<   2010年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

4月総括

4月が終わる。

今月は 「権限委譲の4月」

経理代行事業における責任者として、Sに業務をバサバサ委譲しました。



税理士先生からのお手紙が、私と連名でSに対して送られてきています。

全社的なご挨拶のお手紙の徹底が効果に顕れてきたと感じます。

私の携帯にかかってきた電話もSが対応させていただく、というようなゴリ押しの権限委譲です。


私自身は 電子商取引の普及を商機とした 「らっくんちょ」 の全国展開

に注力していきます。


今回、日本を代表する会計ソフトメーカーに対応したのですが、

これがかなりエグい


「当社がフロントランナーになれる」 可能性を感じています。



5月中に、日本を代表する会計ソフトメーカーと、その税理士団体との提携の打診をする考えです。

クレジット会社様や電子マネー事業者様へのご挨拶も始める。



もっともっと厳しい会社にしていく必要がある。

店頭公開を狙うために、ちっちゃなことはどうだっていい。




経理代行事業におけるお客様から

「会社にしたほうがいいよ。 潰れるの怖がってるの? 腹括れてないんじゃない?」

と厳しいご指摘をいただく。


‥と、そんなことを聞いて、自分自身が

厳しい姿勢を忘れていた。 ってことに気付いた。



さて、ベンチャーハウスのお隣の アイ・セプト社

設立1年目の決算日を無事に迎えた様子。

偶然にも朝 社長さんにお会いしました。


なんだか胸躍る気分になりました。


ここに追いつけ、追い越せ、という気持ちで気合を入れていこうと思います。



早く法人化のめどをつけないと。

4月の実績では、 


5月のタスクは、

出張経理サービスの新規受注のために営業への注力。

ゴールデンウィーク中はらっくんちょのバージョンアップ。

休み明け、満を持して らっくんちょの拡販。


「10年後、店頭公開を狙える会社になる」

そのためにはちっちゃなことなんてどうでもいい。


死ぬまでやれよ、死なないから

その言葉を忘れとったわ。
[PR]
by hukiagekeiri | 2010-04-30 21:02 | 仕事 | Comments(0)
すでに出張経理サービスをローンチしていますが、

プレスリリースがまだなので、そろそろ発表したいところ。

ここのセクションは事業部長のSに任せる考えだ。


らっくんちょがソフトウェア事業における主力商品であり、

年内にこのASP化を目指しています。


そのほかに、ゴールデンウィーク明けには

「動画マニュアルソフト」 の当社からのリリースを目論んでいます。

ライセンス関係の交渉がまとまった。


これも市場にある程度のインパクトを与えるはずだ。


さて、

ソフトウェアを提供する会社である 吹上経理支援。

というのはわけわからん。


クラウドサービスの普及を商機とする、という思いを込めて 

新社名は

株式会社クラウディア・コンバジオーネ

というのはおしゃれでいい名前だな、と。


‥‥



妄想終わりw
[PR]
by hukiagekeiri | 2010-04-29 19:56 | 仕事 | Comments(0)

新たな市場

当社は 「新たな市場」 へのアプローチを模索しています。


2つ返事で協力の返事をいただいた3名の税理士先生をはじめ、

周囲のいろいろな方のお力添えをいただくことができそうです。



多くの人が 「無理だ」 とも言っています。

これは「らっくんちょ」も同じですが、

「できない」 という意見が大半ということは、大きなチャンスが眠っている。


神様に感謝しなくちゃいけない。


やるんだ、やり切る。

そのために厳しい会社を作ってるんだ。

他の人ができないエグいことを実現できるような会社になる。


当社の22年度の事業計画も今日明日で仕上げます。


「死ぬまでやれよ、死なないから」 

この言葉を忘れないように、もっともっと自分を追い込んでいきたい。


「らっくんちょ」 がその 「新たなる市場」 へ対応します。

対応版のリリースと合わせて全国的なチャネル戦略を目論みます。
[PR]
by hukiagekeiri | 2010-04-28 20:24 | 仕事 | Comments(2)

厳しさが滲み出る会社に

経理代行事業部をスタッフSに任せていく考えで、

お客様へのご挨拶周りもおおかたできたと思います。


そんな中、

危機感は益々増しています。



もっともっと厳しい社風に。

内勤よりも外回りの方がホッとする環境に。


社内での厳しさは詰まるところ、お客様への真摯な態度となる。

お客様からの信頼もいただける。

結局本人の財産となって返ってきているんだ。


それが確信的に、身に沁みて解るので、

この会社を厳しく厳しくしていきたい。


「10年後、店頭公開を狙える会社に」

そのためには、鉄のような意志が必要だ。
[PR]
by hukiagekeiri | 2010-04-27 19:04 | 仕事 | Comments(0)
「目の前に起こる課題は、あなたを成長させる糧だ」

「乗り越えられない壁はやってこない」


この言葉で、随分救われます。


徹夜明けの睡眠から目覚める時なんかは、正直私も心が折れそうになります。

自分自身に 「図に乗るな」 と。


でも、

「10年後、店頭公開を狙える会社になる」

と決めてから、いろんなことがハラオチできるようになりました。


事業をするものにとって、すべては自分のせい。


「今、自分の目の前にある壁を乗り越えられないようだったら

 何十年経っても店頭公開なんて無理だ。」


そうやって1つ1つ課題を乗り越えた先に、本当に店頭公開が見えてくる。


だから、キチッ、キチッ、と毎日自分に言い聞かせます。


10年後、店頭公開を狙うために、ちっちゃなことなんてどうでもいい。


人は言葉ではなく、その行動によってのみ真価を問われるべきだ。
[PR]
by hukiagekeiri | 2010-04-26 21:22 | 仕事 | Comments(0)

日曜日が終わる

決算業務で夜中の3時半まで付き合ってくれたお客様に感謝しています。


そういうお客様とのお付き合いは、正直楽しい。

どこまでも付き合う、という意思表示としては分かりやすいし、

そのお客様自身が 「括ってるか」 ということも明確だ。



オヤジ臭が漂う事務所をそろそろ離れます。

今日はこの辺でお別れです。


「死ぬまでやれよ、死なないから」

という言葉を忘れず、事業にドライブを掛けていく。

明日から再開する稼働日をもっともっと厳しい環境にする。


私に必要なのは、弛まぬベンチャースピリッツ
[PR]
by hukiagekeiri | 2010-04-25 16:37 | 仕事 | Comments(0)

土曜から日曜

法人決算。

お客様ご来社なう。

しかも日付替わりそうなう。


今日はこの辺でお別れです。
[PR]
by hukiagekeiri | 2010-04-24 23:49 | 仕事 | Comments(0)

もっと厳しく

経理代行事業の受注が好調で、

新スタッフのSがフル稼働状態です。


ありがとうございます。


5月も順調に受注を重ねられるように、何をすべきか。

それが明確になっているのは大きい。



あとは個々の業務について

「角が立たぬようにする」

「顔を潰さない」

「ご縁に感謝する」

これに注力していく。


細かい戦略は実はあまり重要ではなくって、

いや、それは重要なんだけれど、

心を磨いていればそれはおのずと降ってくる。

そんな風に感じます。


正念場を迎えて、社風をピリッとさせなくてはいけない。

今当社に必要なのは 「弛まぬベンチャースピリット」
[PR]
by hukiagekeiri | 2010-04-23 20:03 | 仕事 | Comments(0)
スタッフのSを

経理代行事業部における事業責任者

としたので、お客様へ随時ご挨拶周りをさせていただいています。

今日も、創業期からお付き合いのある法人様へご挨拶をさせていただきました。


押し並べてよい感触を頂戴していて、とてもありがたいです。


社内を締め上げる時だ。

私は吹上経理をより厳しい会社にしていく考えです。


当社の社内やサプライヤーにおいて、少しでも業務に対して奢りや甘えを見せた時には

私自身が一喝し、躊躇なく考えを改めるか、もしくは退場せざるを得ない環境を作る。


私がブレたら事業がブレる。


さて、今日はいろんな方に私から直電が行ったと思います。

お電話が入った方へ。

その着信は信頼の証。


当社の主力商品 「らっくんちょ」 がその 「とある市場」 において 

日本を代表する会計ソフトメーカーへの対応を実現しそうです。


経理代行事業もその「とある市場」へ差別化集中戦略を採りアプローチしていけるか。

市場を調査して判断します。

動くと決めたら一気にドライブを掛けていきます。


「10年後、店頭公開を狙える会社になる」

そのためには、ちっちゃなことなんてどうでもいいんだ。

「死ぬまでやれよ、死なないから」 という言葉を忘れずにもっともっと気合を入れていこうと思います。


なので力を貸して欲しい。
[PR]
by hukiagekeiri | 2010-04-22 20:31 | 仕事 | Comments(0)

正念場

吹上経理を、厳しい会社にしていかなければいけない。

自分に絶えず言い聞かせています。


私自身の思いの強さと事業の推進力は明らかに比例する。

私がブレれば事業がブレる。

そういう危機感を感じています。


「10年後に店頭公開を狙える会社になる」

そう考えると、ちっちゃなことなんてどうでもよくなった。


「死ぬまでやれよ、死なないから」

この言葉を忘れず、もっともっと気合を入れていかなくてはいけません。


いろいろな意味で、4月は正念場だ。
[PR]
by hukiagekeiri | 2010-04-21 21:21 | 仕事 | Comments(0)

吹上経理支援を創業した人のブログです


by hukiagekeiri