<   2007年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

7月総括

7月が終わる。

今月は「足踏みの7月」


事務所内の整備に追われ、新規開拓はその名のとおり【足踏み】となった。


が、事務所の生産性は再度向上し始めている。

今はただ、地道に愚直に、バックヤードの基盤固めを進めること。

クルマでいうところの、「慣らし運転」が続いています。


吹上経理支援、2007年短期経営計画


1.関与先数 100社到達

2.社会保険労務士法人の設立

3.労務支援商品の発売


経営計画リミットまで、残り135日

稼働日ラップは93日


見るたびに吐き気がするような計画だが、負けずに折れずに向かい続けたい。
[PR]
by hukiagekeiri | 2007-07-31 09:52 | 仕事 | Comments(0)

キーホルダー


e0066235_8192776.jpg

税理士事務所勤務時代に、同僚が海外旅行のお土産にくれたキーホルダー。

壊れてしまいました。

何かのブランド物なんだそうです。


私は当時、まだ可愛げのない生意気な小僧で、

「喜んだ顔見せると負け」 と思ってました。

その時にあまりお礼を言えなかったので、先日

伊藤美咲にチョイ似の元同僚に

改めてお礼メールを打っときました。


が、


返事も来やしませんw

あんにゃろぅ‥


次のキーホルダーを探していますが、

たぶん、2~3ヶ月は悩むと思います。


皆さん、携帯ストラップやキーホルダー。

こだわりとかありますか?
[PR]
by hukiagekeiri | 2007-07-30 08:19 | 残念なこと | Comments(0)

強い組織

e0066235_1022592.jpg


先日も紹介した

「37歳 東証1部ベンチャー役員の日記」
最近、何度も訪問しています。


高い志は、人を惹き付ける。

特に、男の野心をくすぐるものでしょうか。


※このブログ、読んでいると この方がどこの会社で

 どんな経歴の持ち主か、次第に見えてきます。

 その瞬間、面白いですよ。


道を極めんとするストイックな姿勢。

ブレない軸点。


リーダーに必要な要素かもしれません。


これを鑑み

しばしば、マネージャーとしての自分を省みて

「私は部下に迎合しているだけなのではないか」

「部下に合わせて視点を下げているだけなのでないか」

そう思うときがあります。


鬼になりきれるかどうか。

詰まるところ、そこかな? と思います。

ただただ私は、独りになるのが怖いだけなのかもしれません。




離職率の低い、安定した組織をつくるのか。

それとも

生産性の高い、専門集団をつくるのか。


皆さんなら、どちらにしますか?
[PR]
by hukiagekeiri | 2007-07-29 10:03 | 仕事 | Comments(0)
e0066235_10172519.jpg


八事にある文具店

クリアポケットが必要で立ち寄りました

品のいい奥さんが丁寧に対応してくれます


ひょっこり方眼ノートを買いに来た少年にも

「またいつでもいらしてね」

と、昭和初期を思わせる口ぶり


私の方はというと

残念ながらお目当てのクリアポケットは見つかりませんでした。


が、


あれやこれやと親身になって探してくれた奥さんに

何かを残しておきたくて

90円のインデックスを1つ買って帰りました。


育ちのよさ


これはきっと、生涯身について離れないものなんでしょう。

そんな文具屋の奥さんの深い懐は

私に「心の置き場」を用意してくれていたようです。


こういうお店、最近なかなか見つからないですね。
[PR]
by hukiagekeiri | 2007-07-28 10:17 | うれしいこと | Comments(0)

経理コラム最終回

e0066235_12401628.gif


1年半続いた弊サイトでの連載でしたが、

今回が最終回です。

残念!!


最終回の今日は「減価償却方法の変更」です。
[PR]
by hukiagekeiri | 2007-07-27 08:30 | 仕事 | Comments(0)

ネクタイのクリーニング

e0066235_8115793.jpg


ネクタイって何シーズン使います?

汚れたら捨てちゃうよ、という人もいると思いますが、

私はどうも捨て切れません。

買うときに散々悩んでいるので、どうも踏ん切りがつかないわけです。


で、クリーニングに出すわけです。


一回 1,000円です。

思い切って買い換えちゃった方がいいかも、と思うときもあります。


ネクタイやワイシャツにもトレンドがあるので、あまり長く使っていると

違和感が出てきてしまいます。


スーツや靴は、良い物を選べばけっこう長持ちしますが、

こういう小物はそうもいかないようですね。


そういえばネクタイの傾向、また細めになってきたようですね。
[PR]
by hukiagekeiri | 2007-07-26 08:12 | その他 | Comments(0)

職人仕事


e0066235_8134962.jpg

最近採用したスタッフは、職人肌。

経歴も私より長く、弊所バックヤードにおけるコアメンバー候補です。

彼女に仕事を任せれば、事務所の仕事は回っていく。

それはとても楽です。


が、


それを私はしません。

「人に仕事をつけない」

ここ、とても重要だからです。


弊所が職人の集まりとなったら、税理士事務所に一生勝てない。 

人材派遣会社に一生勝てない。
 

経理支援を軸足におき、そこで頭一つ抜き出ること。

これが弊所の進む道です。

そのためには独自の生産ラインをつくらねばならない。


弊所のような会社は

「仕事に人をつける」 べきかと思います。
 

スタープレイヤーは中小企業に留まりはしないと思います。

人材の枯渇する中小企業こそ、マニュアルづくりは肝要かと思います。
[PR]
by hukiagekeiri | 2007-07-25 08:14 | 仕事 | Comments(0)

アポイントの時間


e0066235_5181057.jpg


仕事をしていると、取引先などに直接訪問することがあると思います。


皆さんはアポイントでの訪問時間はどこに設定していますか?

私は「ジャスト」


きっと早めに訪問する方もいると思います。

私も新卒の研修は5分前行動の徹底でした。


遅れて訪問は言語道断と思いますが。


「相手の会社の時計が早かったらどうしよう?」

「受付の取次ぎが遅れて本人と会うのが遅れたらどうしよう?」

早めに入りたい気持ち、よく解ります。


しかし私は、そこも踏まえ

敢えて 「ジャスト」 で訪問しています。


「14:00 にお伺いします」 と言ったら 14:00。

13:55 ではなく、 14:00。


相手は待つのも嫌ですが、途中の仕事を妨げられるのも嫌です。

5分前に訪問すれば、仕掛かり中の仕事を妨げてしまいます。


2分前では、中途半端。

なので、ジャスト。


そのためには、5分前には近くで待機する必要があります。

迷惑にならぬところで、時計を見てカウントダウンを始めます。

たまに社長に見つかって「そんなとこで何してんの?」と笑われますが、

仕方ないです。


そうすることで、なぜ5分前ではなくジャストで訪問しているかも察していただけると思います。

むしろそこが大事だと思います。



これも一意見です。

人それぞれ考え方やポリシーが違うので、一概に決めることはできないと思います。


皆さんはどの設定で入りますか?
[PR]
by hukiagekeiri | 2007-07-24 05:19 | 仕事 | Comments(0)
e0066235_8115395.jpg


近所の郵便局。

ここに、キレイなお姉さんがいます。

キレイなお姉さんが好きな私は、

郵便を出しに行ったり、切手を買いに行くのが楽しみです。


が、

難点が一つ。

「無愛想」なんです。

といっても、

この局の職員全体が、基本 無愛想(笑)


さて、事務所に戻り、とあるスタッフに話しました。



「ねぇねぇ! 郵便局のお姉さん、キレイだよね!」


スタッフ

「あの無愛想な人ですよね?

 う~ん

 男の人ってなんで顔で選ぶんですかね~」




「たぶん 根はいい人だと思うよ。」


スタッフ

「はー、所長はダマされやすそうですもんね‥ 
 悪い女に引っかからないか心配ですよ。」




「‥‥」



そんなダマされやすい私が選んだスタッフは、今日も元気に悪態をついていきやがりますw

(註) 基本、素直でいい子です
[PR]
by hukiagekeiri | 2007-07-23 08:12 | その他 | Comments(2)

必死になるということ

この記事を読み、思うところがありました。

37歳 東証一部ベンチャー役員の日記  【必死になるということ】

皆さんはどう思いますか?


私は、なるほど と思いました。


まず、前提として

私は弊所を、従業員の屍の上に成り立つ事業にだけはしたくないと考えています。

定時勤務でも利益が出るような

まっとうな仕組みをつくる「努力」はすべきだ、と。

ベンチャーという名前を借りた、労働力の酷使。

これは犯罪だ、とも思います。

※ 決して前述のブログを見て言っているのではなく、一般的な労働環境についてです。
  あしからず。
  

が、そんな 一見「甘さ」とも取れる意識が

事務所の成長を遅らせているのではないか?

そんな風に感じることがあります。


スピードについてこれない脱落者 が出ないのは、

弊所が「遅い」「甘い」からなのかもしれない。


創業者の皆さん、

労働の負荷はどの辺に設定してますか?



さて、余談になりますが

弊所のサービス案内ブログを作りました。

お知らせブログはアメブロでしたが、今度はライブドアブログです。


⇒「吹上経理支援」のサービス案内ブログ はこちら


これに先立ち、

弊所のネットメディアの概要を図に表しました。

ネット活用のイメージが沸かない方にはいい資料になると思います。

参考にどうぞ。

e0066235_9325889.jpg

[PR]
by hukiagekeiri | 2007-07-22 09:35 | 仕事 | Comments(0)

吹上経理支援を創業した人のブログです


by hukiagekeiri