カテゴリ:利益極大化計画( 21 )

利益極大化計画の始まりはヒアリングから

e0066235_19225481.jpg


弊所が行なっている、 「利益極大化計画」 ですが

最初はヒアリングから進めさせていただきます。

「事業を通じて何をしたいのか」

というところをお聞かせ下さい。


e0066235_16114571.gife0066235_16115742.gif<こうしたいんだよね!


大まかな流れは

ヒアリング
  ↓
SWOT分析
  ↓
販路のセグメント分析
  ↓
販売戦略の策定
  ↓
実行
  ↓
効果測定
  ↓
販売戦略の再度策定
  ↓
実績の評価
  ↓
レポートの作成


このような流れで行ないます。


っと、図で示した方が分かりやすい。

このブログにも利益極大化計画のタグを作った方がいいかもしれません。


カテゴリを順に読んでいけば、どんなことが可能なのかがわかりやすいですものね。

ということで作りました、 

→ 利益極大化計画のタグです。 利益極大化計画の内容のエントリーが集まっています。

図が多くて分かりやすいです。
[PR]
by hukiagekeiri | 2008-11-08 16:22 | 利益極大化計画 | Comments(0)

PDCAサイクルの A です

e0066235_19225481.jpgさて 「利益極大化計画」 も大詰めです。

PDCAサイクルで例えると A の部分に移ります
 


e0066235_1955420.jpg 今日のミッションは 「再度実行せよ」 です。


今日の内容もデキる経営者には当たり前の内容ですのでもしかしたら得るものはないかもしれません。

そんな方のために、記事の下のほうで 今日お会いしたとあるベンチャー社長のお話をしています。

是非ともそちらをご覧下さい。


さぁ今日の内容です。

繰り返して恐縮ですが、 PDCA の A の部分ですね。
e0066235_1964139.jpg


効果測定で得られた情報を元に、改めて販売戦略を練ります。
e0066235_1993061.jpg


利益率や広告のレスポンス、受注率の高かったセグメントがあるはずです。

また、新たなニーズが掘り起こされたセグメントがあるはずです。

そこに対するアプローチをしていきます。

この辺りは社長であるあなたが一番よくご存知のはずです。


そして、再度アクションに移りましょう。

今回の販売戦略は、前回よりも利益に近いところで動けているはずですよね。

e0066235_19153644.jpg


どうでしょうか、これが弊所でご提案している 「利益極大化計画」 です。


要約すると、

【 セグメントごとの顧客管理を軸点においたPDCAサイクルの実行 】

なのです。 決して難しいことをしているわけではありません。

こういうフォーマットをご用意することで合理的に計画を行なっていくことが可能です。


もし経営計画を具体的に行なっておられない方がおられたら私にお力添えさせてください

70社との中小事業者とのお付き合いのある弊所ならではの旨みもあるはずです。


さて、余談です。

e0066235_16483179.jpg


名古屋のとあるITベンチャー社長とお会いする機会がありました。

志高く、上場に向けて邁進中です。


その社長にこんなことをお伺いしました。

「目の前にある課題に向かう視点と、上場を目指した大きなビジョン。

 その両方の視点で物事を考えるのは、頭の切り替えが難しいのではないでしょうか」



そのベンチャー社長の回答は以下のとおり。


「常に数年後のことを考えているので、切り替えるという発想ではないですね。今の現状を見て

 【 数年後のことを考えたらこんなことやってたらいけない 】 と妥協しながら進んでいるといった感じです。」



なるほど。

ここで私ごときがうんちくを書くよりも、

経営者同士、読んだ皆さんが何かを感じていただければそれが何よりと思います。


さて、今日の面談では

久しぶりにとある方と再会もし、とても意義深い一日でした。

なんだかご縁を感じる会社です。


吹上経理を変えていこう。

私自身を変えていこう。

そんな風に思っています。
[PR]
by hukiagekeiri | 2008-08-25 19:52 | 利益極大化計画 | Comments(0)

セグメント情報を吸い上げる

e0066235_19225481.jpg


今日は 「利益極大化計画」 の説明の続きです。 

PDCAサイクルの C にあたる、効果測定はどのようにするのかについてです。

e0066235_19234234.jpg


e0066235_2395328.jpg大まかな内容は 

「結果を検証しましょう」 というミッションで以前ご紹介していますので

そちらをご覧いただくと参考になると思います。



さて、 PDCAサイクルの 「D 実行期間 」 で販売戦略を実行に移した後のお話です。

ただやみくもに営業活動を行なうのではなくて、随時情報収集を行なう必要があります。

これはどこでもやっていることですよね。

e0066235_19245411.jpg


「利益極大化計画」 では、情報の吸い上げを効率よくフィードバックする為に、セグメントごとに

その結果をまとめていきます。


吸い上げる情報を具体的に挙げると、

1.売上高

2.粗利益

3.投入広告費

4.受注率

5.その他のニーズ

が考えられます。


つい先日、とある関与先様で営業現場の資料を拝見させていただきましたが、

それは 日報 (日記) になっています。

文字がびっしり記入されていて素晴らしいと感じましたが、

【データ管理・活用】 という意味では 「文字情報だけで使えるのかな?」 という感想です。 

でも、管理や活用ができていればまったく問題ありません。


繰り返しになりますが、こういったことはどこでもやっていることですよね。


また、 「効果測定」 の3ヶ月では、業務フローの見直しの効果も検証します。

業務フローの見直しとはどのようにするのか、というのは

8月の上旬にエントリーしたものがありますのでご参考にどうぞ。


さて、組み直した業務フローも 「実行期間」 で効果があったのか。以下のようにチェックします。

e0066235_1925586.jpg



これは図に書くと一見簡単そうですが、そんなたやすいものではないと思います。

もっとドロドロしていて大変な作業でしょう。 

ですが、やればやるほど効果はあるはずです。


こうやってご説明すると、効果測定に3ヶ月掛かるというのはご理解いただけると思います。

この頃には膿がバンバン出てきていると思います。


今日はここまでとさせていただきます。
[PR]
by hukiagekeiri | 2008-08-23 20:07 | 利益極大化計画 | Comments(0)

SWOT分析を使って月次の打合せ

e0066235_20192736.jpg利益を拡大するにはどうすればいいか。

このブログはいまそんなテーマで更新しています。

さて、今日はPDCAサイクルの 「プランニング」 についてのお話です。

e0066235_17253957.jpg



弊所が経営について関与先様と一緒に考える時は、

まず第一に現在の経営状況の確認として、SWOT分析を用います。

e0066235_19285219.jpg


自社のことは社長が一番深く考えていますし、自社のことを一番よく知っているので、

改めてSWOTを書き出しても

「あぁ、そりゃ当たり前だな」

「ずっと前からひらめいていたよ」

ということが多いと思います。

いや、そういうことばかりのはずです。


そういうときに部外者からああだこうだ言われても ↓

e0066235_19324964.gif 

会社のことも知らないくせによく言うよ。。。
となります。

私自身もそう感じた経験があるのでよく分かります。


私としては社長に考えをまとめてもらうつもりで行なっているので、

基本的には社長の口から出た言葉を書き込んでいくことにしています。

こういったシンプルなフォーマットは、社内での月例会議などでも使っていると思いますが

後に残すことができるし、第3者に説明しやすい良い資料になりますね。


SWOT分析のひな型をお持ちでない方で、1人でこっそり行ないたい人のために、

⇒ かんたんSWOT分析 という便利なツールがあります。 案内ページはこちら。


これには、部外者にああだこうだ言われないメリットがあります(笑)

ネットからちょこちょこ買っていただいています。

いつもありがとうございます。
[PR]
by hukiagekeiri | 2008-08-22 19:55 | 利益極大化計画 | Comments(0)

PDCAサイクルの D の部分です

e0066235_20192736.jpg利益を拡大するためにはどうしたらいいのか。

そんな内容でエントリーを進めています。

さて、弊所の「利益極大化計画」 の 「実行期間」 の説明です。

e0066235_16322176.jpg


これは 8/4 のエントリー 「アクションをかけよ」 に説明がありますので、

もしご覧いただいていない方はご一読下さい。


これは何の実行期間というと、

① 業務フローを見直して再度組み上げたものを実行する。

② 勝負セグメントでの拡販を実行に移す。

の2点を行なう期間です。


ここで重要なのは、次の工程である 「効果測定」 につながるアクションが起こせているか。

その際は、セグメント表を用いたフィードバックを行っていきます。 ⇒8/6をご参照下さい


「利益極大化計画」 とは要するに 「全社的なPDCAサイクルを行なう」 だけのことです。

こういうことは社長ご自身が主体となって行なうべきことですし、

従業員との月例会議などの議題に上げれば面白いブレストになるでしょう。


これをわざわざ弊所と共同で行うメリットは何か。

それは、財務面での効果測定を行えることです。

というのも、

営業の最前線のことは現場スタッフが一番よく知っていることですが、

それを経常利益や資金繰りまで繋げるような 一気通貫の効果測定 は面倒くさい。

(デキる経営者はやってるはずですが)


そこをケアできるのが弊所の強みでもあります。


今日はここまでとさせていただきます。


e0066235_16325528.jpg


余談ですが、アクションを起こす際には

私としては 「一点突破」 ということを頭に置くようにしています。

経営資源が乏しい小規模事業者が複数のことをやろうとしても 「やれない」 のが実情と思います。

やったつもりで 全然できてない


余談でした。
[PR]
by hukiagekeiri | 2008-08-20 17:13 | 利益極大化計画 | Comments(0)

PDCAサイクルの P の部分です

e0066235_17352280.jpg


さて、「利益極大化計画」 では具体的にどのようにPDCAサイクルをまわしていくのか。


e0066235_17253957.jpg


ここの 「プランニング」 が明確でないと、結局すべてがうやむやになります。

「何となく事業やってる」

「今月も何とか黒字」

という程度です。


中小零細事業者のほとんどが役員報酬を払ったら赤字、という状況で、

これはこれで素晴らしいと思いますが、

日々のメシにありつくだけのために事業をやるくらいなら、サラリーマンの方が

どんなに楽でしょうか。


「利益極大化計画」 の最初の準備期間では、


・ 自分は何をするために事業を行なっているのか

・ 会社はどこへ向かうのか

・ 何をもって市場に訴えるのか


これを明確にしたのちに、個別の戦略を練っていきます。


・ 自社の強みは何か

・ 既存の販路と顧客の洗い直し

・ 勝負するセグメントの決定


こういったことはデキる経営者は誰でもやっていることなので、

そういった場合はあえて弊所がご案内することもありません。 

また、経営者の会やセミナーではこういったことを経営者同士で行なっています。


こういった、 「誰でもやっていること」 をもし御社がやっていないとすると、

それは非常に危機的状況ではないか、

そう思うわけです。
[PR]
by hukiagekeiri | 2008-08-18 17:49 | 利益極大化計画 | Comments(0)

PDCAサイクル

さて、利益拡大のためにはどうすればいいのか。

そんなテーマでエントリーを続けています。


今日の内容もデキル経営者には 「へそが茶を沸かす」 程度の内容ですので、

そんな方のために記事の下のほうに面白い情報を紹介しています。

どうぞそちらをご覧下さい。


「利益極大化計画」 のスケジュールは以下のイメージで進んでいきます。

e0066235_19481324.jpg


いわゆるPDCAサイクルを会社全体として行なっていくわけです。


1ヶ月や2ヶ月で会社を変えようという無茶な話ではありません。

こういったことには、相応の準備期間と実行期間が必要です。



さて、名古屋のとある税理士法人の代表のブログがここ2~3日とても面白いので

紹介します。

⇒ 「事業を始める」 スプラウト!~芽生えたら育てようね~  08.08.15

弊所と提携関係にあるとかそういうわけではないですが、

ブログは営業日毎日更新してて多彩で多才な方のようです。
[PR]
by hukiagekeiri | 2008-08-15 20:03 | 利益極大化計画 | Comments(0)

SWOT分析とセグメント分析をどうつなげるのか

e0066235_20192736.jpg 利益を拡大するためにはどうしたらいいか。

 をテーマにしてエントリーしています。

 ちなみに [フキアゲ] の頭文字が [h]なのは、創業時の私のスペルミスです。

決して 日高「hidaka」 の [h] ではありません。


e0066235_18204917.jpg 今日は

「販路を把握せよ」について補足です。


e0066235_20193548.jpg



SWOT分析は多くの人が行っていると思いますが、

私はこのような使い方をおすすめします。

セグメントごとにSWOTの要素を塗り分けていくと、可視化が進んでイメージが

しやすくなります。



さて、余談です。

e0066235_16483179.jpg


もうすぐ30を迎えるところです。

今日は1つ、20代にやり残していたことをしました。

後悔はせぬようにしていきたいですね。


何のこっちゃ、という感じで申し訳ないのですが自分が忘れぬように書いておきました。


さて、仕事では

400時間稼動を20代のテーマにしています。

残り時間が限られているので、7日で91時間稼動に変更しました。

現在目指しています。
[PR]
by hukiagekeiri | 2008-08-11 20:36 | 利益極大化計画 | Comments(0)

利益極大化計画の実行スケジュール

e0066235_1431973.jpg


これまでは関与先様限定だった 経営支援のサービス 「利益極大化計画」 ですが、

一般にもご提供を開始する予定です。

e0066235_14343322.jpg


タイムスケジュールはこのようになっています。

このブログでも 7/27 から

e0066235_18204917.jpg

この札のついたエントリーが何度も出てきていますね。

これが 「利益極大化計画」 のエッセンスをまとめたものです。


この、「利益極大化計画」ですが、

一般のリリース前に 試供版 をどなたかにご提供したいと思います。

ご意見などを頂く、モニタを兼ねて頂きますのでお安くご提供できます。

ご興味ある方は 弊サイトの問い合わせフォーム から

「利益極大化計画の試供版を検討したい」 と添えてください。

弊職にて直接ご説明させていただきます。 

(クロージングはしませんのでご安心下さい)
[PR]
by hukiagekeiri | 2008-08-10 14:56 | 利益極大化計画 | Comments(0)

いわゆるPDCAサイクルというものですね

「利益を拡大する為にはどうしたらいいのか」

そんなテーマでエントリーしています。

2日前のエントリーの続きになりますので、 「そんなの忘れちゃってるよ」

という方は このエントリーを読んでおくといいと思います。

e0066235_2395328.jpg 
さて、今回のミッションは 「結果を検証せよ」 です。


戦略を立てて勝負セグメントでアクションを起こしたら、そこでの情報をまとめしょう。

誰でもやっていることですね。

e0066235_23102848.jpg


セグメントごとに、広告のレスポンスの率や受注率、粗利益などを書き出していきます。

それを元に、再度営業戦略を立て直します。

今度の計画は、当初の計画よりもより深く、より正確になっているはずですよね。

e0066235_23104521.jpg



勝ちにいきましょう。


今日はここまでとさせていただきます。


日付が変わりますね。

もうひとがんばりといったところです。


スタッフがお盆休みに入りますが、私自身は 「お盆フルスロットル」 といった感です。

学生時代の友人に会いたいと思いますが、どうでしょうか。。。
[PR]
by hukiagekeiri | 2008-08-06 23:32 | 利益極大化計画 | Comments(0)

吹上経理支援を創業した人のブログです


by hukiagekeiri
プロフィールを見る
画像一覧