<   2008年 09月 ( 32 )   > この月の画像一覧

9月総括

9月が終わる。

今月は 「変化の9月」


システム開発会社エクスブリッジとの業務提携。

ベンチャー支援制度の審査通過。

新たな金融機関との取引開始。

経理構築支援の開始。


新しいこと目白押しの9月となり、30代のスタートは意気揚々と言っていい。

中部経済新聞社様から2本のプレスリリースもいただく。 本当にありがとうございます。


自身の稼働時間も創業来最高を記録した。

まだまだ伸ばせる。 いや、むしろ足りない。


これまではコンサルタント面をして、自身の成長を阻害していた。

ちょっと上を見たら、すごいヤツがゴロゴロいた。。。


このままじゃ先はない。

プレイヤーとして、もっと我武者羅になろう。


自分自身を胸張って ベンチャー起業家 と呼べるように一層精進していきたい。


人は言葉ではなく、その行動によってのみ真価を問われるべきです。
[PR]
by hukiagekeiri | 2008-09-30 20:17 | 仕事 | Comments(0)

SaaS導入支援を開始いたしました

e0066235_18362041.jpg


あいちベンチャーハウスの入居手続きのご挨拶にお伺いしたところ、

インキュベーションマネージャー様から

「今日新聞載ってたね」 

と言われびっくり。

記事のコピーまでいただいてしまった。


記事は2008年9月29日 中部経済新聞 「名古屋経済ワイド」


弊所はシステム開発会社の株式会社エクスブリッジ社と業務提携し、

システム及びソフトウェアの販売に乗り出します。

BUZZワードである 「SaaS」 をテーマに販促セミナーをバンバン撃っていきたい。

e0066235_15464674.jpg



さて、インキュベーションプログラムとして早速、マネージャーから

ビジネスモデルのプレゼン大会へのエントリーを指示される。


こりゃ伸びるわ。。。
[PR]
by hukiagekeiri | 2008-09-29 15:58 | 仕事 | Comments(0)

ベトナムについて考えてみた

現在、ベトナムの人件費は日本の10分の1。

ベトナムの物価上昇率は 12.6% (2007年実績)

このまま上昇すると、10年後の物価は 3.3倍。


ベトナムの人件費は日本の3分の1になる。

※日本が弱くなれば差はもっと縮まりますが。


10年後を見越して考えても、まだまだ魅力的。

ベトナムでの税理士制度の開始なども商機といえるし、面白いんじゃないかな。

そのとき私はまだ40歳だし。
[PR]
by hukiagekeiri | 2008-09-28 17:16 | 仕事 | Comments(0)

海外生産に向く業種向かない業種

ブログはエントリー内容でアクセス数が全然変わりますね。。。

気合入れないとすぐ見捨てられる。


さて、本題。

事業を行なう中で安価な人件費を求めて海外へ進出するというのは、

中学生以上であれば誰もが思いつくことと思います。


ベトナムを調べていたところ、1つ分かったことがあります。


インフラ整備が重要。

ベトナムのネット環境はズタズタのようです。。。

工業地帯や商業地区は特別に整備されているのでしょうけれど。


進出先の物流や通信のインフラが整備されていないと、維持コストがかかる。

海外に進出しない会社があるのはそのためなのですね。


人件費率が70%を越える弊所の業態は

海外進出に素晴らしく向いていると思われます。


とあるアパレル関係の関与先様がベトナム進出を試みて撤退しましたが、

その原因の大半は業務フローの未整備。


業務フローの明文化、明確化が全ての始まりだと思います。
[PR]
by hukiagekeiri | 2008-09-27 17:45 | 仕事 | Comments(0)

事業資金をいくら集められるか

昨日、コンサルタントでもある とある関与先様と話をしていて、

事業資金の集め方についてかなり面白い話をお聞かせいただきました。


許可を得ていないので、それはちょっとここでは書けません。 すみません。


裸一貫で創業したようなベンチャー起業家はどのように資金調達すればいいか。

1つ考えてみましたのでご覧下さい。

e0066235_2032529.jpg


要するに 「万が一会社が潰れても、死ぬまで俺が返します」

という念書を書いておきます。

これが法的にどうなるか、詳しいことは割愛します。

出資者の下で働いて返すとか、毎年非課税贈与の範囲で返すとか。返し方はいろいろある。


どこまで腹を括っているか、ここの論点はただそれだけです。

結局、出資をいただいて会社を潰してしまった時点で起業家は出資者に大変な不義理を

しています。

株式なんで出資されたお金を返す必要はありませんけど~。

ってお前はアホかっ!

それ以上に信用丸潰れ。 です。

とにかく返せ。 


どうして借入ではなくて出資にするかというと、多くの関係者から出資を受けている事実は

決算書に反映されます。

資本金のところですね。

会社が1人のオーナーの所有物ではない、ということがはっきり分かるわけです。


小規模会社の資金調達法は金融機関からの借入か、関係先などからの出資ぐらいしか

ありません。

会社設立時の出資の打診は注意深く相手を見るべきです。

とある関与先が法人化したときも、取引先から強く出資の話が来たそうですが、

力関係を鑑み、出資は受け入れない方向でご提案しました。


私自身も、法人化の際には出資をしてくれるというお話を複数いただいていますが、
(返事はしていません)

他人の資本を組み入れるかどうか。その人の腹の括り具合が見えてくると思います。

土下座してエンジェルに資金をお願いするか、しないか。

自身の法人化の際どうするのか。 私はまだここでは明言できないです。


例えば 

議決権のない出資を引き受ける。 (その株主は会社の意思決定には関わらない)

元本保証は出資金額の半額とする。


このような形でも、出資者の方へ自身の誠意は伝わる、と私は考えます。
[PR]
by hukiagekeiri | 2008-09-26 20:55 | 仕事 | Comments(0)

あいちベンチャーハウスへの入居が決まりました

県が運営するITベンチャー企業育成施設のあいちベンチャーハウス

e0066235_8293896.jpg


薄々の配達記録で郵便が届いたので 「あー落ちた」 と思ったんですが、

中を開けてびっくり。

県知事様からありがたい入居決定通知。


「この事業計画は無謀だよ!」 とか

「他人のふんどし担いで事業するわけ?」 とか

散々詰められたんですが、何故か審査通過。


年内に事務所移転します。

移転先は新栄の駅南です。


今後弊所はソフトウェアの導入支援に本腰を入れていきます。

ですが社名は変えずに経理支援です。


で、やっぱり皆さんに言われました。

「新栄の事務所なのになんで吹上経理支援なの?」


‥‥



すみません。。。

より一層ややこしくなりますね。。。
[PR]
by hukiagekeiri | 2008-09-26 08:49 | うれしいこと | Comments(0)

携帯の販促への活用、やらないと乗り遅れますね

e0066235_2313553.jpg


「携帯でどれだけ見込み客を囲い込めるか」

それを知りたくて、自身で携帯の iモード をいじってみました。

googleで検索したのですが、


我々の業界ではまだまだ未踏の地ですね。


最近の若い子は、携帯からジーパンを買うそうですね。


そういった顧客の変化にどう対応するか。

弊所で考えると、

携帯向けに経営のコラムを配信していくというのは面白いと考えています。

弊所の業態における携帯との親和性は小売業と比べるとガクッと落ちますが、

携帯による販促が未開の地であることは確かです。


☆ 以下 ケータイ ひだか劇場 ☆


はぁー、飲み会で終電ギリギリだな おい。

ん、このポスターの子かわいいな、 セザンヌ?

e0066235_20593017.jpg



まぁいいや。

東山線(名古屋のメインの地下鉄)もこの時間になると電車の本数減るんだな。。。


はぁー。 何かねぇかな。

‥‥



ポチポチ (携帯で検索する)



「吹上経理通信」? また堅っ苦しいネーミングだなおい。って吹上かよっw!

 ご近所さんですよー、だ!


お!終電きた。 


読みながら帰ろかな。


☆ ひだか劇場 終 ☆


弊所は現在、携帯のみで決済を完結できる商品を持たぬので、

携帯向けコラムの配信 ⇒ 優待クーポンの利用 ⇒ PCサイトで販売

という流れを試してみようと考えています。


小売の市場の携帯化はやり尽くされていますよね、きっと。

非小売業の携帯での販促はこれから伸びていくと思います。



これとセミナー集客と絡ませて新規開拓を行なおうかと考えています。

セミナーは地域密着で、プレスリリースや提携関係を活用するのが効果的と思います。

隣接する市場の既存の販路を使わせていただく、ということです。


ケータイの活用にご興味ある方、お問い合わせ下さい

一緒に考えましょう。
[PR]
by hukiagekeiri | 2008-09-24 23:22 | 仕事 | Comments(0)

陰で支える人がいる

書いても書いても殺気立ったエントリーしか書けないので、

やはり今日もフランクな内容にさせてもらいます。


今日、またとある新聞記者の方からお問い合わせを頂きました。

いつもありがとうございます。

この記者の方はまめな方で、

リリースの際には丁寧にお電話をいただき、リリース内容の確認などをしてくれます。


私は掲載いただいた際にはいつもお礼の手紙をたしなめています。

公正な報道に関わることなので、妙な関係になりたくないのですが、

数多くの情報の中から弊所にご興味を持っていただき、

記事を書いていただくということは、我々からすれば本当にありがたいことです。


以前私は日本のマスメディアの役割について懐疑的でした。

でも、この記者の方の真摯な仕事ぶりを目の当たりにしてからは、

その姿勢について、自身は何と浅はかだったのだろうか、と思っています。


マスコミの血の滲むような努力で、我々は相対的に信頼できる情報を得ることができます。

情報過多の現代だからこそ、マスコミの存在意義は今後一層高まる。


この記者の方を見ていると、何だかそう思えてきます。
[PR]
by hukiagekeiri | 2008-09-23 21:23 | 仕事 | Comments(0)

エントリーの質の問題

1個下の記事はいつものおバカなブログへの投稿を間違えたものです。

すみません。テンションが違いすぎますね。


さて、

最近ずっと自分の話ばっかりになってしまっていて申し訳ないな、と思っています。

弊所自体に変化があって、ということもあります。


がそれよりも、ブログで紹介するような案件が少なく、書きようがないということもあります。


これを無理して書くと 

「こんなヤツはダメだ」

という内容になってしまいそうです。

今はそんな案件ばかりです。。。

もしくは青臭い理想論とおべっかのような記事になりそうなのです。


すみません。


事業もロクに成せぬものが 

「これはこうすべきだ」 

「会社はこうあるべきだ」

などと書いても、誰も読む気はしない


むしろイラッとする。


そうではなくて、

実態のある、todoを交えた案件の紹介が、このブログを読む方が求めるところと思います。


人は言葉ではなく、その行動によってのみ真価を問われるべきです。
[PR]
by hukiagekeiri | 2008-09-22 22:44 | 仕事 | Comments(0)

美人

e0066235_20593017.jpg

この人誰?
[PR]
by hukiagekeiri | 2008-09-22 20:59 | その他 | Comments(0)

吹上経理支援を創業した人のブログです


by hukiagekeiri
プロフィールを見る
画像一覧