カテゴリ:うれしいこと( 98 )

県が運営するITベンチャー企業育成施設のあいちベンチャーハウス

e0066235_8293896.jpg


薄々の配達記録で郵便が届いたので 「あー落ちた」 と思ったんですが、

中を開けてびっくり。

県知事様からありがたい入居決定通知。


「この事業計画は無謀だよ!」 とか

「他人のふんどし担いで事業するわけ?」 とか

散々詰められたんですが、何故か審査通過。


年内に事務所移転します。

移転先は新栄の駅南です。


今後弊所はソフトウェアの導入支援に本腰を入れていきます。

ですが社名は変えずに経理支援です。


で、やっぱり皆さんに言われました。

「新栄の事務所なのになんで吹上経理支援なの?」


‥‥



すみません。。。

より一層ややこしくなりますね。。。
[PR]
by hukiagekeiri | 2008-09-26 08:49 | うれしいこと | Comments(0)

ラクティス申請通過踊り



株式会社ラクティス(仮名) の融資申請通過を祝して

【 ラクティス融資申請おめでとう踊り 】 を躍らせていただきました。


デリケートな案件の記念踊りを許可いただいて社長に感謝です。

私も腹を括っています。

ご一緒に事業を拡大してまいりましょう!


→ すべては関与先様の利益拡大のために。 吹上経理支援。
[PR]
by hukiagekeiri | 2008-03-07 21:28 | うれしいこと | Comments(0)

スタッフ戻る、俺どもる

以前勤めてくれていたスタッフが、スポット勤務で助けてくれることになりました。

手塩にかけて育てたスタッフです。

新しい編成でも、きっとすぐに戦力になるでしょう。


今日は跳び上がるほど嬉しい。


とは言え、これからも主役は既存のメンバーです。

メインで業務をこなし、キツめの仕事にも嫌な顔一つせずがんばってくれる彼らは

報われなくてはならない。

スポットのスタッフには、地味な汚れ仕事もお願いするかもしれない。


でも、彼女なら大丈夫そうだ。

しんどい時期も一緒にやってきたので。


今年で一番嬉しい。
[PR]
by hukiagekeiri | 2008-02-05 16:46 | うれしいこと | Comments(0)


人材紹介を手がける関与先様の 「株式会社トゥールーズ」様(仮名)

初マッチングを祝して、


「トゥールーズ 初マッチング踊り」 を踊らせていただきました。


これからがとても楽しみです。
[PR]
by hukiagekeiri | 2007-11-22 14:41 | うれしいこと | Comments(0)

オルゴールと経営計画



とある提携税理士にオルゴールを頂いてしまいました。


今回の会社設立案件につき、税務代理等をお願いしている税理士先生です。


提携行政書士とも協業が滞りなく進みました。

これで、個人事業から法人設立へ向かう関与先様へのバックアップは

一本の筋が通ったと自負しています。


協業する各セクションが頼もしくなっています。

また、近々にも労務支援サービスに関するリリースができそうです。


若干軌道修正していますが、

創業1周年の日に描いた目標は、少しずつ実現に向かっています。

「名古屋で中小企業の経理アウトソーシングN0.1企業」

「税務・労務 部門を伴わせた総合的な経営支援の展開」



付け焼刃ではない、実効性の高いサービスを。

そのためにも、

本丸である経理支援を強化せねばと思っています。


創業3周年をリミットにおいた、2007年短期経営計画

① 関与先数 100社到達

② 社会保険労務士法人設立

③ 労務支援商品の発売


リミットまで残り  28日

稼働日ラップは  19日
[PR]
by hukiagekeiri | 2007-11-15 18:23 | うれしいこと | Comments(2)

七五三

かわいい姪っ子が七五三ということで、親族でお祝いをしました。

慶弔関係は、独り身の私にはよく分からないことも多いのですが、

「休みの日に大人が揃って顔を合わせられる」

というのはいいことだな、と思いました。


姪の成長が、私たち親族の関わりをも深くしてくれる。

それだけで親孝行なことだな、と思います。


地域の繋がり、家族の繋がりを目の当たりにするほど、

「商売に埋没する自分は本当に正しいのかな?」

と考えさせられています。


家族や地域で様々な役割を担うようになる、30代。

なれば アクセル全開で事業拡大に集中できるのも あと1~2年。

そんな風に思います。


悔いなく30代を過ごせられるか?

じゃぁやっぱり、走ることのできる今のうちに走り切るべき、と思います。

自由ヶ丘で業務再開です。

日曜日から先手を打っていこうと思います。


今週は

法人決算2社。

新規事業の打ち合わせ2社。

新規のお客様への説明会。

法人設立の打ち合わせ。


付加価値の高い仕事こそ、自身を鍛える糧となる。


必死さが問われているんだと思います。
[PR]
by hukiagekeiri | 2007-11-11 17:16 | うれしいこと | Comments(0)

「会社の方向性からすると今後、あなたの業務がなくなってしまうかもしれない

 でも、何かしらの形で今後も仕事をお願いしようと思う」



関与先様から頂いた言葉です。


ありがたい限り、と思います。


弊所の業態は

小規模な会社にフォーカスしているため、

当然、大きな会社への関与は難しくなります。


関与先様が成長を続けた場合、

最終的に提供できるサービスは、 

弊職自身の財務判断情報提供が残るのみです。


あまりに早い関与先様の成長スピードに、

弊所が息切れして追いつかなくなった場合は、

潔く退くのみ、と覚悟しています。

関与先様の成長の足かせになってはならない。


そんな中、冒頭のようなお話をいただけたというのは非常に粋に感じています。


また、弊所も拡大を続けねばならない、と思います。


起業したにもかかわらず、志が折れ、脱落していく人を見るたびに、

私は違う、そうではない、 と思いを新たにします。


死ぬまでやれよ、死なないから。


結局、夢の実現ってシンプルだと思います。


大事なことは想うこと、想い続けること。
[PR]
by hukiagekeiri | 2007-11-05 20:48 | うれしいこと | Comments(0)

ハミルトン黒字踊り



関与先様の 「株式会社ハミルトン」様(仮名) の単月黒字を祝して

「ハミルトン黒字踊り」 なるものを踊ってみました。


涙を流して笑っていた社長が 「ブログでアップしてください」 というので、

恥を忍んで公開します。


(関与先減るんじゃないか‥)
[PR]
by hukiagekeiri | 2007-10-30 15:49 | うれしいこと | Comments(4)
とある税理士の方とお食事を一緒にさせていただきました。

税理士法人と社労士法人を擁し、名古屋でも知名度の高いであろう、

とある税理士法人の代表の方です。


実は弊職は、弊所創業期だった2年ほど前からこの税理士の方のブログは読み続けていて、

それが今回、ひょんな拍子でお会いする機会となったわけです。


お会いするまでの印象は、

ソリッドで、ストイックな「経営者」。

しかし、予想に反して とても気さくな方でした。

会社の雰囲気も覗き見させていただきましたが、共感の持てるものでした。


人物評として

普段私はめったに人をよいしょしたりしませんし、

そういう風に捉えられるのも大嫌いですが、

ご本人様にもお伝えしているのでいいかな、と思うので書いておきます。


これまでお会いした税理士の中でも3本の指に入る

という感です。


さて、


反して、先方は

「もっとギラギラしてると思ったよ」

残念ながら拍子抜けしたご様子でした。


コレは最近よく聞くところでして、

今はもしかしたら

私自身よりも、弊所の名前だけが一人歩きしているのかもしれません。


とは言え、素晴らしい出会いに感謝です。


頑張らなくちゃ、と思います。
[PR]
by hukiagekeiri | 2007-09-05 00:22 | うれしいこと | Comments(0)

歓迎会

e0066235_3515628.jpg


新入スタッフの歓迎会として、伏見のヒルトンで食事してきました。

源氏 という和食のお店です。


食事をする場所で目に付くところは、

やはりサービス。

私自身勉強になりました。


ホールの和服のお姉さんをみて

ウチのスタッフが、「あのお姉さんキレイですね」

と、まるで男のように耳打ちしてきます。


‥‥




ちょっとまて。

私にどう反応しろと?


「そんで、あのお姉さんには 勝った?負けた?」


と冷やかしてみると

「やめてください!」

と、苦笑してました。


が、

「負けた」とは言いませんでしたw


女の戦い、ここでもか‥


まぁ冗談はよしこさん。


2人のスタッフを見ていると、安心します。

今後、所内のスタッフが増えたとしても 彼女たちにならば任せられるかもしれないな。

そんな風に感じます。


歓迎会というのは決して、入社してくる人に対して何かを希望し、注文するものではないと考えています。

忠誠心や長い勤務を期待するのではない。


逆に、受け入れる側に その「覚悟」を促す会であると思うわけです。

歓び、迎える 会ですもんね。

そういう視点からすると、

彼女たちには、吹上経理チームを作れる力を感じます。


小規模事務所のウチにとって2人の採用は、ともにラッキーパンチ。

「やっぱり、俺にはもったいねぇな。」

帰りのタクシーの中で、そんなことを思っていたのでした。
[PR]
by hukiagekeiri | 2007-08-21 03:55 | うれしいこと | Comments(0)

吹上経理支援を創業した人のブログです


by hukiagekeiri