<   2010年 07月 ( 32 )   > この月の画像一覧

7月総括

7月が終わる。

今月は 「海外を意識した7月」


7月の最終週まで とある決算業務に埋没したものの、

最後の1週間は事業開発に時間を割くことができた。


フリーミアムでのプロモーションを開始し、これに合わせて

英語の使用も開始した。


「CSVを介した電子商取引と会計ソフト」 という枠組みにおいて

言語や国籍は一切関係ない、1つのセグメントだ。

そう捉えることができたのは、

もしからしたら創業来最高の気づきかもしれない。


昨日取材いただいた記者の方も 「あー、なるほど」 と言っていた。


国外へ意識を導いてくれたユニクロの柳井社長に感謝しています。


世界的な決済サービス Paypal と世界を網羅する マイクロソフトエクセル を軸足においた

[Attack!CSV] 作戦

も近々に開始。

市場性があれば よりASPと親和性の高い Google Apps にも波及させる考えです。


私はこの事業と心中する腹を固めています。

このあいちベンチャーハウスで私に残された時間は残り15ヶ月。

吹上経理の集大成として Claudia Conversione を収益化するため、

悔いの残らないように走りきろうと思います。


人は言葉ではなく、その行動によってのみ真価を問われるべきだ。
[PR]
by hukiagekeiri | 2010-07-31 16:20 | 仕事 | Comments(0)
あいちベンチャーハウスの同居人のアイセプトさんが

なんだか面白いサービスを開始するようです。

→アイセプト社長のブログはこちら

営業力のある会社ならではの発想ですね。



上のお話とは別ですが、ひらめいたことをつらつら。

私は 自社サイトへのトラフィックと営業活動とは別もの と考えていました。

アクセス解析で自社サイトを訪問している社名が分かったということでアプローチしたとすると

「なんだか身辺調査されているみたいで嫌だ」

という風に思われるんじゃないか、と思っていました。


が、自社サイトは決して 「街の広場」 ではなくて、

会社の玄関ロビー だとも言える。

商品展示のブース とも言える。


ということで、トップページにその旨但し書きを添えた上でenterしていただき、

各ページをご覧いただいたユーザー様で会社が特定できる場合には

お礼のメールを info@ 宛にお送りする。

もしくは自筆のお手紙をしたためる。


というのはどうだろうか。

非礼にもならないだろうし。


ということで、早速サインはCSV作戦で使おうと思います。
[PR]
by hukiagekeiri | 2010-07-31 12:02 | 仕事 | Comments(0)
blogger で埋もれていたアカウントを

英語に変更しました。


ことの経緯は、フランスからこのブログへのアクセスがあったことです。

「conversione」 という単語は、イタリアとフランスで 変換 という意味で使われていて、

たぶん そのあたりのキーワードでアクセスがあったんだと思います。


ちなみに [twitter conversione] をGoogleで検索すると

このブログが出てきます。

日本のIPで検索していることで海外の検索結果とどう違うのかは分かりませんが、

日本語を使うことで対象市場が制限されていることをまた実感しました。


また、このブログで検索対策で他の国の言語を記載しても、

まったく意味がないことに気づきました。


さて、あまりにも表現力のなさに笑えますが、コツコツ広げていく考えです。

→ 痛ましいくらい語彙力のない英語ブログはこちらw


‥‥





‥はっ!

日本語のブログから導線張っても意味がないことに気がつきました。
[PR]
by hukiagekeiri | 2010-07-30 16:01 | 仕事 | Comments(0)

twitter つらつらの続き

うまいことやっているtwitterのアカウントを調べています。


世界に展開するtwitterにおける言語別のシェアは

英語が 50%

日本語が 14%

ポルトガル語が 9%


中国語やアラビア語のサイトに私たち一般的な日本人がクリックしないように、

日本語でのtweetが自身の発信力を70%減させているように感じます。


日本語でかつ人口220万の名古屋というローカルな市場を対象にし、

さらにはBtoBの限られた事業ドメインにおいて

twitterを媒体として使うのは相当にナンセンスに感じます。

ターゲットにテレアポして自筆の手紙をコツコツしたためたほうがよほど訴求力がある。


ということで、経理代行事業におけるtwitterの活用はナシ。


余談ですが、twitterがらみの最近のエントリで、このブログのアクセスが急進しています。

そう考えると、ブログが媒体としての訴求力の限界にきているようにも感じます。


‥‥





このブログも要らないのかな?
[PR]
by hukiagekeiri | 2010-07-29 15:33 | 仕事 | Comments(0)

フリーミアム つらつら

「サインはCSV」 は

vector のような

ソフトウェア流通サイトに載せていく考えです。


日本語版だけでもなかなかよい効果がある中で、

versiontracker

のような海外の流通サイト、しかも世界各国のそれぞれ代表的なサイトへ載せていくことで、

世界的なプロモーションを行っていく考えです。


ちょっと海外の代表的なところを調べましたが、

「サインはCSV」 のコンセプトはまだまだ先行者メリットを得られそうな状況です。


ましてや 『Paypalから世界のトップ20の会計ソフトのコンバーター』

というコンセプトは今のところ見当たらないのでチャンス。


当社が日本語を使っていてはいけない、という思いはさらに深まりました。


ユーザーが基本的に毎月1回使用する「サインはCSV」は、

1000のユーザーがいると毎月1000の自社サイトへのアクセスを確保できます。

年間12,000アクセス。


まずは 「世界で1000」 というのが目標です。


そこからユニバーサルサイトを構築して次のマーケティングに移っていく、という青写真です。

まだまだ国内の調査段階ですが。

「世界で1000」あれば、らっくんちょASPも世界でローンチしていく考えです。
[PR]
by hukiagekeiri | 2010-07-28 18:55 | 仕事 | Comments(0)
「サインはCSV」作戦を本日開始。

まず最初のバージョンは国内版です。

e0066235_1675730.jpg



「サインはCSV」の告知ページはこちら。


7月中のリリースは実現した。

これを機にほかの無償版をぞくぞくリリースしていく考えです。

キャラクター

操作マニュアル

変換ロジック

の土台が出来上がれば、その後はどんどこ別バージョンを作っていける。

最初の版を作るここまでが大変なだけだ。


「Attack!CSV」

と称して、近々に英語版を制作する考えです。

そこではtwitterを用いたプロモーションを行っていく考えです。


人は言葉ではなく、その行動によってのみ真価を問われるべきだ。
[PR]
by hukiagekeiri | 2010-07-27 16:23 | 仕事 | Comments(0)
「見つけてもらうためにソーシャルメディアを使う」

パーソナルブランディングに関して、どこかのtweetで見た言葉です。


知識労働者がブログやtwitterやmixiを使っているのを見て、

失礼ながら「あまり上手なプロモーションじゃない」と感じていました。


知識・ノウハウが商品の知識労働者にとってのそれは、在庫のバーゲンセールにしか思えなかったし、

安易にネット上で解決するような課題はそもそも売上にならないとも感じていました。

汎用性のある理論や概念を並べ立てても、現場から乖離するだけで、むしろ自身の課題解決力とか

社会性を疑われている傾向にあるようでした。


結局、偏狭な自己顕示に終わっている、という印象でした。

フォロワーにずらりと並ぶ同業者。


twitterの威力を発揮するのは、主にBtoC。

twitterの特色は 集合知 を生み出すことであって、

自身の個別の知識を発信、訴求するためには媒体として疑問符がつくように思います。


知識労働者にとってのtwitterは 

知識・ノウハウを補完する集合知という 「仕入」 を手に入れるためのもの。

見込み顧客を増やす よりもそういった使い方に集中したほうがいいかもしれない。


その上で、冒頭の

「見つけられるためにソーシャルメディアを使う」

というシンプルな考え方は胸にストンと落ちてきました。


日本の、規模が限定され複雑に成熟した万華鏡のような市場 で

日本語 を用いてつぶやくことに価値があるのではなくて、

もっと広い世界規模の市場・言語の海原で、自分の存在を知ってもらうために

twitterを使う。

これこそがマーケティングにおけるtwitterの有効な使い方なんではないか、と。


そのためには広く標準化され、物流コストの負担が小さく、汎用的な商品を持っている必要がある。


twitterは英語でつぶやくべきだ、と。


なんて、使ったことない私がつらつら。

(笑)
[PR]
by hukiagekeiri | 2010-07-26 20:09 | 仕事 | Comments(0)

今日は

今日はこの辺でお別れです
[PR]
by hukiagekeiri | 2010-07-25 20:34 | 仕事 | Comments(0)
従来のソフトウェア販売やデータ販売と比べて、

最近よく言われるクラウドには大きな利点がある。


版権のライセンス認証などにおいて違法コピーによる損失が相当数減り

「肝」を握ったまま事業を行うことができる。


地理的に遠く離れた海外における販売でも、

納品において物理的に空輸する必要もなく、

物流を介さずにサービスが完結する。


この「物流を介さない」というところが重要なところで、

それが世界市場へ打って出るハードルの低さに繋がるわけだ。


もう一つの 言語の障壁 はほとんどないと言っても差し支えない。


世界のクラウド化が完全なものとなって社会インフラとなると、

「電子商取引の会計ソフト変換ASPサービス」 も根本からその役割を終えることになりますが、

数十年後のその時 その「インフラ」の位置 に立とうというのが野心的な目標です。


国内のニッチな市場でASPを収益化しようっていうのは非現実的な話で、

ASP、クラウドの一番の肝は 「スケールメリット」。

より広く標準化された市場 でこそ大きな武器になる。


ASPをやる以上、世界の市場で売れるものにしないと意味がない。

なので私も「世界市場へのアプローチ」という大きな話をしているわけです。


ASPサービス と クラウド は私自身と私の事業的にはまったく同じものなんですが、

角が立つので分けてお話しています。


そんな大法螺を吹きながら、あいちベンチャーハウスの残り15ヶ月を悔いのないように

走りきろうと思います。


死ぬまでやれよ、死なないから。

この言葉を忘れていました。
[PR]
by hukiagekeiri | 2010-07-24 19:00 | 仕事 | Comments(0)
世界市場へのアプローチでは

Claudia Conversione

(クラウディア コンベシオーネ)

という名称で新規開拓を行う考えです


クラウドによる変換サービスを連想させて、

直訳では クラウディアの回心 という意味です


日本人的には

「佳奈子の心変わり」

という情緒感か。


オサレ。


「舌を噛みそうだ」

という指摘を頂いていますが

そもそも「フキアゲケイリシエン」からして舌を噛む

今日はこの辺でお別れです
[PR]
by hukiagekeiri | 2010-07-23 22:35 | その他 | Comments(0)

吹上経理支援を創業した人のブログです


by hukiagekeiri