<   2014年 11月 ( 26 )   > この月の画像一覧

11月総括

11月が終わる。


今月は 「ガス欠の11月」


10月の追い込みでメンタルが疲弊してしまったところでの

お客様へのロイヤリティに注力した11月前半でした。


11月は前半で既に心身共ににガス欠してしまいました。


フラフラせずに、いま取引口座を開いているお客様にもっと価値をご提供すべきだし、

また、「20名超規模の税理士法人の創業者」 が抱える難しい仕事を仕留める、ということを

諦めてはいけない。



面白い宿題をまた1ついただけたので、これも6ヶ月~1年掛かりで止めを刺したい。



今 取引口座を開いて契約しているお客様には、必ず勝たせる自信があるし結果を出してきた自負があります。

勝たなければ得るものは何もない。

もう1日しっかりカラダを休めて、12月を存分に戦えるようにしたいと思います。



顧客ロイヤリティとして、以下の支援を具体的に行なっていく考えです。


・販促物の強化

・セミナー開催などの支援

・難しい仕事を解決する (詳細は内緒)

・勝ちパターンの提供

・介護、相続の領域における新規開拓スキームの構築



あとは、露骨でいやらしい話だけど、

常勝チームを目指すためにもメンタルを下げないような習慣作りが必要だ。

これも仕事のパフォーマンスを維持してる人はみんなやってることなんだろう。
[PR]
by hukiagekeiri | 2014-11-30 16:57 | 仕事 | Comments(0)
今お付き合いのある方々は局地戦で勝ち抜いているお客様ばかりなので、

そこを圧勝に導くというのが私の仕事です。


(私のような) 負け犬は真っ当に市場で戦うようになるにも相当なエネルギーが必要になりますが、

パンチ力がある市場の勝者は、同じ労力を掛けても成果をあげるための熱伝導効率が高い。



勝って勝って勝ちまくりたい。

少なくとも新規開拓においてはお客様を圧勝に導くその自信が私にはあるし

勝者の悩みを解決することが吹上経理の生き残る術だと考えています。



まずはしっかり休息をとった上で、

2014年を連戦連勝で締め括るべくこの週末を活用したいと思います。




難しい仕事を狙え、そしてこれを成し遂げるところに進歩がある。

取り組んだら放すな、殺されても放すな。目的を完遂するまでは。

[PR]
by hukiagekeiri | 2014-11-28 19:31 | 仕事 | Comments(0)

11月最終稼働日

今日がいよいよ最終日。

またもや無能の証明徹夜明け。

月末の2連休をゆっくり休むためにも、あと10時間半を何とか凌ぎ切りたい。
[PR]
by hukiagekeiri | 2014-11-28 06:31 | 仕事 | Comments(0)

あと2稼働日

11月は残り2稼働日。


結果がすべて。


お客様の難しい仕事を確実に仕留めて止めを刺す。

そういう執念が必要だと思います。
[PR]
by hukiagekeiri | 2014-11-26 20:40 | 仕事 | Comments(0)

あと3稼働日

11月はあと3稼働日。

結果がすべて。



物価が上がっていますが、

低価格戦略を採っていると売上単価の値上げの理由が

「原材料費の高騰」 「人件費の上昇」 

という、外部環境に起因するものになってしまいます。


「私は悪くないけれど周囲が悪いから値上げせざるを得ないんです」

という言い訳になります。


買う側からすれば、そこになかなか大義を見出せないので、インフレ時の低価格戦略は非常に難しくなります。

デフレ期で削がれた競争力では売上単価上昇に見合う価値を生み出せないので利益率は下がるのみ。



いつも読んでいる会計士先生のブログには4年前に既に今の状況を予見した記事がありました。

秀逸な記事ですので、このブログをお読みでリアルでの私を知っている起業家の方は是非ご高覧いただけるとよろしいかと思います。


低価格路線の末路 2010.09.09 


デフレ期の値決めとインフレ期の値決めとは別物だよ、ということもとある記事でおっしゃっていたように思います。


私自身が高い粗利に執着するようになったことにこの会計士先生のブログが強く影響しているように思います。

4年近く泥水をすすって、今は高い粗利にチャレンジする底力と機会が恵まれていると思いますから、

そういう意味でこの会計士先生に感謝します。

つくづく私はラッキーだと思います。
[PR]
by hukiagekeiri | 2014-11-25 22:13 | 仕事 | Comments(0)

11月最終週を迎える

いよいよ11月最終週です。

しっかり睡眠を摂った上で残りの稼働日で結果を出したいと思います。


結果が出せないなら頑張ってはいけない。

周りが巻き込まれて不幸になるので、当の本人はすぐさま市場から退場すべき。

頑張る、頑張らないではなくて、ひとたび取り組んだ仕事は必ず成果をあげる執念が必要だと思います。


今日は徹夜明けになってしまいましたが、これは市場で通用しないクズのやることで、非常に恥ずかしい。

自分は無能です、と宣言しているようなもの。


とにもかくにも結果がすべて。

ギラギラいこうと思います。
[PR]
by hukiagekeiri | 2014-11-24 20:06 | 仕事 | Comments(0)

粗利の率を高める

BtoB において粗利の率を高めるにはどうしたらいいんだろう?

その問いの答えを探しているところです。



1.まず第一に予算を持つ顧客と取引口座を開く。  (当たり前のことなんですが。)

2.そして結果を出し続ける。 (これも至極当然のことですよね。)

3.顧客にとってのより難しい課題を解決する。



基本的には、このような流れになろうかと思います。

要するに自分が変わらなければ粗利の率は高まらない、と考えたほうが得策で、

参入障壁やデファクトスタンダードを意図的に作ろうとするのはあまり合理的ではないように思います。

自社の競争力を高めていたら結果的に商品の希少性が高まった、という程度で良いような気がします。



今回 参考となった記事があったのでリンクしておきます。

利益率44.83%、最強のBtoB企業「ファナック」の秘密を分析する



粗利の率を高めましょう、というのはともすると露骨な表現と捉えられますが

実際にやっていることは

「顧客の深い悩みを解決する」

「仕事を確実に仕留める」

「顧客に寄り添う」


ということなので、とても真っ当なことのように思います。


逆に、低い粗利率に甘んじているうちは上記の3点から逃げていることになりますから、

厳しい言い方をすれば、知らず知らずのうちに顧客をないがしろにしている、とも言えます。



これは、 BtoC や 公共サービス や ボランティア とは別のお話です。

 いつも注記していますが、どうかご了承ください。




中小企業向けの BtoB で低価格帯のサービスや、フリーミアムによる新規開拓を行ってきた私は

2014年から顧客あたりの最低の取引契約高を設定することとしました。

商売を始めてから9年間、自社の競争力を貶める行為を続けていたことに今更ながら気づいたわけです。


泥臭い新規開拓営業と難しい仕事へのチャレンジが、中小企業の BtoB で生き残る1つの手段だ、と考えるに至っています。
[PR]
by hukiagekeiri | 2014-11-23 19:18 | 仕事 | Comments(0)

残り4稼働日

11月は残り4稼働日。


新規開拓支援において着実に成果をあげ続けているのは非常に心強いです。


これを最低ラインにしていきたい。

もっと大きな新規契約をご提供できるように向上していく必要を感じます。



この3連休を上手に活用していきたいと思います。
[PR]
by hukiagekeiri | 2014-11-22 00:28 | 仕事 | Comments(0)

あと5稼働日

11月は残り5稼働日。



成果をあげるのが当たり前、

そういう意識が大事だと思います。



難しい仕事を仕留めることができ、スタッフにもロイヤリティを支給できました。

勝つことで色んなことが上手く回っていく。 

それが実感できます。

やはり勝たなくてはいけない。

理不尽なことも苦しいことも、乗り越えた先に得るものがあれば、次から自信を持って耐え忍ぶことができます。

こうした小さな成功体験を積み重ねていけば、スタッフレベルで自発的なPDCAサイクルを回すことができる。



ウチの新規開拓スキームを更に向上させていきたい。

このまま常勝といえるところまで磨き上げていきたいと思います。
[PR]
by hukiagekeiri | 2014-11-20 22:05 | 仕事 | Comments(0)

あと6稼働日

11月はあと6稼働日。


3年3ヶ月を掛けて仕留めた新規開拓案件が出てきました。

お客様の予算内でお約束どおりに成約をご提供できそうです。



成果が出るのは当たり前。

そういった常勝チームで居続けることが重要です。



吹上経理がお客様へご提供すべきなのは新規開拓のオペレーションではなくて、

また、新規開拓のノウハウでもなくて、コンサルティングでもなくて、頑張ることでもなくて、


「狙ったターゲットとの成約を実現した確かな明日」


なんだと思います。

新規開拓支援においては、そういう水準で仕事をしていかないと明日はない。



難しい仕事に取り組み、これを仕留めて止めを刺す。

そういう意識を持ち続けなくては生き残れないと考えるようになりました。
[PR]
by hukiagekeiri | 2014-11-19 20:48 | 仕事 | Comments(0)

吹上経理支援を創業した人のブログです


by hukiagekeiri