<   2013年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

4月総括

4月が終わる。

今月は 「覚悟を決めた4月」



『誰と成功したいか、ではなく、誰とならたとえ失敗したとして後悔しないか』


この命題の答えが1つ出たので、

一心不乱に取り組む覚悟を決めました。



今回は最初からユニットのリーダーを育成していく考えです。 

管理業務も含め任せていき、採用レベルから関与してもらう。

私自身は難しい仕事に取り組まねばいけないため、チームを自走させなくてはいけないし、

そもそも、事業のPDCAを回せる人材しかこの成熟社会では生き残れない。

それを入社時点からご理解いただく必要がある。



それが、商売におけるヒトの問題の多くを解決させるんじゃないかって思うようになった。

やらされ仕事、収益なき権利意識、信用・責任逃れの仕事してるフリ。

これらは頑張っている人を不幸にするので、キッチリ潰していく必要がある。




とにかく4月が終わってしまったので、5月をもっともっともっと追い込んでいかなくてはいけない。


「取り組んだら放すな、殺されても放すな。目的を完遂するまでは」

「自信を持て、自信がないから君の仕事には、迫力も粘りも、そして厚みすらない。」

「大きな仕事と取り組め。小さな仕事は己を小さくする」

「摩擦を怖れるな、摩擦は進歩の母、積極の肥料だ、でないと君は卑屈未練になる。 」




暑苦しいエントリで、今月も締め括らせていただきます。
[PR]
by hukiagekeiri | 2013-04-30 18:42 | 仕事 | Comments(0)

難しい仕事を狙え

難しい仕事を狙え、そしてこれを成し遂げるところに進歩がある。


私自身がもう一段難しい仕事にチャレンジできるようになるため、

現在の業務を標準化し、スタッフに落とし込む必要がある。


その標準化した業務のPDCAサイクルを回せるような自走できるユニットを目指すのは2014年以降。

標準化の過程では、現場のオペレーションにあわせて管理業務まで標準化する。

その上で2014年以降は管理業務まで巻き込んでユニットに自走させたい。



今できる仕事・予測のつく仕事にあぐらをかいている余裕はないので、

もう一段上をしたたかに狙うべきだ。


それができないと明日はない。
[PR]
by hukiagekeiri | 2013-04-29 21:29 | 仕事 | Comments(0)

ドライブをかける

一気に事業にドライブをかけるタイミングなので、

ここを一心不乱にやりぬく覚悟が必要だ。
[PR]
by hukiagekeiri | 2013-04-28 17:53 | 仕事 | Comments(0)

自走できるチームを作る

日本は成熟社会なので、新規開拓は更に 「情緒」 へ訴求する要素が高まっています。


BtoB では尚更で、

「味方である」

「有益である」

であることが非常に重要になっていると感じます。



それを司ることができるのは、システムでもなく、仕掛けでもなく、

その場にいるヒトでしかありません。


厳しい言い方をすると、BtoBにおいては、口のきき方、立ち振る舞いのいい加減な顧客を

一切もつべきではないと思います。BtoC ならそれもありですが、BtoB においてはそういう顧客は

競争力と将来性と予算を持たないので。



もちろん、顧客の「自己愛」を満たすための標準化、データベース化、ビッグデータの活用は必須ですが、

それを大前提として、関わるヒトが人格的に成熟しているか否かが勝敗を分けると考えています。



ただの労働力はすでに市場価値を失っています。

新興国と比した人件費のコストが1桁違う日本では尚更です。

業務の標準化で覆せるような差でもない。


ですから、採用段階、1スタッフレベルからこの認識をしっかり共有して、

「PDCAサイクルとチームビルディング」 こそが仕事で、個別の作業には実は価値がないということを

口酸っぱく言い続けることが肝要だと思います。

ヒトとして、情緒を売り対価を得られなくては明日はない。


アホみたいに言い続けることが重要だ。


2014年に目指すのは自走できるユニットを内製化した事業開発会社。
[PR]
by hukiagekeiri | 2013-04-27 16:46 | 仕事 | Comments(0)
自走するユニットを作ろうと思うと、

標準化した業務の領域については代替性の高い労力を充てるのが妥当。

というかそうせざるを得ない。

なので、セキュリティと業務水準、倫理面をキッチリ統制をかけた上で

標準化された領域では、採用レベルから自走させる必要を感じます。



上記はあくまで標準化した業務の領域の話。



私が間接部門に埋没していてはいけない。思い切って管理業務も標準化すべき。

20代の私は間接部門までコツコツとやり込んでいた。

人生経験としては重要だけど、事業にドライブはかからない。



目指すのは1点。より付加価値の高く粗利を産むサービスを実現する。

社内にPDCAサイクルを回せる事業開発ユニットを作る。

正社員5名までの規模では、

まずは私がそのユニットのリーダーの業務に注力できないといけない。


東海地区で圧勝を目指したいので、すべてを賭ける覚悟が必要だ。



自身がイメージしてきたことはほとんどやってこれたから、たぶんこれも可能なんだろう。
[PR]
by hukiagekeiri | 2013-04-26 23:23 | 仕事 | Comments(0)
周囲の方が

『事業で勝負をかける時、その時に吹上経理を選ぶ』

そうあるために、4年近くに渡りお一人につき30通40通お手紙をしたためてきました。

吹上経理の生産性が上がりつつあるので、そもそも私自身が勝負に出ようと考えています。



勝ちパターンの市場の横展開、地域の横展開、

いよいよ資金と労力を集中投下したいです。



ウチのバイトのスタッフにだって、50名超規模の税理士法人の代表にだって、

上場企業の創業者にだって、出入り業者の一般社員にも、

誰にも分け隔てなくお礼の手紙をしたためる。


振り返るとただ1つ、これで私の人生は好転してきたので、これからも変わらず、

関わるすべての人にお礼のお手紙をしたため続けたいと思います。
[PR]
by hukiagekeiri | 2013-04-26 00:44 | 仕事 | Comments(0)

人柄かスキルか

『人柄か、それともスキルか』


成熟社会で、更に中小企業においては前者の選択肢しかない、と私は考えています。


スキルの高い方が中小企業には降りてこないし、

また、代替品にまみれて技術革新を繰り返す市場では、

束の間のスキルはすぐに陳腐化します。



更に、今後はヒトが 「新技術やシステム」 に取って代わられる領域が更に増え、

より 「情緒的」 な領域でしかヒトは市場で価値を生み出せなくなると思います。
[PR]
by hukiagekeiri | 2013-04-25 00:17 | 仕事 | Comments(2)

自走する

吹上経理の中に、自走するユニットを創りたいと思っています。
[PR]
by hukiagekeiri | 2013-04-23 17:48 | 仕事 | Comments(0)

人格を磨く

人は仕事で磨かれる。


もっともっと胆力と決断力を磨いていかなくてはいけない。

そして周囲に対しては弛まぬ圧倒的な誠意を。
[PR]
by hukiagekeiri | 2013-04-22 18:33 | 仕事 | Comments(0)
仕事に大小や貴賎の区別は必要ありませんが、

『大きな仕事と取り組め』 という教えはしばしば商社のご出身の方からお聞きするところです。



新しく手助けをしてくれる人を探しています。

吹上経理に関わる人が、昨日とは違う景色が観られるような、仕事を通じて腹の底から喜びを感じるような、

そんな事業を作りたいと思っています。



商売は、ヒト、ヒト、ヒト。

私自身が、周囲の素晴らしい方々に恵まれている事を痛感しているので、

この幸せの連鎖をもっともっと広げたいと考えています。
[PR]
by hukiagekeiri | 2013-04-21 19:22 | 仕事 | Comments(0)

吹上経理支援を創業した人のブログです


by hukiagekeiri