<   2011年 10月 ( 38 )   > この月の画像一覧

10月総括

10月が終わる。

今月は 【スピードアップの10月】


振り返って驚いた。


10月の初めはまだ京都にファーストアプローチだったのか。

この1ヶ月で、 大阪で新たに取引口座を開き、神戸で1件受注し、

今は横浜でアライアンスを組みながら自社ソフトの新規開拓に注力中。


20名超の法人格 に当社のターゲットクライアントを絞ったところ、

非常に話が早くなった。

スピード感が明らかに違う。



ただ、投下した稼働時間を見ると、この倍のスピードにできる。

まだまだ遅い。




11月14日に関西に出張予定。

11月下旬までには横浜に出張できるように新規開拓をする。



横浜においては 

自社の新規開拓に付随してクライアントの営業支援 というスキームが出来上がったし、

バックエンドが充実したので、新規開拓コストの回収がしやすくなっている。

押しまくれる状況だ。



横浜の成功事例をそのまま 大阪、神戸、千葉 で横展開したい。

なので、横浜は勝ち切らないといけない。


その次にクラウドを被せて日本の市場にクサビを打ち込み、その上でアジアに横展開。

キチガイな青写真をアタマに、1つ1つの都市を確実に勝ち切る執念を絶やさない。


残り2ヶ月。 人生の悔いとならないように走り切りたい。

らっくんちょと心中する覚悟は変わらない。
[PR]
by hukiagekeiri | 2011-10-31 18:28 | 仕事 | Comments(0)

押しの強さとスピード感

日曜日だし、今日はつらつら。


経理代行事業、またこの2年半のソフトウェアの新規開拓において、

私は1つ、致命的なミスを犯し続け、そしてそれに気づかないでいた。


「予算を持たないところを相手にしていた」



関西や横浜への新規開拓で 「交渉をドライに行う押しの強さ」 を学んだ。

33歳になってやっと学んだ。

名古屋の鼻を突き合わせたようなウェットな市場で、更にウェットなタイプの私には

10年間 「押しの強さ」 が足りなかった。


関西や関東では、地域が離れているから、 その場の交渉が終われば一生会うこともない。

そんな状況を目の当たりにして、私は新規開拓に必要なことを1つ身につけた。


関西や関東が地域的に 「ドライで話が早い」 というよりも、

私自身がドライに話が早くなったのかもしれない。



名古屋という市場の特性だと思うんだけど、

受注をロストしても次につなげることが重要だし、Pushして逆に次の機会を

失うことは限られた市場規模を鑑みても大きな損失だ。

見込み顧客を失わないことが重要な要素になる。

現在も私は名古屋ではそういう新規開拓をしている。

2年半たって、それが成果になってきているのも確かだ。



冒頭の話に戻るんだけど、 私が押しが弱かったのは

「予算を持たないところを相手にしていた」 からなんだ。

そこへpushしても得る成果はないし、判断・決済のスピードも遅いだろう。



ただ、関東と関西の法人格相手にそれでは通用しないんだろう。

少なくとも、これから関東・関西で戦うために、私自身がスピード感を上げていく必要を感じる。


私は決定的に遅かったんだ。


とは言え、2年半続けてきた、名古屋の税理士先生にコツコツしたためるお手紙は止めないつもり。
[PR]
by hukiagekeiri | 2011-10-30 14:50 | 仕事 | Comments(0)

新規開拓 つらつら

土曜日だし、今日はつらつら。



大きい仕事と取り組め、小さな仕事は己を小さくする。

ただ、

積小為大を是とする。



局地戦の圧倒的な勝者と取引口座を開く必要を感じています。

大都市間の横展開が可能な当社の事業は、

「勝ち組の悩みを解決する」 ということに注力したほうがいい。


法人格でかつ20名超の規模。


この辺りと取引口座を開くには、一定の品格が必要になってくるし

新規開拓部門において競合他社との予算の取り合いになる。


神戸のとある案件では既存の取引先との比較になっていて、

「名古屋は遠いから心配だ」

というところがネックとのことで、これも乗り越えて口座を開けるとなると、

決定的な競争力だと自信を持てる。

日本全国どこだって戦える。



例えば、神戸の勝ち組は大阪でも勝てる。

更に、大阪の勝ち組は名古屋の残ってるマーケットを食い潰しにもかかるだろう。


そういう 「横展開」 のニーズを取り込むことができる 競争力 と 品格 を持てれば、

かなり面白いことになる。



その上で当社もクラウドサービスを被せて都市間の横展開を行えば、

広いシェアを勝ち組とともに共有することができる。

更にフリーミアムで競合を淘汰してデファクトスタンダードを確立する算段。



で、それはあくまで国内の事業モデルなわけで、これを アジアの英語圏に 横展開する。

そういうキチガイな目標を忘れちゃいけない。


詰まるところ、すべては1つ1つの都市でキッチリ勝ち切る執念から始まる ってことで締める。


月曜から横浜をpushする。
[PR]
by hukiagekeiri | 2011-10-29 17:34 | 仕事 | Comments(0)

横浜に腰を据えて つらつら

クライアントにおける

「新規開拓部隊・新規開拓機能 を 内製化 する」

というニーズに答えるのが当社の営業支援サービス。


ただ、市場の求める声は そうでもないらしい。

ブローカーを求めている。


‥うーん。


そんなところは5年後には市場から淘汰されてると思うけどな。どうだろう?


営業マインドのある、新規開拓センスのあるクライアントと取引口座を開かないと

うちの強みは活きないなぁ、と痛感。



さて、

10月の営業支援サービスにおける新規開拓のラップタイムは確保できた。

目標を達成できたのはうれしいな。

更に、横浜で早期にクサビを打ち込めたのが大きい。


大阪、神戸 では新しく案件が動き出す。

横浜は来週から●●をガンガン訴求する考えだ。



あくまでも狙うのは世界市場。

ちゃんと言い聞かせないと忘れそうになる。
[PR]
by hukiagekeiri | 2011-10-28 17:55 | 仕事 | Comments(0)

横浜 黄昏 つらつら

新横浜駅からのアクセスを考慮しながら

横浜の税理士法人様へアプローチ。


ちょろっと電話した感じでは、横浜は意外と保守的、と思ったけれど、

いやいや‥  関東は話が早い。


●●の新規開拓のバックエンドを確保できた。


横浜では当面 ●●の訴求を ●●業・●●業に注力して行う予定。

営業支援における新規開拓は、横浜ではいったん止める。

この手法がうまくいったら、名古屋・大阪・神戸 で既存のクライアントと共に横展開する。


この横展開が非常に面白い。

各都市のクライアントは予算をお持ちなので、勝ちパターンであれば積極的に乗ってくださる。



その上で●●クラウドを被せて一気にシェアを獲る算段。


圧倒的な新規開拓の前では、中途半端なプロモーションは無力に等しい。

11月は横浜の1ヶ月になりそう。

出張して中華街に寄れるようにガンガン新規開拓するぞ。
[PR]
by hukiagekeiri | 2011-10-27 17:27 | 仕事 | Comments(0)

西関東 つらつら

神戸の主だったところには一通りアプローチ。

なので、

11月からの予定だったけれど、前倒しで西関東にアプローチする。



川崎市と横浜市 だけで 大阪市と名古屋市を合わせた人口 を超えてしまうんだな。

新横浜からのアクセスを重視してクサビを打ち込んでいきたい。

そうすると6月にあたった千葉が活きてくる。


午前に横浜、午後に船橋でアポ、というのは現実的な形なんだな。


日本全国の大都市 をあたってから 東京 と考えていたけれど、

やっぱり会わないと取引口座を開けないと感じたので、

札幌、福岡、広島はいったん保留とする考え。



札幌・福岡・広島では、営業支援を省いてクラウドサービスを訴求する。



大都市間の横展開は 局地戦の勝者のニーズ。

名古屋の勝ち組税理士法人は、大阪や東京に支店を持ちたいと思っているはず。

そういうところを押さえることができれば、もっともっと面白くなる。


大きな仕事と取り組め。

小さな仕事は己を小さくする。


そのためにも、1つ1つの都市でキッチリ勝ち切る執念が必要だ。
[PR]
by hukiagekeiri | 2011-10-26 18:05 | 仕事 | Comments(0)

神戸 つらつら

新規開拓営業において、

「局地戦の勝者」  というキーワードはとても重要だと思う。

市場の勝者 には 売り手からも買い手からも情報が集まるからだ。


そして、この成熟した日本の市場において 

市場の勝者は 絶えず変化をするし、予算をお持ちだ。


営業支援サービスにつき、クライアントの声を元に少しカスタマイズした。

市場での競争力が増したと思う。

勝ち組クライアントの要求は競争力の源泉だ。


関西に出てきてブラッシュアップされた。



横浜でも戦えるように、神戸でもキッチリ勝ち切りたい。
[PR]
by hukiagekeiri | 2011-10-25 17:59 | 仕事 | Comments(0)

神戸に展開中 そしてその後 つらつら

神戸の税理士法人様にはひととおりアプローチ。

10月は神戸に注力し、11月は次の都市へ展開する。


名古屋から新幹線で西へ というイメージで新規開拓していたけれど、

関西の更に西へ足を伸ばすのは、ちょっと非効率な印象。


岡山、広島、そして福岡、という感じだけれど、

若干飛び石のようになっている。

岡山と広島を足しても名古屋の市場規模に満たない。

ただ、衛星都市の人口分布次第ではもっと可能性のある市場になるんだろうけれど。


名古屋から岡山 が 名古屋から東京 と同じ旅費負担。

人口70万の 岡山 よりは 日本最大の市場 首都圏 に展開したほうがいいのは間違いない。


東京23区だけで、 大阪市、名古屋市、京都市、神戸市の合計を凌ぐ 人口894万人。


こうやって考えると、名古屋という商圏で事業をできたことを感謝する。

いい感じに小さな市場だったので、ある程度ニッチな戦い方ができた。


ただ、こうやって人口比較をすると、

名古屋の私は首都圏と同じ日本人のカテゴリに含めていいのかな?

と、ちょっと不安になる。



11月の注力都市は 横浜、川崎 になるかな?
[PR]
by hukiagekeiri | 2011-10-25 01:10 | 仕事 | Comments(0)

勝ち組会計事務所の新規開拓をご支援する

e0066235_13483087.jpg



競合からのキャッチアップを恐れていたけれど、

競合がwebでアップしていることを知ったので取り急ぎアップ。


→勝ち組税理士法人様のための電話営業・テレアポ・テレマーケティング支援のご案内はこちら


税理士事務所の新規開拓は、業界特有の規制が数多くあるので、一筋縄に行かない。

それをどうやって真正面から対処しながら結果を出すか。


それはwebには一切載っていない。

また、クライアント自身に新規開拓センスがないと、どんな手法を採ったって上手くいかないだろう。


私はコンサルティングは一切しない。

自分より優秀な人へサービスをご提供する時に、コンサルティングなど無用だ。

なので、「答え」 を外に求めている方はお問い合わせをご遠慮願いたい。



局地戦の勝者であり、かつ新規開拓予算を持ち、営業マインドをお持ちで、

そして倫理意識の高い 勝ち組会計事務所様 のお問い合わせをお待ちしている。
[PR]
by hukiagekeiri | 2011-10-23 14:29 | 仕事 | Comments(0)

blogのあり方を再度考える

先日の あいちベンチャーハウス の懇親会で、

インキュベーションマネージャー から

「日高さん、もう今はブログよりfacebookの方が良いよ!」

と、さりげなくご指導をいただいた。


ささやかながら、これが最後のご指導だろう。

ベンチャーハウス入居時に決めた 素直 を徹底する。

らっくんちょのweb版の参入時期の相談は素直に従った自分が間違ってた



確かに、ネットベンチャーの営業マン達も、アメブロなどの更新をしていない。

放置されているブログを散見するけど、だからといってその人たちが仕事をしていないわけじゃない。

「つながり」はすでに facebook や twitterなどの SNS に潜り込んでいる。

それはもう2年も3年も前からの話だと思う。



ここ数年のこのブログのトラフィックを見ても、

「もうトラフィックは戻らないだろう」

という感じがする。

いまやブログはコミュニケーションの手法ではなく、 コンテンツを用意する場所 となっていて、

そもそもそれはブログである必要がない。

自社サイトで十分だ。



ただ、札幌や千葉への新規開拓、関西への出張などをし始めて痛感したことがある。

それは 今なおブログが "私の人となりをうまく表現するツール" であり続けているってこと。

出張時や新規開拓時に、トラフィックが広く深く伸びる。


私の場合、これを facebook で代用するのは難しい。

私はクライアントに friend申請 しない。 

twitter 、 facebook は英語圏へのアプローチの準備で使っているから。


そういう理由から、blogをなくすと 

"開かれた、日高個人をネット上で発信する場所" がなくなってしまう。



さて、つらつら書いたけれど 結論。


ブログは 12月13日 の創業7周年で、毎日更新をいったん止めようかな、と検討中。

あと 1ヵ月半だ。


その後は

【9月総括】 【8月総括】 【2010年総括】 などの 総括のエントリや、

コラムなどのコンテンツを載せる場所にしようかな、と思っている。


いったん止めたらトラフィックはもう戻らないだろう。

たぶん、毎日10を切る。


blogの更新は、6年以上、毎日毎日愚直にやってきた日課。

もう何年も前から、止めることの方が勇気がいる状態だ。


止める勇気を持とう。
[PR]
by hukiagekeiri | 2011-10-22 20:45 | 仕事 | Comments(0)

吹上経理支援を創業した人のブログです


by hukiagekeiri
プロフィールを見る
画像一覧