<   2013年 06月 ( 23 )   > この月の画像一覧

6月総括

6月が終わる。

今月は 「一直線の6月」


ここだと決めた成長領域へ一気にすべてを投下した1か月だった。

業務の改善点は地道に行ない、確実に前進している実感がある。


このまま回収に向けて一心不乱にやり抜く覚悟でいる。


「勝ち切ること」

「勝ち続けること」

この重要性も腹の底から痛感したので、

7月はとにかく東海三県で圧勝を目指していく。



引き続き滋賀や静岡にも触手を伸ばし、キッチリ成果を上げていきたい。



また、「ヒトの力」 を実感した1か月にもなった。

やはり日本では ヒト の労働の付加価値を、手や口を動かす作業に求めるんじゃなくて

情緒であったり、PDCAであったり、チームビルディングに置くべきだって感じた。



結果を求める7月を一心不乱にやり抜く覚悟で、

いつもながらの暑苦しいエントリを締め括らせていただきます。
[PR]
by hukiagekeiri | 2013-06-30 17:54 | 仕事 | Comments(0)

スタッフレベルのPDCA

先月の会議よりも多くの収穫があった、月末のPDCA会議。


SWOT分析は定例にしている。

もちろんSWOTごときで解決できる課題は限られているのだけれど、

スタッフレベルでの会議に大きな効果を感じている。

私はほとんど意見を出さずにいる。

私がガチンコで議論してしゃべりだしたら周囲は萎縮してしまい時間の無駄となる。

会議はそういう場ではない。




毎日のオペレーションの作業にも価値はあるのだけれど、

やっぱり月末の会議で絞り出される知恵や改善案こそ本質的なヒトの価値だって痛感した。



吹上経理は、統計値・実績値とPDCAサイクルをコアの競争力としていきたい考えです。

どこもこれをやっているから、うちも当然やってないといけない、という意味で。

差別化要素でもなんでもない。




20代の頃は、私がオペレーションの標準化や改善、また戦う市場もすべて考え、

それをスタッフへ当てはめる、という手法を取っていた。


今はそういう考えはなくって、スタッフレベルで市場選定まで考えていただくことを目標としている。

オペレーション改善もスタッフからのボトムアップを重視することにした。



それこそが成熟社会での 「ヒト」 の労働の価値で、

厳しい表現を敢えてすると、これができないと日本の労働市場で生き残ることって難しいって

思っている。



5月よりも6月よりも来月7月の吹上経理支援のほうが競争力が高いって確信している。

吹上経理支援に在籍していることに誇りをお持ちいただけるようにすること。

そのためにも、私自身にもっともっともっと人格の成熟が必要だ。
[PR]
by hukiagekeiri | 2013-06-29 18:16 | 仕事 | Comments(0)

勝ち続けること

勝ち続けないといけない。
[PR]
by hukiagekeiri | 2013-06-27 23:17 | 仕事 | Comments(0)

大きな仕事と取り組め

大きな仕事と取り組め。

小さな仕事は己を小さくする。
[PR]
by hukiagekeiri | 2013-06-26 18:14 | 仕事 | Comments(0)

成長領域にすべてを注ぎ込む

成長領域にすべてを注ぎ込む。


そういう覚悟でやっていかなくてはいけない。
[PR]
by hukiagekeiri | 2013-06-23 16:43 | 仕事 | Comments(0)

勝ち切る

勝ち切らないと何も得られない。
[PR]
by hukiagekeiri | 2013-06-22 23:04 | 仕事 | Comments(0)

圧勝するために圧倒する

都市間の横展開は、

各都市で圧勝できるレベルまで自社の競争力を高めなくてはいけない。


吹上経理を全国で戦わせるためには、少なくとも名古屋で圧勝するのを当たり前・常識にしないといけない。



『自信を持て。自信がないから君の仕事には、迫力も粘りも、厚みすらがない』


圧勝するためには圧倒できる凄みが必要だ。
[PR]
by hukiagekeiri | 2013-06-21 23:35 | 仕事 | Comments(0)

徹底的にやり切る

徹底的にやり切る覚悟がないと物事は進まない。
[PR]
by hukiagekeiri | 2013-06-20 20:08 | 仕事 | Comments(0)

小さな勝ちパターンを横展開する

「ここは確実に勝てる」

という領域を1つ1つ作り、これを拡げていく努力を止めてはいけない。


成長市場を選ぶことで、勝ちパターンの横展開、掛け算をかけやすくなるので、

まずは圧勝できる何かを手にしなくてはいけません。



とにかく全国に打って出る青写真は出来てきている。

あとはやるだけだ。
[PR]
by hukiagekeiri | 2013-06-19 18:44 | 仕事 | Comments(0)

曝け出す

いつも読んでいる会計士先生のブログにいいものがあったのでリンクしておきます。

http://blog.livedoor.jp/deguchi_ac/archives/52135005.html


このエントリの一節にある

『どこかで漁夫の利を狙っている人は、自分をさらけ出すことをしません』

というのが非常に刺さりました。




私は周囲から 「最近調子はどう?」 と聞かれても

『いやー、悪くなる一方です』という返事ばかりしてきていて、

この返事をするように決めてから、もう4年近くになります。



本当に悪くなる一方なら4年間ずっと右肩下がりに悪くなり続けてるわけで、

吹上経理は今頃廃業してて当然、ということになります。



また、自社の勝ちパターンはほとんど口外していませんし、

自身をさらけ出す、ということを全然やっていなくて、

しれっと全国で戦おうと考えていますが、直接お会いした方には自社の野心などは

全然伝えていません。

ホームページにも今の自社の主力のサービスは記載していない。



逆に、大学の先輩にあたる人が税理士業界で急成長してバリバリやっておられて、

その方はやっぱり引用した一節の趣旨と同じく「オープンじゃないと伸びない」というお話をしています。




よくよく考えると、自身が『漁夫の利を狙っている』というのは的を射ていて、

特にこれから1~2年は、うちの動向をあまり競合他社に知られたくありませんし、

お付き合いするお客様を絞って絞って、ということを意識しています。

情報が漏れることを非常に強く危惧しています。



ただ、それが吹上経理の不信に繋がるとしたら、それほど悲しいことはありません。



まぁとにかく、今は言えないなー。
[PR]
by hukiagekeiri | 2013-06-18 20:44 | 仕事 | Comments(2)

吹上経理支援を創業した人のブログです


by hukiagekeiri
プロフィールを見る
画像一覧