<   2011年 07月 ( 35 )   > この月の画像一覧

7月総括

7月が終わる。

今月は 「助走の7月


新たなサービスの受注が好調。

名古屋地区でのクライアント数は、ちょっと飽和状態。

まだ名古屋の見込クライアントの10%にも訴求していないのに枠が埋まってしまった。



今後は

人口100万超の11都市と、中核都市における法人格のクライアントへ新規開拓を進めていきたい。

ランニングをまかなう取引口座がすでにあるので、今後の新規契約は料金を1.5倍にする必要がある。


最終的には料金を今の倍にして、

他にはないテッパンの統計値と業界に特化した企画提案による差別化を推し進めていきたい。


名古屋で他を圧倒する競争力を身につけいくことと、

クライアントの業界における新規開拓市場のトップランナーを目指していこう。

愚直なPDCAと積小為大を忘れてはいけない。


業界でのweb信奉が続いてほしい。

その間にウチが決定的な突破力を身につけることができる。
[PR]
by hukiagekeiri | 2011-07-31 22:03 | 仕事 | Comments(0)

この週末で

この2日間で、8月の新規開拓のtodoを作り上げてしまおうかな、と。


東京都以外で 日本国内で人口100万人を超える 11都市。

ここに各都市に5つまでのクライアントと取引口座を開く。


四国や北陸、山陰地方 には 大規模都市がないので

中核都市に1~3件のクライアントと口座を開いて 横展開先 を確保する。


日本国内の 約40都市の 中核都市 のクライアントはノウハウや情報を欲している傾向が強いはず。

マーケットが充分でないため、PDCAを回せないから。


名古屋、大阪、千葉 の成功事例・統計値を この40都市における付加価値として訴求する。

だからこそ、ここ名古屋では圧倒的に勝ち切らないといけない。


その次に クラウドサービスを一気に投下する算段。

狙うのはあくまでも世界市場。
[PR]
by hukiagekeiri | 2011-07-30 15:54 | 仕事 | Comments(0)

これからどうするか つらつら

業務に埋没していたため、俯瞰するためエントリ。



大阪での地盤固めに注力したい考え。

テレマーケティング支援のキモは


『クライアントとの戦略レベルからの打ち合わせ』


にあると考えるようになりました。


クライアントの多くはマンパワーだけを求めているわけではない。

『判断するための要素』 を非常に欲しておられる。


事前にテッパンの統計値をご提供することで、

クライアントの新規開拓戦略の根拠・たたき台を作る。

そして実行部隊として現場に赴いて戦い、

この情報を吸い上げて PDCAサイクル を回すためのお力添えをする。



少なくとも名古屋では圧倒的な競争力を身につけたい。

あわよくば大阪でも。
[PR]
by hukiagekeiri | 2011-07-29 22:51 | 仕事 | Comments(0)

二度と言わない

30を超えた人に、耳の痛いことは一切言わない。

これを徹底するようにしています。


逆に20代の人には、たとえ得意先でも耳の痛いことを申し上げるようにする。

若い方には、その反応からも何か可能性を感じるものがあるので。


以前は

求める業務水準や気配りが得られなかったとき、

大きな声を出したり、怒ったりイライラしたりしていました。


が、

ビジネスマンに対して

1度言って分からない場合は、ゼッタイ2度言っても分からない。

そう思うようになりました。


これを徹底していけば、

怒れてくることもないし、悩んだり判断が遅れたりすることもない。


「こりゃダメだわ」 と思ったら

取引口座を開かない。

というのが一番合理的だ。


よくよく思い返すと、もともと社会ってそういう仕組みだよな、と。
[PR]
by hukiagekeiri | 2011-07-29 15:24 | 仕事 | Comments(0)

やはり局地戦

うちのテレマーケティング支援は

対象のクライアントが1つの業種のみ。


月末は一様に発注にストップがかかる。

驚いた。

皆さん一様に同じアクション。


なので月末はオペレーションの整備とデータベースの集計調査にあてようかと思案中。

会社全体のPDCAをこのタイミングで回す。


また、22稼働日で計算していたラップタイムを

20稼働日で再計算。

新たなクライアントはちょっと値上げすると思う。



さて、

クライアントが忙しいと発注ストップになるって想定すると。

12月から3月は業界全体が繁忙期。

5ヵ月後、

売上が一気に落ち込むと思われる。


ただ、業界の新規開拓としては一番効果的な時期でもある。

ファーストアプローチのみならず、

新規開拓のプラットフォームを丸ごとアウトソーシングで請け、

むしろ売上を拡大することもできる。



つらつら書きましたが、

とにかく局地戦を制する。

大阪と千葉への展開も注力し、

業界の新規開拓市場のトップランナーを目指す。

少なくとも名古屋では圧倒的な競争力を身につけたい。


ただ、お付き合いするのは各都市5クライアントまでだ。

負け戦はしない。

勝ち組と勝ち戦をする。
[PR]
by hukiagekeiri | 2011-07-28 21:03 | 仕事 | Comments(0)

統計学と足し算

新規開拓は、努力が正しく報われる仕事だ。

結果が出ないのは努力をしていないから。


どうしてかというと、新規開拓は 統計学・社会科学 だから。

標準化されたオペレーションを繰り返せば、確実に統計値どおりの数値が出る。


「ラクをしよう」 「自分ごとで物事を考えよう」

そう思った途端、まるで神様が見ているかのように受注が遠ざかっていく。


どうしてかというと、新規開拓は ターゲットの自己愛の足し算 だから。

ターゲットの自己愛が一定の分量貯まると 受注 になる。


とある名古屋の案件で、未踏の領域だったけれど

統計値どおりのレスポンスが出た。

ホントにこれは面白い。


勝てるスキームを1つ1つ確立していこう。

それは取引口座を開いたクライアントのみに開示する。
[PR]
by hukiagekeiri | 2011-07-27 19:48 | 仕事 | Comments(0)

愚直なPDCA

17:00までの稼動を終えていったんエントリ。


愚直にPDCAを回していくことで、

確実に競争力は増す。

それを痛感しました。


1つ1つのことにキッチリ対応していくことが大事だ。


少なくともこの4ヶ月で積み上げたノウハウは、そうかんたんに競合は身につけられない。
[PR]
by hukiagekeiri | 2011-07-26 20:30 | 仕事 | Comments(0)

弛まぬベンチャースピリッツ

忘れてた。

弛まぬベンチャースピリッツ。



新規開拓チームを編成してからが勝負。

余剰の新規開拓力をすべて自社の新規開拓に投下する。

その向こうに狙うのはクラウドサービス。


エグイ突破力をもって事業拡大を狙っていく。



名古屋のテレマーケティング支援の市場は今の顧客数で止めておいたほうがよさそうだ。

大阪、千葉に横展開したいところ。

新規開拓のチームを編成し次第、[らっくんちょ]とのタイアップの比率を高める。

テレマーケティングの伸びが[らっくんちょ]のシェアの向上と同じようにすることで、

クラウドサービスへの早期のシフトチェンジを実現する目論見だ。


狙うのはあくまでも世界市場。
[PR]
by hukiagekeiri | 2011-07-26 00:43 | 仕事 | Comments(0)

スピード

スピードが遅い。


スピードを高めていかなくてはいけない。
[PR]
by hukiagekeiri | 2011-07-24 21:17 | 仕事 | Comments(0)

稼働日ラップを追う

7月の稼働日は残り5日。

新規開拓のラップを追っていきたい。
[PR]
by hukiagekeiri | 2011-07-24 01:48 | 仕事 | Comments(0)

吹上経理支援を創業した人のブログです


by hukiagekeiri
プロフィールを見る
画像一覧