<   2006年 01月 ( 49 )   > この月の画像一覧

切なる想い

懇意にさせていただいている社長からメール。

当社の現況は、このままいくと、
閉める日を待ちながら、どこまで延命できるのかを待っているような状況です。

だからこそ、今どうにかしようとあがいてます。



やってもやっても、なかなか実にならないときもある。悔しくって悔しくって眠れない夜もある。

それでも今の荒波を乗り越えていこうという、悲壮な覚悟。

社長という職業はそういった、人には言えぬ苦しみをグっとこらえて進んでいく。

涙が出そうになった。

頑張って!頑張って!!
[PR]
by hukiagekeiri | 2006-01-31 20:03 | 仕事 | Comments(0)

販売計画

e0066235_122054100.jpg


関与先様から連絡が入る。

「せっかくスピーディーに財務資料が届くので、販売計画もしっかり立てていきたい」


いいね、これ。 すごくいい。

1ヶ月分の目標値と実績値を照らし合わせて、(翌月のなるべく早い時期に)

まずは修正点を、

次に自己実現の到達目標を

それぞれ再設定して次の月の短期的な目標値への行動を開始する。


全社的な販売目標も、できれば一週間のスパンで目標設定したい。

稼働日5日ごとに問題をあぶり出し、修正し、再度行動に移る。 


それが本来の小規模事業者の利点。
[PR]
by hukiagekeiri | 2006-01-31 12:22 | 仕事 | Comments(0)

ダイヤル式電話

「テレアポを教えて欲しい」

知り合いの店舗オーナーからそんな電話が入ったので、朝イチで訪問。

最近の仕事の調子についてあぁだこうだ言いながら、テレアポ開始。

とりあえず私の電話の仕方を見せるだけのつもりだった。 のだが、ついつい熱くなってしまい

掛け続ける事に‥

丁寧に事業者リストも持って行ったので、ドンドコ進む。


ふとオーナーを見ると、


‥‥


見てるだけ


‥ おいおい。


私はどうも、電話番号があると無性に掛け続けてしまう。しかもココの電話機、懐かしの

ダイヤル式の電話。 丸い輪っかをジージー回すアレだ。

人差し指が疲れるね、これ。

なんだかルーティーンワーク気味になりつつも電話をかけ続ける。

そこでオーナー。衝撃の告白

       ↓

テレアポ中悪いけど、オレ、飯食っていい?

       ↑

‥‥





いいよ。


ということで結局夕方4時までそこにお邪魔することになった。

さすがに無料とはいかないので、きっちり請求させてもらったけれど、当の本人、テレアポ

できるようになった?


さて、虚しい雨に打たれつつも荒畑のポケットカフェへ夕食をとりに行く。

e0066235_1936283.jpg


いつも楽しいおしゃべりの時間

場が和む一言、安らぐひととき。

それには優しさと思慮深さとが必要だなぁ
[PR]
by hukiagekeiri | 2006-01-30 19:44 | 仕事 | Comments(2)

無料について思う


e0066235_2139357.jpg

さて今日、とある社長さんから電話。

こちらが繁忙期で、予定を組むのにに苦慮していると、

「おぉ、忙しそうで何よりだね、ウチは危ないよ」

そうなのか‥ アブナイ。

でも、こればっかりはなんともできない。私まで人の借金背負うわけにもいかないから。
(一度、連帯保証人を承諾したこともありますが)


最近、サイバーエージェントの藤田さんの過去の日記を読んでいる。

創業間もない私には気付きがいっぱいなのだけれど、そのなかで

「カネに欲がない人はある意味、顧客志向というよりはむしろ自己中心的で、責任感が欠如している」

という話題が書かれていた。

⇒ 1999年2月18日 サイバーエージェントCEOメッセージ

あぁ‥ コレ、俺だ。 そう思った。

コストに見合う利益が見込めないとわかった場合、無料にすることでコスト自体を避けてい

る。 もしココで「アレもしたい、コレもしたい」 と言われたら、とてもじゃないけれど無料では

できない。


無料サービスについて、とある店舗オーナーから、今日もお礼のメールをいただいた。

これはとても嬉しい。良いご縁があったなぁと思う。

でも一方で 「私どうしたらいいんですか? 日高さんはどう思いますか」

と、自分では何もせずに何もかも私頼みになってしまった悲しい事業者もいる。

私の無料サービスは、相手に力があることを前提に、そこから信頼を得るために行なってい

るもの。

打算的なgive&give

あくまでも新規開拓の一環だと割り切らないといつまでもずるずる長引いてしまう。

これを商売の一環と考え出したり、仕事への姿勢と勘違いすると

顧客志向というよりはむしろ自己中心的で、責任感が欠如している

となる。

傷の舐めあいをしている場合じゃない。 フィールドを一つ上へ。
[PR]
by hukiagekeiri | 2006-01-29 21:40 | 仕事 | Comments(0)

営業スタイルの不備

e0066235_1240355.jpg


これは創業時から使っている地図。

オレンジ色に塗られているのが訪問で廻った地域。ちょうど右上に固まって塗りこめられて

いるところがあるけれど、ここが栄周辺。

創業時

当時かわがってもらっていた社長から1件話をいただいていただけれど、それ以外は

どこにもつてがない状況でのスタートだった。

で、決めたのが

【 名古屋の地下鉄の駅周辺をすべて廻って、それでダメなら廃業しよう 】

そうして訪問営業を始めて8駅目くらいかな。 飛込みで決まった。


見込み客の再訪問。いわゆる再訪型の営業には、実は効率を感じていなかった。

300廻れば1件取れる、というのは自分の持論にあって、見込み客への再訪問に時間をかけ

るよりは、それを飛び込みの件数を稼ぐ時間に回したほうが受注を多く取れる。

そういう思惑があったから。


63ある名古屋の地下鉄駅のうち、今廻ったのは38。

この調子でいくと今年中には廻りきってしまう。

守山区や南区など、まだまだ廻ることのできる地域はあるのだけれど、今のローラー式の

営業スタイルは長くは続けられない。


さて、 どうするか

見込み客への継続的な訪問のフローを作成した。

そこで重要なのは「有効訪問」にすること。 毎回毎回必ず商談を進める。

見込み客に断れるのってとっても痛い。ヘコむ。 

準備して、そのために時間とって、その結果ダメなんだから。

この痛みから逃げてたんだよね、きっと。


繁忙期が終わり次第、再訪型の営業にシフトしていこうと思う。

そこで掘り起こす需要は、経理代行ではなくウチの新商品。

塗り固められたと思った地図が、またまっ白になる。



さて、名古屋の店舗経営者やオーナーを紹介する 「この人 この出会い」

今日、新しくオーナーをご紹介します!

「古着屋INDIES」 志田さん

⇒ 「この人 この出会い」で早速チェック!

[PR]
by hukiagekeiri | 2006-01-28 13:28 | 仕事 | Comments(4)

解散

法人の解散の案件が出て、現在諸事情を鑑みて準備中。

ココは力をいれるところだと思う。

繁忙期とはいえ、こういう案件を最善の策で、正確に、迅速にやり切ることで、次の

段階に進むことができる。

かけがえのないプロになろう。

そして大海原へ

e0066235_18451562.jpg

[PR]
by hukiagekeiri | 2006-01-27 18:48 | 仕事 | Comments(0)

陽のあたる方へ

e0066235_12585044.jpg

熱田区六番町にて

関与先様にお伺いする合間を縫って訪問営業

歩きだせば寒くはないし、今日はおてんと様も味方のようだ
[PR]
by hukiagekeiri | 2006-01-27 12:58 | 仕事 | Comments(0)

ターゲット再設定

これまで吹上経理支援は、個人の零細税理士事務所とほぼ同じ業務を行ってきた。

税務代理については税理士の独占業務なので、お客様ご自身で税務署に行ってもらったり

税理士に別途お願いしてもらっていた。

しかし、これはとても非効率。

経理処理と税務代理をセットで行える税理士と比べると、どうしても作業効率が下がる。

原価が割高になる。

最近は税理士もとことん下げている。 もう時給1,000円出ないアルバイトのような

時間単価のところもある。 小遣い稼ぎか。


このサービスって今後見込みある?


ここにいてはジリ貧になるばかり。生産効率を上げることと、迅速な対応で既存のお客さま

には継続的に一層のサービスを心がけていきたいが、別の切り口での業務を具体的に提

案していく必要も感じ始めている。

と、そこへ‥

IBCの社長が言っていた。

【かけがえのないプロになろう】

⇒ 株式会社IBC社長のブログを見てみる


私に置き換えれば、現在コアの業務である経理代行でお客様に満足していただく。

「顧客満足に終わりはない」 ので、いくら先細り感のある分野でも、突き詰めていけば

きっと勝ち抜ける。 そこに法規制のハンディキャップがあるとしてもだ。

逃げずにこれを極めるべきか。



さて、これは昨日の夕食。

e0066235_1845388.jpg

 
懇意にさせてもらってる社長とのおバカな話で盛り上がった。

まぁ半分は彼女のおのろけ話を聞いてただけなんだが。

ちょっとオチてたからさ。すごい楽しかったよ。

やっぱり気付いたら日付が変わってた。
[PR]
by hukiagekeiri | 2006-01-26 18:23 | 仕事 | Comments(0)

認めてもらうため

e0066235_12402644.jpg

押切の靴屋「靴のタイシン」さんに、コラム「この人この出会い」のお礼のご挨拶

若社長のご好意で靴べらを戴いてしまった。

ありがとうございます

「君は私の前でとても気持ちいい感じ。なので、どこに行ってもそういう接し方をしてるんだろ?」

いや、そうではないんだね。

実はタイシンさんに行く前のアポで、新規の税理士との提携の目論みがツブれてたんだね。

落ち込んだな。

でもタイシンの若社長に会って元気づけられた。

気持ち良かったのはコチラのほうだったんだね

そういう人達に随分救われている気がするな。

ありがとうタイシンさん!

さて、帰りぎわタイシンの若社長は言う。

「無料って言われると、逆に不安になるよ」


うーん、やっぱりそうなのか

ショック
[PR]
by hukiagekeiri | 2006-01-25 12:40 | 仕事 | Comments(2)

寒波

昨日に続いて今日は寒いね。

公園にて

寒さに凍え一同にかがみ込むハトたち。

e0066235_18363271.jpg


みんな、ちょっと気合足りないんじゃないの。

いや確かに寒いけどさ みんなは持ってるじゃん、羽毛。

それけっこうあったかいと思うよ。

寒いときほど胸を張ろうぜ。 きっとかっこいいぜ。

ハトムネって言うじゃん!
[PR]
by hukiagekeiri | 2006-01-24 18:50 | その他 | Comments(2)

吹上経理支援を創業した人のブログです


by hukiagekeiri