<   2008年 02月 ( 36 )   > この月の画像一覧

2月総括

2月が終わります。

今月は 人に悩んだ2月 です。


せっかく戻ってきてくれたスタッフも、また体調を崩してしまい脱落してしまいました。

貴重なスタッフが2度もいなくなってしまうというのは辛いです。


とても悲しい。


「これは」 という部下が離れてしまうことほど辛いことはありません。

人を雇うというのは、フラれ続けるということなのかもしれません。


そんな状況でも、繁忙期は続きます。

心のバランスを崩してでも、結果を出さねばならない。


これは、もっと高みに上るために

神様がわざわざ用意してくれた壁なんだと思います。


乗り越えねば明日はない。
[PR]
by hukiagekeiri | 2008-02-29 18:52 | 仕事 | Comments(0)

怠慢

残り17日。

1人の怠慢がどんなに周囲を苦しめるのか。
[PR]
by hukiagekeiri | 2008-02-29 03:58 | 仕事 | Comments(0)

カウント

残り19日。

時間が経つのが恨めしい。


スタッフが、お休みの日も出勤してくれるといいます。

ありがたい。

そういう気持ちで業務にあたってくれていることが嬉しい。


来週は大口案件の30社の個人決算を仕上げる週です。


関与先様からカラダを心配される始末。



掴んだら放すな、殺されても放すな。 目的を達成するまでは‥
[PR]
by hukiagekeiri | 2008-02-27 18:16 | 仕事 | Comments(0)

仕事

書くネタが見当たらずフリーズ状態です。

とにかく仕事。

それしかない。


残り 20日。
[PR]
by hukiagekeiri | 2008-02-26 19:03 | 仕事 | Comments(0)

臨界点

事務所の臨界点 が見えてきました。

思いつくことはほとんど試して、

ここがアッパーかな、というところを経験しています。


これから1週間、このまま引きずり倒してなんとか成し遂げたいと思います。


パートタイムよりもスポットのバイトさんのほうが

仕事への意識が高いことを目の当たりにして、

自身の管理能力を疑いました。


潰れないように大事にしすぎて、むしろ彼らの可能性を潰していた。

いくら大事にしても、脱落者は出る。

ということで、

もう少しシメようと思います。

バックアッパーとして求人もかけました。


吹上経理支援という職場の生産性に問題があるとすれば、

これすなわち代表である私に問題がある。

スタッフたちに罪は無い。


当然なことでしたが、少し考え違いをしていました。


彼らに罪は無い。
[PR]
by hukiagekeiri | 2008-02-25 23:30 | 仕事 | Comments(0)

上司として

今日は新規のお客様への説明会を開きます。

この繁忙期に、また新規でお客様が10件近く増える予定です。


そういえば、今日配信の 【NB online】 で興味深い記事がありました。

「ダメ部下」活用は上司の気配りしだい 2008.02.25

ちょっとトゲのある題名のようですが、

要は、ダメ部下がいるのはダメ上司がいるからだよ、ということですね。


自身が事業主、要するに人事権も査定の役割も持っているため、他の管理職の方よりは

楽をさせてもらっているな、と思います。
[PR]
by hukiagekeiri | 2008-02-25 05:46 | 仕事 | Comments(0)

我武者羅さ

取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは……。

電通の鬼十則の一節です。


自身を振り返り、

まだまだ必死さ、我武者羅さが足りません。


1人でできることには限界があります。

「周囲を巻き込んで何を成すか」

というレベルになったときに、

その人の

「腹を括る」 とか 「必死になる」 とか、

そういった気持ちの強さが顕れてくるのだと思います。


おもうように進まぬジレンマを目の当たりにして、

自分はまだまだ卑屈なのだ。

マネージャーとして我武者羅になりきれていないのだと思います。

ここが私の弱さなんだと思います。
[PR]
by hukiagekeiri | 2008-02-24 14:12 | 仕事 | Comments(0)

リミット刻む

残り23日です。

今年は本当にパツパツです。


この繁忙期でグングン伸びているスタッフがいます。

個人決算でもっとも活躍してくれているスタッフです。

ウチの宝になりつつあります。


帰ってきてくれたスタッフが新人だった昨年と、非常によくダブります。

彼女もグイグイ仕事を覚えていっていました。


あぐらを掻くタイプではないので、今後も伸びていくと思います。


こういったコツコツ屋さんが評価される事務所にしたいと思っています。

未経験からでも、スムーズにスキルを上げて事務所の核になれるように。


小言が出るのを喉元でグッと堪えてきました。

3ヶ月になろうというところですが、良かったな と思います。

叱らなくても人は伸びる。



残り23日。 事務所にかかる負荷は一層大きくなります。

貴重なスタッフたちが潰れないことを祈ります。
[PR]
by hukiagekeiri | 2008-02-23 20:36 | 仕事 | Comments(0)

自然淘汰

意識の高いスタッフのみが自然に、自発的に、

事務所に残っていくような仕組みづくりが必要だと考えています。


弊所では、あぐらをかき始めると急に居心地が悪くなります。


労務の問題への対処にもその人のセンスが問われるな、と思います。

経営センス、でしょうか。

ちょうど興味深いコラムがあったので引用します。


⇒ 日経ベンチャーオンライン 日本の社長へ(リンク切れ)


私も、この著者と同じく、本コラムの前者に 「危ない!」 と感じます。


「吹上労務支援」 が目指すサービスは、翻って後者の方です。


修羅場と呼べるところでどれだけ腹を括って勝負してきたか。

その積み重ねだと思います。

なければこれから積み重ねるしかない。


ローンチが迫ります。

腹を括ろうと思っています。
[PR]
by hukiagekeiri | 2008-02-22 17:52 | 仕事 | Comments(0)

スクランブル体制

バイトさんがまた新たに加わってくれそうです。

事務所のメンバーは、人数だけでいくと6名になります。

男2人に女4人。

更に現在求人中のパートタイムさんが入れば7名。


繁忙期のスクランブル体制です。


20代を軸に、40代や10代も在籍する面白い職場になりそうです。


頑張るぞ。
[PR]
by hukiagekeiri | 2008-02-22 01:30 | 仕事 | Comments(0)

吹上経理支援を創業した人のブログです


by hukiagekeiri