<   2014年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

1月総括

1月が終わる。


投下する業務量としては納得のいくものでした。

やり切ったといえばやり切った。

成果をあげている領域では非常に順調。

ただ、苦戦しているところもあって、そこでは依然として泥水すすっている状態。




私自身がギラギラしたほうが、士気の低いチームよりも良い仕事ができる。

そういう風に感じた1ヶ月でした。

次世代の労働集約サービスの実現を諦めてはいけない。




マンパワーが足りない分を人に執着するんではなくて、他のリソースで補う意識が必要で、

例えば新規開拓においては

先日のエントリにも書いた「フリー」による AISAS の Attention であったり、

販促物による代替があげられます。



経理代行サービスのオペレーションにおいてはうちだけで十分回せるし、

更には

新規の受注が出たときには外部の協力会社が充実しているので生産性に問題もない。



何も怖がることはなくて、アクセル全開でいけばいいんだ。



労働集約サービスだからといってサプライを労働に頼る必要は無い。それを忘れていた。

例え小規模事業者だとしても事業のデザインを妥協したら終わりだ。



「事業のリソース」として質の高いものだけを抱える。

その覚悟を持たなくては事業は続きません。



私の情熱が何にもましての競争力で、これをなくしては吹上経理は生き残れませんから、

それを削いでしまうようなものをできるだけ近くに置かないこと。

戦えるメンバーのみで編成する。



2月も脱落者続出でギラギラいこうと思います。

局地戦で勝ち抜くことを諦めない。

この週末2日でグッと充電して、2月はロケットスタートを切りたい。
[PR]
by hukiagekeiri | 2014-01-31 23:50 | 仕事 | Comments(0)

無償会計ソフト構想

e0066235_1242395.gif

e0066235_3542983.jpg


会計系アプリについては、これまで無償でユーザーを増やすということを進めてきました。

その上で会計ソフトを無償で提供できると相当面白かったのですが、

データベースが絡むと私ではチンプンカンプンなのでずっと停滞していました。



ただ、案外シンプルに会計ソフトって作れるよね、ということに気付いたので、

フリーの会計ソフトを作ってみようか、と2年ぶりに思いをめぐらせているところです。

ネーミングはやっぱり 「俺の会計ソフト」 です。



また、「俺の」 シリーズに

「俺の給与明細」 も加えてみたい。

アルバイトの給与明細をサクッとwebで作れるというヤツです。

年間の支給履歴データもcsvデータでダウンロードできるという感じ。
[PR]
by hukiagekeiri | 2014-01-30 23:39 | 仕事 | Comments(0)

1稼動日

残り1稼働日。

やり切ったと言えるように最終日に臨む考えです。
[PR]
by hukiagekeiri | 2014-01-30 19:29 | 仕事 | Comments(0)

やり抜く執念

仕事というのはやり抜く執念。

それだけのような気がしてきました。


それさえあれば何とでもなるし、逆にそれがなければ何をやってもダメなんでしょう。
[PR]
by hukiagekeiri | 2014-01-28 22:20 | 仕事 | Comments(0)

期待値を超える

お客様の期待値を超える。超え続ける。


これは、経理代行事業の時代には避けていた考えです。


経理代行、会計事務のサービスは付加価値を創出し辛い市場です。

数字合わせとレビューが仕事なので、後はスピードと正確さを競うのみ。 そして接遇マナーでうやむやにする。

価格競争力や納期、アウトプットを改善しようとすればするほど粗利を削るデスマーチとなります。

更に、うちの顧客層は予算も限られていたため、まさに「デフレの市場」ともいえます。


「経理代行では誰も幸せにできない」 とはしばしば周囲の方に申し上げていることです。



実際に、世界的にも事務のお仕事はITにより雇用を奪われていますから、

経理事務、会計事務に執着することは、目の前の現実に目を背ける行為ともいえます。



今 吹上経理が手がけているサービスでは、

成果をあげればお預かりする予算は自ずと増えていきますし、

新たな企画提案も受け入れられます。



お客様の期待値を超える。超え続ける。



今はこの言葉がすっと胸に落ちてきます。

少なくとも中小企業の BtoB では、難しい仕事をやり抜くことを止めたら終わり。
[PR]
by hukiagekeiri | 2014-01-23 21:31 | 仕事 | Comments(0)

バサバサ結果を出す

先日も書きましたが、

新規開拓支援につき苦戦していた領域があったので、そこに私自身が直接介入したところ、

ザクザク成果が上がってきています。



腹立たしい。

3ヶ月ほどジリジリ我慢していただけに、余計に腹立たしい。

「妙だな‥」 と思っていた違和感を後回しにしていた自分に腹が立つ。




うちは労働集約サービスですから、投下する労働の質だけで付加価値が決まってしまいます。

こういうのを目の当たりにすると、

脱落者続出を覚悟で走り切る、というのが正しい様に思えてきた。



バスに乗せるかどうか。 その見切りをつけるのをもっと早くする必要を感じます。

口のきき方とか、小さな仕事への姿勢とか、そこで違和感を感じたら即座に決めるべきだ。



常勝チームにならないと、生き残ることすらままならない。

戦えるメンバーのみで編成することを徹底すべきだ。
[PR]
by hukiagekeiri | 2014-01-22 17:39 | 仕事 | Comments(0)

局地戦を圧勝する

新規開拓支援で成果が上がっている領域において、新たな企画を打つことになりました。

ここでも確実に成果を上げて圧勝といえる水準まで高めていく考えです。



競合の鼻っぱしをへし折る。

競合といっても私たち吹上経理の競合ではなくって、

お客様の競合の鼻っぱしをへし折る。




お客様から 「吹上経理に任せればほぼ勝てる」 と思っていただく必要を感じます。

年間予算を割いておけば、まず必達してくれるという安心感も必要。

なので、勝ち出したらすべて勝ち抜く気概が必要で、負け戦には手を出さないことも重要です。

常勝チームにはオーラが出てくる。



局地戦で勝てると分かれば、ヒトもカネも一気にそこへ流し込む。



自社の売上とお客様が増えていく 「高揚感」 というのは事業を進めていく上で重要で、

その 「高揚感」 を生み出して、お客様の職場や社風にうねりをもたらすことも

新規開拓支援の付加価値となると考えています。




勝たなければ得るものは何もないし、

勝ち続けることで外部環境の多くは改善されていく。
[PR]
by hukiagekeiri | 2014-01-21 20:25 | 仕事 | Comments(0)

社内のリソースに妥協しない

たとえ小規模事業者といえども、

自分の事業のリソースが何か、ということと、

それがどんな価値を産んでいるか、ということを

把握している必要があります。



価値を産まないリソースを持たない。



例えば、自社製のフリーのアプリを持つということは、

広告宣伝費をかけずにターゲットに対して自社の認知をさせるという意味で、

利益を生むリソース、ということになります。



少し数値を開示すると、うちのフリーのアプリは利用者が使用する度に年間2000回以上の

自社広告を伴っていますから、

クリック広告単価8円×2,000回 = 16,000円相当の価値は創出していることになります。



更には、日本全国から濃い見込みターゲットを抽出する、という難しい仕事をやり遂げている点も評価できる。



自社のリソースに妥協しない。

粗利の高い事業モデルを組み上げていかないといけない。

そういうところを、「迎合」によって妥協してしまった2013年だったような気もします。



PDCAを回す、周囲の情緒を満たす、チームビルディングを行う。

そういう付加価値を生み出せないと、ヒトがまともに戦える市場ではないってことを

改めて肝に銘じないといけない。




勝たなければ得るものは何もない。
[PR]
by hukiagekeiri | 2014-01-19 01:58 | 仕事 | Comments(0)

労働集約サービスに執着するから苦しくなる

創業期の事業ドメインの選択に、労働集約サービスは含めないほうがいい。


そもそも付加価値の高い労働者が零細企業には来ない。

デキる子は自分で起業しちゃうし、もしくは安定した大き目の企業にいく。

そこから漏れたところで寄せ集めたチームで勝負に勝てるはずがない。



粗利の低い労働集約サービスに依存すると、上記のデフレスパイラルで競争力を高めることができませんから、

事業を離陸させることができない、ということになります。



なので、小規模事業者における採用については、「パートナー」という考えを導入する必要を感じます。

獲得した粗利は、メンバー全員で分配する。

固定給ではなくて、利益分配型の制度設計をする。

更に収入保証としてベースに固定給を提示する。

その上で、即戦力として市場で戦えるメンバーのみでチームを編成する。



これで事業が離陸したら、そこで初めて従来型の雇用を当てはめていけばいい。



知価集約型の事業モデルを目指さなくてはいけない。



PDCAを回す、周囲の情緒を満たす、チームビルディングができる。

採用においては、それができて初めてユニットに迎えるべきかなぁ、と。



誰をバスに乗せるかを妥協したら絶対ダメだな。

特に人件費の高い日本では。
[PR]
by hukiagekeiri | 2014-01-17 02:11 | 仕事 | Comments(0)

勝たなければ得るものは何もない

「勝たなければ得るものは何もない」


最近はつくづくそう思います。


年末年始のスポーツを観て強く感じたのですが、負けた側の涙に感動するのは学生スポーツまで。

敗者の姿に涙するのは、若い彼らに未来があるからなんでしょう。

プロや成人ではそうはかない。

勝つと負けるとでは、外部環境にも内部環境にも大きな差が開いてしまいます。



「勝てば官軍」とはしばしば耳にしますが、そもそも負け続けた官軍なんて歴史にあるんでしょうか。

少なくとも商売において、負け犬には周囲の誰も手を貸しません。

出入り業者にすら相手にされない。



「結果がすべて」

とつくづく感じます。

誠実に原価割れでサービスをして、どれだけ頑張ったって、

結果が出なくては誰も笑顔になりません。

デスマーチに付き合わされる周囲の関係者や部下を潰すだけだ。



一方で、例えば新規開拓支援で成果をあげ続けると、お預かりする予算もみるみる増えていきます。

自分の声が周囲に届きやすくなるのを如実に感じます。

相手が打算的なわけではありません。 手のひらを返したわけでもありません。



結果がすべて。



成果をあげるためのプロセスをいい加減にするわけではないし、

結果を出せば何をやってもいいわけでもない。 決して。

ただ、結果を出さないと未来はちっとも変わりません。



勝者たれ。



そういう強い気持ちで事業に向かわなくては、負け犬で終わるだけだ。

だからこそ、

逆説的になるんですが、

だからこそ、心の奥にある情熱と誠実さを忘れてはいけない。

そして、ひとたび負け戦となれば自ら殿軍を買って出る。

起業家の必須要件のように思います。




そういう想いを忘れないためにも

これからも変わらず、関わるすべての人に御礼の手紙をしたためようと思います。



勝たなければ得るものは何もない。
[PR]
by hukiagekeiri | 2014-01-15 23:11 | 仕事 | Comments(0)

吹上経理支援を創業した人のブログです


by hukiagekeiri
プロフィールを見る
画像一覧