<   2007年 09月 ( 27 )   > この月の画像一覧

9月総括

9月が終わる。

今月は 「臨界到達の9月」


本当に事務所の、自身の臨界点まで追い込まれた感がある。

事務所の生産性、自身の能力の限界をひしひしと感じています。


残念ながら、突き抜けることができなかった。

9月のミッション、

未達


人材確保が進まず、気を揉んだ1ヶ月だった。

私のイライラが、ブログや表情に出てしまっているかもしれない。

スタッフには要らぬ気を遣わせた。

悪いことをしたな、と思う。


営業活動は、新規受注やご紹介を頂いたり、オプションの受注を頂いたり、と

明らかに前進している。


課題は、事務所の生産性

ここを上げねば明日はない。


吹上経理支援 2007年 短期経営計画


① 関与先数100社

② 社会保険労務士法人の設立

③ 労務支援商品の発売


リミットまで、残り74日。

稼働日ラップは52日。
[PR]
by hukiagekeiri | 2007-09-30 12:08 | 仕事 | Comments(0)

心意気

関与先様にご紹介を頂きました。

今週、2件ご紹介が続き、非常にありがたいことと思っています。


経理の業務はご自身の腹の中をみせるものです。

他社への紹介は安易にできるものではありません。


ご紹介いただいて関与先とご縁が増えること、 

これも大変有難い事と思っていますが、

それよりも

「吹上経理を紹介しよう」 と思っていただけること、 

それこそが何より有難い事と思っています。


事務所で跳び上がって喜びましたが、

同時にピリッと気が引き締まる思いです。


また、先日当方からお断りをした法人関与先も、契約継続の方向での打ち合わせ

の依頼を受けました。

この案件は、考えた末の関与中止でしたが、お互いに納得できる条件であれば、

無下にお断りするものでもありません。


流れは止まらない


そんな風に思います。

社会に認められ、顧客に求められる事業であれば、それはトップの考えに関わらず

おのずと継続に向かっていくのだ、と。


ご紹介を無下にしない心意気、

より一層の社会性とクライアントメリットの創出、


自身の使命、と思います。
[PR]
by hukiagekeiri | 2007-09-29 13:10 | 仕事 | Comments(4)

男の器

サイバーエージェントの藤田社長のブログで、

⇒ 【会食中】 07.09.26 渋谷ではたらく社長のアメブロ

とある起業家が紹介されていました。
  

株式会社エージェント・テクノロジー・グローバル・ソリューションズ

高瀬 俊誠 社長


設立4期目にあたる、07年3月期で 年商30億見込み

30歳。 凄まじいな。。。

代表者挨拶もさることながら、創業メンバーの内田常務の紹介ページに

心震えました。


高瀬社長から内田常務への言葉です。

「万が一この会社が潰れても、徹郎にはそれ以上の道を用意してやれる自信はある」


こういう言葉が口から出るんだなぁ。

うかつにも涙が出そうになりました。



トップの器が、会社の器。

まさに真実かもしれない、と思います。


1ヶ月ちょっと経った、私の 29歳 と、

高瀬社長が昨年過ごした 29歳 。

差はいかほどのものか?


男っぷりは、

魂の持ち方一つで、 

どんどん どんどん 差が開いていく。
[PR]
by hukiagekeiri | 2007-09-27 19:46 | その他 | Comments(0)

一線を越える

e0066235_2025669.jpg


スタッフが事務所の掃除をしてくれました。


3時の休憩時間中に、なんだかごそごそして

「掃除機ありますか?」

と聞いてくるので、やむなく掃除機を渡しました。


業務中ではなく、休憩中に掃除するところが彼女らしいところです。

「悪いね」

と言ったところ

「(本来の業務ではなく、雑務をすることで)

 仕事の効率が落ちちゃってゴメンなさい」


と返ってきました。


最近買ったという服がホコリで汚れていました。


経理で雇った彼女には、無駄な雑務はさせたくありません。

トイレ掃除とか、雑巾がけとか、使い走りとか

そういう仕事をするために遠くから出勤してきているわけではないです。


最近の事務所をみて、彼女なりに思うところがあったのでしょう。


申し訳ないな、と思いました。

結局、すべてを決めるのは私の

私の至らなさそのもの、と思います。


彼女の屍の上に成り立つ事業にしてはいけない。


まだまだ私は 「死ぬまでやれ」 ていないのだと思います。


もっともっと、がんばらなくちゃ。
[PR]
by hukiagekeiri | 2007-09-26 20:53 | 残念なこと | Comments(0)

リミッター

9月も残り3稼働日。

ジレンマとイライラの募る毎日です。


課題は事務所の生産性。

これに尽きる。

とにかく、目の前のことに集中するしかないのかもしれません。
[PR]
by hukiagekeiri | 2007-09-26 00:22 | 仕事 | Comments(0)

ラスト4稼働日

お休みが終わりますね。

みなさんはリフレッシュできましたか?


私自身は結局仕事していたわけですが、普段より多く睡眠をとり

(と言うよりは寝てしまいました)

明日から再度フルアクセルで稼働日を迎えられそうです。


仕事を追い詰めてやりたいと思うものの、なかなか詰め切れません。

ここをやり切るかどうかで、事務所の効率がグンと変わってくるはずなのですが。


9月総括を 「やり切った」 と締めくくれるように、

ラスト4稼働日。


業務の密度を上げていこうと思います。
[PR]
by hukiagekeiri | 2007-09-24 18:34 | その他 | Comments(0)

サービスライン

昨日の件がきっかけで、思うところがありました。


記帳代行は結局、税務申告を前提とした やらねばならない仕事 であって、

それ自体に付加価値をつけることは難しいのではないか?


そこをこねくり回して、

やれ報告書作成だ、やれ訪問だ、やれキャッシュフローだ。


お門違いだったのではないか?


とある関与先様に言われました。

「アンタのとこのウリは、税理士事務所の手の届かない

 痒い ところまで手が届くところなんだと思うよ」



ニーズはまさにそこにあって、それは肌で感じるところです。

価格競争の激しい記帳代行分野から、

もっとニーズのあるところへ討って出るべきかもしれない。


実業家たれ

ベンチャーたれ


会計事務所型の経営から脱却せねばならない。

そんな風に思いました。
[PR]
by hukiagekeiri | 2007-09-23 13:11 | 仕事 | Comments(0)

形勢不利

着払いの郵便物が届く。

郵便局員のはずが私服のおじいちゃん。

嘱託なんだそうだ。

タメ口で「720円ね」と言われる。


大丈夫?安心して荷物任せられないよね。。。

「郵便局です」と言われても、ドアを開けるのが不安になる‥


ヤマトなら

制服着て、気持ちいい挨拶して、場合によっちゃぁカード決済もできる。


郵政民営化と共に、ヤマトにグンとシフトしていきそうだな。



※ アップしてから読み返してみると、おもっくそグチですね‥
  すみません。。。




いやみな記事を書いてしまいましたが、消すわけにもいかず、思うことを付記しておきます。

顧客の側に立つ。

恥ずかしながら、私自身ちゃんとできているのか不安なところです。


とある税理士法人の代表は、

言葉の端々から顧客側に立つ姿勢を感じる方でした。

それだけで、


「手を組んでもいいかな」


そういう風に思います。

ヤマトと郵便局を比して、ヤマトの方がいいよね

と、感じさせるチカラというのはまさにヤマト運輸㈱の

会社の地力

なんじゃないかと思うわけです。


弊所、吹上経理支援の発展もやはり

関与先様からの信頼を如何にいただけるか

に懸かっているのでしょう。


まだまだできること、やれることはあるようです。

立ち止まっている暇はないようですね。
[PR]
by hukiagekeiri | 2007-09-22 18:20 | 残念なこと | Comments(2)

プレイヤー

現場に埋没する毎日です。

プレイヤー。

とても楽。

自分でやった方が早いし、考えなくて済むので。


こうやって、個人事業主はドツボにはまっていくんだろうな。。。


そういえば、

徹夜の翌日は10時間近く寝てしまいます。

結局時間の無駄に思えますよね。


が、


案外そうでもない。

仕事捌けないと寝られない。

そういった意識になると、やっぱり人は仕事ばかりすることになります。


とにかく、埋没・埋没。

スタッフが出勤してきて

「お仕事ないんですけど‥」

という状況にしたいと思います。


そこでマニュアル作りとか、研修とかできればそれが一番いい。



「神様、助けて」

というのは、仕事に追われているから ということが解りました。


仕事は追ったほうが楽しいし、効率的ですね。


仕事を追い詰めてしまおう。
[PR]
by hukiagekeiri | 2007-09-21 22:31 | その他 | Comments(0)

山本五十六

苦しいこともあるだろう、言いたいこともあるだろう、不満なこともあるだろう、腹の立つこともあるだろう、泣きたいこともあるだろう。これらをじっとこらえていくのが男の修行である


全部ひっくるめて、男の器なのかもしれない。

そう思い始めました。


寡黙にぐっとこらえる。

私には足りない部分です。


稼働日ラップは着実に刻まれていきます。


正念場。
[PR]
by hukiagekeiri | 2007-09-20 17:56 | 仕事 | Comments(2)

吹上経理支援を創業した人のブログです


by hukiagekeiri