2009年 10月 10日 ( 1 )

昨日、NHKのトップランナーという番組で、

バレエダンサーの中村祥子さんの特集がされていました。


壁にぶち当たったり悩んだときにどうしているか、という問いに

「あきらめないこと」

と言っていたのが印象的でした。


これを説明する中村さんの言葉がとてもよくて、

私も毎日壁にぶち当たっている。

でも、もうちょっとのところを頑張っていると、ふっと見えてくるものがある。

そういうことを知っているので、それを信じてあきらめないようにしている。


というような話をしていました。



もしかしたら、ディテールの1つ1つの 「あきらめない」 で、相当な差が付いてくるのではないか。

そういう風に思います。


真実は自分のすぐ近くに横たわっているのにもかかわらず、

それをつかみ取れない、気づきもしない。

というのは、自分自身の心が霞んでいたり、霧がかかっているからなのかもしれません。
[PR]
by hukiagekeiri | 2009-10-10 17:42 | 仕事 | Comments(0)

吹上経理支援を創業した人のブログです


by hukiagekeiri