと思います。


私がM&Aの仲介提案の際にお話をして、しばしば相手の社長の反応が新鮮なものが

「人材確保としてのM&A」というキーワードです。

多くの中小企業にとって一番のボトルネックとなっている人材。

この重要なリソースをたちどころに供給してくれるのは、会社組織そのもの。


そんなお話を吹上経理通信でご紹介しています。


  
  
  

[PR]
by hukiagekeiri | 2017-10-13 00:31 | 仕事 | Comments(0)

吹上経理支援を創業した人のブログです


by hukiagekeiri