<   2010年 08月 ( 43 )   > この月の画像一覧

8月総括

8月が終わる。

今月は 「仕込みの8月」


当社が目指す 「電子商取引の会計ソフトデータ変換ASPサービスの世界展開」

の準備の月でした。



名古屋地区における差別化集中戦略はいったんペンディングし、

日本に限定せずに英語圏に向けたフリーミアム戦略へシフトチェンジしています。

そうしたら

首都圏や東北、九州、高知からお問い合わせを頂戴するようになり、大きな可能性を感じています。



サイト本体、blog、twitter はそれぞれトラフィックが急進し、

webプロモーションの下準備も地道に進んだ。


当社は Claudia Conversione と心中するつもりです。

このあいちベンチャーハウスで残された時間は残り13ヶ月。


もったいぶった言葉とか、検証のないデータとか、現場から乖離した理論とか、

そんなことを並べ立てるよりも

自身の行動で得られた成果、いただいた信用のほうが圧倒的に価値があることを痛感しています。


人は言葉ではなく、その行動によってのみ真価を問われるべきだ。
[PR]
by hukiagekeiri | 2010-08-31 18:13 | 仕事 | Comments(0)
私たち中小企業が

受注に繋げる プロモーション を考えるときは

ターゲットをいかに絞れるか というところが重要だ。 と私は考えています。

ここの ターゲット は 誰(who) だけでなく、そのほかのも含むべき、と思います。

誰か、というターゲッティングは誰でもやってる。


story を描けるかどうか。



特に私は

いつ (when)

という概念を忘れがちです。 自戒として。


when をないがしろにすることで、商品の訴求力をかなり削いでしまっているように

思えてきました。



『月末だって、子供に「ただいま」』

なんていうstoryを考えてみました。


バックオフィス部門ではたらくアタシは、どうしても月末が忙しい。

午前様だってしょっちゅうなワケで、帰れば娘は夢の中。

でも 

「らっくんちょ」 は売上データも一発で会計ソフトへ連動。

3時間かかる入力作業が2~3分でサクッと終了。


夏休みの最後の日、今夜は娘に会えそうだ。



おー、らっくんちょにぬくもりが出てきたw
[PR]
by hukiagekeiri | 2010-08-30 20:23 | 仕事 | Comments(0)
当社が目指すのは

「csvデータの経理事務への活用」 を目的としたクラウドサービス。

すでにデスクトップ版のプログラムを販売していますが、

ASPサービスで世界に広く提供し、言語の違いを乗り越えてアプローチする目論見です。


このあいちベンチャーハウスで残された時間は13ヶ月。


今日はこの辺でお別れです。
[PR]
by hukiagekeiri | 2010-08-30 17:00 | 仕事 | Comments(0)
前例のない、マニュアルがない、基準もない

そういうモノを作り出す楽しみを感じています。


難しい壁でも、少しずつでも前に進んでいけるものだということが分かりました。


根拠がなくても、ヒトがやろうと思ったことは、

実現が可能 なことを本能が薄々感じ取っているんだろうな、と思います。


人は言葉ではなく、その行動によってのみ真価を問われる。
[PR]
by hukiagekeiri | 2010-08-30 01:54 | 仕事 | Comments(0)
twitterでBUZZをいかに起こすか。

『掛け算』 を起こす仕掛けを作らないといけない、ということがわかりました。


例えば、1人が100人のfollowerにクチコミをするだけでは、

100人しかそのクチコミを知ることはありません。


「スタバのアッサム ブラック ティー ラテ なう」

で、終わってしまう。


さて、

クチコミを知ったそのfollowerのうち、

1%の人がさらにその100人のfollowerにクチコミをすると

加えて100人のfollwerにクチコミが起こります。

これをまた繰り返すと、乗数的にクチコミが広がっていくことになります。


そいつを起こせるかどうか。


ポイントは

1.私もやってみたい

2.周囲に知らせたい と感じる

という2つの欲求を喚起できる「コト」を起こすこと。


今日はこの辺お別れです。
[PR]
by hukiagekeiri | 2010-08-29 00:45 | 仕事 | Comments(0)
当社が狙うのは

「Paypalなどの電子商取引データと会計ソフトをつなぐASPサービスの世界規模での展開」

こいつと心中するつもりです。


このあいちベンチャーハウスで残された時間は 残り13ヶ月。

ちっちゃなことなんてどうでもよくなってきた。


当社のこれまでの6年間の集大成として、悔いを残さぬようにやりきろうと思います。
[PR]
by hukiagekeiri | 2010-08-28 18:45 | 仕事 | Comments(0)

英語で話したい

英語で仕事ができるようになりたい。

ということで、こんなのを見ています。



これはいいかもしれない。
[PR]
by hukiagekeiri | 2010-08-28 01:41 | 仕事 | Comments(0)
片手間でやっているアメブロに軽く抜かれたこちらのエキブロ。

正直ちょっとショック。


このブログもきっちりSEO対策ブログとして機能させる必要を感じます。

【Paypal】 【csv】  【会計ソフト】 辺りのキーワードだとGoogleで爽快な検索結果が出ます。


ペイパルやそのほかの決済サービスが日本の商取引に食い込んでくると、

当社が目指すような オペレーション絡みの 3rd party が一気に伸びてくると予想できます。


金融機関の存在が 企業間の商取引、決済の分野 においても脅かされる。

10年後、通帳を使わない、銀行口座を使わない人も現れるような感じ。


金融機関で預金をし、利息を受ける という利益が 

少々形を変えて

決済サービスを利用すること で ポイントや優待サービス を受ける という利益になる。

お金を出してくれる元、所得の種類は変わるけれど、

銀行 の役割が 決済サービス会社 にすげ替わる可能性は大いにあるな、と。


銀行・信金が直接金融でしか生き残れない。

とすると、まず信用金庫からつぶれていくのかな?


ちなみに、取引csvデータのひな型の外部への開示・提供は 

金融機関はなかなか行わない傾向を感じます。


決済サービスが日本の商取引への侵食を進めることを、当社は商機とするべきだし、

現に大いに商機を感じています。


当社が目論んでいるのはずっと、

コンバーター(電話交換手) 3rd party の役割でキモを握る ということです。


eコマースを提供している企業はこの辺りの囲い込みを既に行っているはず。

当社が先んずるべきはトラフィックとユーザの確保。


【世界のすべての商取引をつなぐ】

このキチガイじみた事業目標を粛々と目指していきたい。


カネも技術もヒトも知恵も全部足りないんですが、やることやろう。


今日はこの辺でお別れです。
[PR]
by hukiagekeiri | 2010-08-27 17:26 | 仕事 | Comments(2)
「サインはCSV」 の無償配布を開始して1ヶ月。

無償版が産み出す新たなトラフィックが把握できました。


細かい数値は非公開です。


結論はゴーサイン。

英語版もゴーサイン。


日本最大級のソフトウェア流通サイト vector のリーチに助けられ、

また 掴みに成功したネーミング もあり、

効果があると判断しました。


また、アメブロのお知らせブログを強化していますが、

トラフィックはこちらのエキブロに迫る勢い。


というか、エキブロが落ちてきた。

こっちはたぶん、

名古屋の税理士先生諸氏や

私と同じく創業期の起業家、

私のプライベートな知人、

この辺りが読んでくださっている感じの規模になってきた。

(いつも読んでくださっている方々、ありがとうございます。痛み入ります。)



‥‥



そう、

誰に読まれるか ということをキチッと考えていかないと、

このエキブロみたいなことになる。

ソーシャルメディアは、ともすると同業者まみれになる危険性がある。

ブログはあくまで日記だ。

(こんなつたないブログを読んでくださっている方、ありがとうございます)



さて、一方でサイト本体のトラフィックは非常に好調。

4年前にサイトを構築してくれたプログラマさんに感謝。



ということで、このエキブロも止まるかも知れません。

もしくは気分転換用の気合入注入ブログになる可能性も‥


あしからず。


(が、5年書いてきたのを止めるのがシャクに触るんだな。)


まとめると、それくらい 無償版の配布にパンチがあるということ。


今日はこの辺でお別れです。
[PR]
by hukiagekeiri | 2010-08-26 22:27 | 仕事 | Comments(0)
今は英語圏での 製品調査、動向調査 をしています。

チンプンカンプンになりそうですが、

日本語版でゴールのイメージがあるのでかろうじて一歩一歩前に進んでいます。

webにおける新しい世界をいくつも発見して、英語力がいかに必要かをひしひし感じています。


世界で当社と同じようなことを考えている輩はウジャウジャいるはず。

それとどう戦うか。


この事業領域は、国や地域間で会計や税法・言語の違いによってセグメント化されているので、

世界市場でもそれぞれが比較的閉じた市場のように見受けられます。

が、そういうことがより一層 

「汎用化・標準化によるデファクトスタンダードの確立」 による商機を大きくしてくれているように思います。


まず、英語版会計ソフトの仕訳データの変換を日本でやっている企業が少ない。

これは大きな商機だよな、と。


あくまでも 3rd party として開発を進めていくこと。

この事業領域ではそちらの判断が賢明だ。
[PR]
by hukiagekeiri | 2010-08-25 16:55 | 仕事 | Comments(0)

吹上経理支援を創業した人のブログです


by hukiagekeiri